100年カエル館コレクション

ポルトガルで作られているアズレージョのカエルは何ガエル?

Photo_20210811130701

アズレージョとは、ポルトガルの伝統工芸のタイルのこと。首都リスボンをはじめポルトガルの街を歩いていると建築物の壁面などによく見られるタイルのようです。

アラブ語でモザイク片を意味するaz-zulechaに由来するアズレージョ。国立アズレージョ博物館などの情報によりますと、元々は14世紀にイスラム教徒によってスペインに持ち込まれたものが、15世紀後半にスペインのセビリアからポルトガルに輸入されました。

さらに16世紀初頭には、ルネッサンス期にイタリアで発祥したマヨリカ焼の技術がポルトガルにもたらされたことでタイルに直接彩色できるようになり発展し、いまもポルトガルの建築や芸術に欠かせない伝統技術として受け継がれています。

初期のアズレージョにはアラブ風の幾何学的な模様が多かったのですが、17世紀以降人物や動植物、そして歴史的な物語や地域の歴史などが描かれるようになりました。青色の彩色がポピュラーですが、多彩色のアズレージョも見られます。

 

ショップなどではタイルだけでなく、このカエルのようにアズレージョタイルの陶芸技術を使ってつくられた小物も販売されています。そしてこうしたカエルの置物を見ると、ポルトガルでは作り手の方々が自然に生息するどんなカエルから着想してこの“カエル”を製作したのだろうと思いを巡らしてしまいます。

改めて地球儀を回してみると、ポルトガルはヨーロッパ大陸の最西端のイベリア半島に位置しています。何種類のカエルが分布しているかわかりませんが、形態からするとアカガエル科のカエルと類推すれば、ポルトガルにはその英名にイベリアと付くアカガエル科のなかま、Iberian Frog(イベリアアカガエル)やIberian Water Frog(ペレスワライガエル)がいて、アズレージョにふさわしい寒色系の体色からするとペレスワライガエルあたりだろうかなどと勝手に同定してみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

|

100年カエル館コレクション15 コスタリカのカエルグッズたち

_dsc5129

 11月に入り日本は日増しに寒くなってきたところで、今回は「常夏」から「常春」といえる気候の国コスタリカ共和国のカエルグッズをご覧いただきましょう。

 100年カエル館では以前発行していた「カエルタイムズ」の創刊号(2005年4月発行)で、現在もコスタリカに住む石井信也さんにコスタリカの「カエル事情」について書いていただいたことがあります。ご寄稿によれば生物多様性の国と呼ばれる同国には、140種類のカエルが生息していて、写真家でもある石井氏はヤドクガエルやアカメアマガエルなど実際に原生林で出会った色鮮やかなコスタリカのカエルたちの魅力についてその写真とともにご紹介くださいました。

 そうした色美しいカエルたちはかなり強い毒をもっていることがあるのですが、「派手な色と毒はいわば自衛手段。そっと扱ってやれば大人しい可憐なカエルたち。人間が手で触っても有害ということではなく、指に傷があるとか、カエルを触った手で目をこするなどすると炎症を起こすことがある」と極度に恐れる必要はないようです。

 コスタリカがカエルと関わりの深い国であることが、100年カエル館にも土物、木製品、文具、キーホルダー、アカメアマガエルやヤドクガエルのフィギュアなどさまざま集まっていることから推察できます(画像)。石井さんはコスタリカのカエルの文化史について「コロンブスがアメリカ大陸を発見した1492年以前にここに住んでいた先住民のインディオたちは、アニミズムを信仰しており、自然界の動物たちと共生していた。なかでもカエルは多産の神として崇められていたようで、国立博物館へ行くとカエルの金細工や土器が沢山あり、目を楽しませてくれる」と書いています。

Img_0014

 コスタリカ(Costa Rica)という国名は、スペイン語で「Rica(豊かな)Costa(海岸)」を意味し、コロンブスがこの地に上陸したときに金細工の装飾品を身に着けたインディオと遭遇したことからその名前がついたと言われます。メトロポリタン美術館(米国ニューヨーク)にもペンダントトップと考えられるカエルの金細工が数点所蔵されています。おもに11世紀から16世紀にコスタリカとその隣国パナマの国境付近にあるチリキという地域でインディオによってつくられたものと考えられます。ここに掲載した画像はそうしたコスタリカの金細工のレプリカで、コスタリカのお土産として販売されていたものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm  

 

|

100年カエル館コレクション14 葉乗りガエルと明治生まれの芸術家たち

Img2451-30

  思いがけず手にした1冊の文庫本『牛のあゆみ』があります。明治生まれで101歳まで生きた画家、奥村土牛(おくむらとぎゅ/1889-1990)が86歳のときに書いた自伝です。昨年の2019年にはその多くの作品が所蔵されている山種美術館で生誕130周年展が開催されました。

 自伝では、自らそう称するように牛のごとくゆっくりゆっくり画業を積み、老境に入って尚、初心を忘れず果敢に描き続ける姿が綴られています。その最初の章「生いたち」の扉絵は葉っぱの上に止まっている蛙のスケッチでした。

  ご覧いただいている写真は100年カエル館コレクションのひとつの葉乗りガエル。土牛画伯がスケッチに描いた葉の上の蛙は1匹ですが、絵描きになりたかったという父親の導きもあって立派な画人となった画伯を偲ぶカエルとして紹介させていただいています。

  奥村土牛は東京・京橋生まれなので、1876年に日本橋で生まれたカエルのコレクター、小澤一蛙(1876-1960)とは育った時代と地域に共通するものがあるように思えて、関東大震災で家が焼失してしまったことを含めオーバーラップして読める箇所もありました。

Img171-30

 100年カエル館が小澤一蛙のコレクション展を初めて企画したのは、2008年の「国際カエル年」のとき。井の頭自然文化園の国際カエル年イベントの一環で「時を超えてよみがえる一蛙コレクション展~発見!100年前のカエル好き~」と題して7月8日から半年間開催されました。

 開催場所は井の頭自然文化園内の彫刻館。同館は長崎の平和祈念像を制作した彫刻家、北村西望(1884-1987)の生前のアトリエに隣接して建てられた記念館です。08年にはそのイベント準備のために何度も通いましたが、館内に平和祈念像の原型となる巨大な像があることを知り驚きました。

  奥村土牛と北村西望は共に19世紀末から20世紀末の約100年を芸術に打ち込んで生きたと言えます。そして北村西望のアトリエの展示には石膏の蛙の作品「カエルと木の葉」もありました。そのカエルをイベントでは一蛙コレクションのカエルとともに展示させていただきました。小澤一蛙も趣味で彫刻を楽しんでいましたが、晩年は北村西望と同じく吉祥寺に住んでいました。2008年にはカエルを通じて地球の平和について語っていたのではないかと想像しています。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

 

 

|

100年カエル館コレクション13 カエルグッズに見るオーストラリアのカエル事情

Map_australia

  100年カエル館にやってきたオーストラリアのカエルグッズたち。手前の2匹のカエルは左がイエアメガエルで右がオオヒキガエルと思われるフィギュアです。

  アマガエル科のイエアメガエルはその名が示すようにまさに「おうちにかえる」のが好きらしく、拙著『ときめくカエル図鑑』にも紹介いたしておりますがオーストラリアの民家の水回り、トイレに住みつく場合もあるようです。さらに顔の表情もそのままキャラクターになりそうな親しみやすさがあり、現地ではペットにする人も多い人気者。

  もう一方のオオヒキガエルは、20世紀後半からオーストラリアで大繁殖し問題になっている外来種のカエルです。元々は中南米に分布していたカエルですが、農地の害虫駆除のために世界各地に導入されました。しかし結局、ジャンプ力のない本種はトウモロコシの害虫がいる高さまで届かず駆除には役に立たたない上に、その繁殖力、在来種も捕食する食欲のためにすっかり迷惑者になってしまったという経緯の持ち主です。

  その旺盛な食欲は、カエルは生きて動くものしか口にしないという“常識”さえ破り、生ゴミ置き場の野菜の残骸や犬から横取りしたドッグフードまで匂いを嗅ぎ分け食べるのだとか。その様子は、オーストラリアのマーク・ルイス監督によるドキュメント映画「CANE TOAD THE  CONQUEST(邦題「そのカエル最凶につき」)」で、人間が導入したカエルで人間が振り回されるコミカルかつシニカルな作品に観ることができます。http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/vikki/2010/11/post-057b.html

 映画では、オオヒキガエルが民家の門燈の下で光に集まってくる昆虫を食べるシーンが撮影されています。そしてオオヒキガエルは日本にも移入されていて、小笠原諸島や石垣島にも生息していますが、今年4月にイギリスの学術誌 Scientific Reportsに掲載された、東京農工大学の小峰浩隆特任教授、オーストラリアのJames Cook Universityのシュワルツコフ教授らの国際共同研究グループが行った調査結果をまとめた論文によりますと、「街灯や人家などに使われる人工的な光(人工光)は外来種のカエル(オオヒキガエル)が捕食する量を劇的に増やす」そうです。

 さらに人工光によるオオヒキガエルの捕食量の増加は、月の満ち欠けや地域ごとの明るさに影響されるようで、満月よりも新月の暗い時期、そして郊外などの比較的暗い地域の方が人工光が大きく作用し、オオヒキガエルの食欲が刺激されるのでしょうか、捕食量が増すようです。このような、光害による生態系への影響と外来種による生態系への影響の関連性への調査研究は、今、始まったばかりだそうです。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

 

|

100年カエル館コレクション12 雨期と喜雨と傘ガエル

10030

 梅雨の季節になりました。街は賑わいを取り戻しつつありますが、まだまだ感染の注意は必要とされる毎日です。

 雨期といえばカエル。カエルはしばしば傘や長ぐつ、レインコートなど、レイングッズの柄や装飾に用いられます。カエル好きにとっては、カエルのレイングッズを身に着けて外出したくなるところですが、家の中に展示して「雪見」ならぬ「雨見」しながら観賞するのもカエラーならではの味わいのある過ごし方かもしれません。

 俳句の季語に「喜雨(きう)」があり、「雨期(うき)」というよりは晩夏、日照りが続いた後の恵みの雨のことのようです。昨年の冬に豊島区立熊谷守一美術館を訪ねたときに、最上階の企画展示室でカエルの絵に出会いました。そのタイトルが「喜雨」。まさに雨が降らず時を待っていた蛙たちが天の恵みに這い出して来たようです。

Photo_20200613135201

熊谷守一(原画技法/墨絵)木版の複製画(※企画展示室のみ撮影可でした)

 もうひとつ見つけた「喜雨なカエル」は窪田英治(俳句作家)の一句。

 喜雨喜雨と 蛙は口を 受け口に

 こちらも待望の雨にカエルがうれしそうにめったに開かない口をオープンにしている姿でしょうか。「キウキウ」とウキウキしているカエルの鳴き声のようにも。

  雨期から喜雨までこれからしばらくの間は、カエルのレイングッズで雨に喜ぶカエルの気持ちを想像してみてはいかがでしょう。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html

 

|

100年カエル館コレクション11 夏が来ると思い出す蚊取線香入れのカエル

Photo_20200526092201

 夏が近づき虫よけ商品のCMも増えてきました。カエルは蚊を食べるからでしょう、「蚊取り線香入れ」にカエルの絵柄や造形のものはけっこう見られます。この陶器の蚊取り線香入れは1980年代に購入しました。骨董というには新しく、でも懐かしいカエルグッズ。

 母が会津から上京していたとき。家族みんなでカエルグッズを収集していたわが家で、母が上京するときの一番の目的は“カエル”を見つけることでした。ネット社会の今と違ってカエルグッズひとつ見つけるのにまだまだ偶然がものを云った時代。そのときは収獲がなく、有楽町西武のカフェで姉と三人でお茶していてもいまひとつ元気の出ない母。

 そこで思い出したのが下北沢の陶器店で見かけたことがあるこのカエル。カフェに母と姉を待たせて、私はシモキタに向かいました。ところがすでに売れてしまったのか、そのお店にカエルの姿はなく……。あわててお店の人に尋ねると......、ずっと売れないので店頭から下げられて棚の下で新聞に包まれていました。

 何とか“無事かえる(買える・帰る)”ことができ、カフェのテーブルの上で包みを開くと、3人はうっとり。まるで骨董でも見るように「いいカエルだねえ」と満足げに眺めた、夏が来ると思い出すカエルのひとつです。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html

|

100年カエル館コレクション10 木に登ったアカメアマガエル

Photo_20200517122201

木に登ったアカメアマガエル(樹脂製・英国産)/6600万年前地球とカエルに起こったことをイメージしているような……。

 2017年にカエ~ル大学に入会してくださった皆様をはじめ「カエル白書Vol.1」を入手された皆様に訂正のお知らせをさせていただきます。本書P.47の「カエ~ル大学が注目する自然とカエルの話題」で地球への隕石の衝突とアマガエルなど木に登ったカエルに関する記事の紹介の際に「6600万年前」を「6600年前」と表記してしまいました。下記のように訂正してお詫び申し上げます。

 「2017年にメディアを通じて報告されたカエルに関する研究結果の中には、6600万年前の白亜紀に地球に隕石がぶつかって天変地異が起こり恐竜が滅んだ後、爆発的に増えた生きものがアマガエルなど木に登って暮らすようになったカエルだったという興味深い報告(カリフォルニア大学バークリー校教授ディヴィッド・ウエイク博士による)もありました。 

 カエルの新しい世界への適応力の高さは、人間に何らかの示唆を与えてくれると感じる研究者も多いのか、メディア上で時々話題になります。」

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html

 

|

100年カエル館コレクション9 花器にはうカエル

Photo_20200321125801

 桜前線北上中ですが、いつもどおりには盛り上がれない今年のお花見シーズンです。皆さんのなかには、家の中に花を飾って明るい気分で過したいと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。そこで今回ご紹介するのはカエルの花器。

 写真は、平安時代の歌人、紀貫之の「水に住む蛙」にならうなら、金属製(主に銅や真鍮)の「花器に這う蛙」です。思い思いにお好きな花を飾った状態を想像していただければ、カエルが部屋の中に春の野山の清々しい空気も運んで来てくれそうです。

  たとえば、桜。カエルは桜をどう楽しむのでしょうか。一茶48歳のときの一句に「花びらに舌打したる蛙哉」があります。ハラハラと舞い散る桜の花びらはカエルにとっては動く生きもの、おいしいもの⁈ 人もカエルも昔から「花より団子」に目がないのでしょう。

 そして、カエル好きの方におすすめの花は、この季節に美しく開花するキンポウゲ科のラナンキュラス(※)。ラナ(rana)といえばラテン語でカエルのこと。花の姿は色の種類も豊富で牡丹のような派手やかさがありますが、名前の由来でもある葉っぱは「カエルの足」のようにキュートです。

※ラナンキュラスは元々は中近東からヨーロッパにかけて分布していた花が品種改良されて種類も豊富に広まった園芸品種。その名の由来は湿った場所に生えるからとも、葉っぱが「カエルの足」に似ているからとも言われています。

(写真)「喜多方100年カエル館コレクション展」(2011年福島県立博物館にて)展示より

|

100年カエル館コレクション8 小野道風と柳に跳びつくカエル

20_20200314155901

  カエルグッズにはひとつのカテゴリーに「小野道風と柳に跳びつく蛙」があります。ご覧いただいている100年カエル館のコレクションは、後列の「小野道風」が中野土人形(長野県中野市の郷土玩具)で画像では見えていないのですが足元に緑色のカエルがいます。その前列にいる「小野道風」は京人形。その左手の絵皿は江戸後期の伊万里焼です。手前には花札の絵柄になった「小野道風と柳に跳びつく蛙」の土鈴とポストカードを展示しました。それ以外は、花器や蚊取り線香入れなど土物の「柳に跳びつく蛙」、そして平安中期の能書家、小野道風に因んで金属製の水滴や文鎮に「柳に跳びつく蛙」が浮き彫りされたものが多く見られ、筆を持つカエルも道風をイメージさせます。

 平安時代の三蹟の一人、小野道風は愛知県春日井市に生まれたといわれ、書が上達しない焦りを感じていたある雨の日、柳に何度も跳びついてやっと跳び移ることができた蛙を見て自らの努力の足りなさを思い知ったという逸話はよく知られています。この逸話が史実かどうかはわからないようですが、広まったきっかけも時代は下って江戸中期、浄瑠璃「小野道風青柳硯」の舞台だと見られています。花札に「小野道風」が登場したのも明治以降、また、戦前の日本の国定教科書に掲載されたことなどで広く知れ渡るようになったと考えられています。

 カエルグッズにおけるいわば「小野道風と柳に跳びつく蛙」ものも、江戸時代の郷土玩具や伝統工芸などから始まったと想像できます。そして今もカエルをテーマにものづくりをしようとするとき、ひとつのテーマになっていると捉えていいのではないでしょうか。今世紀に入ってからは小野道風の出身地とされる春日井市では「春日井カエルまつり」を開催するようになり、今年で8回目。今年は4月18日(土)を予定してるそうですが、3月現在、実施できるかどうかは4月に入ってからの決定になるようです。

春日井カエルまつり

 平安時代の書家、小野道風は、カエルとともに時を経ても忘れ去られない偉人のひとりといえるでしょう。

(写真)「喜多方100年カエル館コレクション」展(2011年福島県立博物館にて)展示より

 

|

100年カエル館コレクション7 蛙の茶器でティータイム

Photo_20200307135801

 カエルをモチーフにした茶器は、日本にも京都清水焼の鳥獣戯画のカエルが描かれた湯呑みや、100年カエル館のある会津には手びねりのカエルのついた田島万古焼の湯呑や急須などがありますが、今回はカエルの造形が施された中国茶器の急須をご紹介します。

   中国茶器の茶壺(ちゃこ/急須のこと)には、写真のように蓮と蛙を組み合わせて造形したものが見られます。100年カエル館の収蔵品を見る限り、ほとんどが蓮の葉や実に蛙がのっている意匠ですが、その表現のしかたにバリエーションがありとても見応えがあります。

 また、中国の茶道具には茶玩(ちゃがん)と呼ばれるマスコットのような置物があります。これは茶壺と同じように紫砂(しさ)という原料でつくられるものが多く、お茶をかけるとその成分で深みのある色合いになるそうです。この茶玩にもカエルがあり、特に縁起物として知られる金貨をくわえた三足のカエルを茶盤(お盆)の上に茶壺や茶杯と一緒に置いて楽しむ人も多いようです。

|