100年カエル館コレクション

100年カエル館コレクション9 花器にはうカエル

Photo_20200321125801

 桜前線北上中ですが、いつもどおりには盛り上がれない今年のお花見シーズンです。皆さんのなかには、家の中に花を飾って明るい気分で過したいと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。そこで今回ご紹介するのはカエルの花器。

 写真は、平安時代の歌人、紀貫之の「水に住む蛙」にならうなら、金属製(主に銅や真鍮)の「花器に這う蛙」です。思い思いにお好きな花を飾った状態を想像していただければ、カエルが部屋の中に春の野山の清々しい空気も運んで来てくれそうです。

  たとえば、桜。カエルは桜をどう楽しむのでしょうか。一茶48歳のときの一句に「花びらに舌打したる蛙哉」があります。ハラハラと舞い散る桜の花びらはカエルにとっては動く生きもの、おいしいもの⁈ 人もカエルも昔から「花より団子」に目がないのでしょう。

 そして、カエル好きの方におすすめの花は、この季節に美しく開花するキンポウゲ科のラナンキュラス(※)。ラナ(rana)といえばラテン語でカエルのこと。花の姿は色の種類も豊富で牡丹のような派手やかさがありますが、名前の由来でもある葉っぱは「カエルの足」のようにキュートです。

※ラナンキュラスは元々は中近東からヨーロッパにかけて分布していた花が品種改良されて種類もsi豊富に広まった園芸品種。その名の由来は湿った場所に生えるからとも、葉っぱが「カエルの足」に似ているからとも言われています。

(写真)「喜多方100年カエル館コレクション展」(2011年福島県立博物館にて)展示より

|

100年カエル館コレクション8 小野道風と柳に跳びつくカエル

20_20200314155901

  カエルグッズにはひとつのカテゴリーに「小野道風と柳に跳びつく蛙」があります。ご覧いただいている100年カエル館のコレクションは、後列の「小野道風」が中野土人形(長野県中野市の郷土玩具)で画像では見えていないのですが足元に緑色のカエルがいます。その前列にいる「小野道風」は京人形。その左手の絵皿は江戸後期の伊万里焼です。手前には花札の絵柄になった「小野道風と柳に跳びつく蛙」の土鈴とポストカードを展示しました。それ以外は、花器や蚊取り線香入れなど土物の「柳に跳びつく蛙」、そして平安中期の能書家、小野道風に因んで金属製の水滴や文鎮に「柳に跳びつく蛙」が浮き彫りされたものが多く見られ、筆を持つカエルも道風をイメージさせます。

 平安時代の三蹟の一人、小野道風は愛知県春日井市に生まれたといわれ、書が上達しない焦りを感じていたある雨の日、柳に何度も跳びついてやっと跳び移ることができた蛙を見て自らの努力の足りなさを思い知ったという逸話はよく知られています。この逸話が史実かどうかはわからないようですが、広まったきっかけも時代は下って江戸中期、浄瑠璃「小野道風青柳硯」の舞台だと見られています。花札に「小野道風」が登場したのも明治以降、また、戦前の日本の国定教科書に掲載されたことなどで広く知れ渡るようになったと考えられています。

 カエルグッズにおけるいわば「小野道風と柳に跳びつく蛙」ものも、江戸時代の郷土玩具や伝統工芸などから始まったと想像できます。そして今もカエルをテーマにものづくりをしようとするとき、ひとつのテーマになっていると捉えていいのではないでしょうか。今世紀に入ってからは小野道風の出身地とされる春日井市では「春日井カエルまつり」を開催するようになり、今年で8回目。今年は4月18日(土)を予定してるそうですが、3月現在、実施できるかどうかは4月に入ってからの決定になるようです。

春日井カエルまつり

 平安時代の書家、小野道風は、カエルとともに時を経ても忘れ去られない偉人のひとりといえるでしょう。

(写真)「喜多方100年カエル館コレクション」展(2011年福島県立博物館にて)展示より

 

|

100年カエル館コレクション7 蛙の茶器でティータイム

Photo_20200307135801

 カエルをモチーフにした茶器は、日本にも京都清水焼の鳥獣戯画のカエルが描かれた湯呑みや、100年カエル館のある会津には手びねりのカエルのついた田島万古焼の湯呑や急須などがありますが、今回はカエルの造形が施された中国茶器の急須をご紹介します。

   中国茶器の茶壺(ちゃこ/急須のこと)には、写真のように蓮と蛙を組み合わせて造形したものが見られます。100年カエル館の収蔵品を見る限り、ほとんどが蓮の葉や実に蛙がのっている意匠ですが、その表現のしかたにバリエーションがありとても見応えがあります。

 また、中国の茶道具には茶玩(ちゃがん)と呼ばれるマスコットのような置物があります。これは茶壺と同じように紫砂(しさ)という原料でつくられるものが多く、お茶をかけるとその成分で深みのある色合いになるそうです。この茶玩にもカエルがあり、特に縁起物として知られる金貨をくわえた三足のカエルを茶盤(お盆)の上に茶壺や茶杯と一緒に置いて楽しむ人も多いようです。

|

100年カエル館コレクション6 信楽焼のカエル

20_20200301090501

NHKの連続テレビ小説「スカーレット」の舞台になっている滋賀県・信楽(しがらき)は信楽焼で知られます。写真は2011年に福島県立博物館で開催した「喜多方『100年カエル館』コレクション」展のときの信楽焼のカエルの展示です。

主に両親が買い集めたもので、実家は祖父の代から土木業を営んでいたので父も文字通り土と木で造られたカエル、しかも大きめのものにこだわりがあったようです。茶色の「親子ガエル」と緑色の擬人化したカエルは、今では「昔ながらのカエル」と呼ばれていて一時期とてもよく造られていたようです。

2019_20200301095001

そして、2枚目の画像は昨年(2019年)の松本かえるまつりに出店されていた信楽焼の窯元「シクヤ製陶所」さんのブースです。「昔ながらのカエル」の面影を残しながら新しいタイプの信楽焼のカエルが生れています。ヤドクガエルやベルツノガエルなど外国産のカエルの信楽焼も造られています。

「スカーレット」がきっかけで信楽にも人気が集まっています。ショップや飲食店、宿泊施設などで見て使って楽しめるのは信楽焼の食器類で、町のいたるところに縁起物の、カエルファンには残念ながらカエルではなくタヌキが迎えてくれる焼物の里、しがらき。私たちもカエルのコレクションを通じて長いお付き合いをしている信楽焼ですが、展示のための移動の際にも絶対壊れることがないと思えるそのたくましさも魅力のひとつではないかと思っています。

 

 

|

100年カエル館コレクション5 カエルの味覚とカエルの歯磨きグッズ

30_20200221082301

 日本両生類研究会で創設当初から活動されている熊倉雅彦さんは、日本歯科大学新潟生命歯学部で教鞭を執られています。その研究は両生類の口腔内や味覚器官にも向けられています。同会の機関誌「両生類誌」でもカエルの口の中の画像を紹介されることがあるのですが、私のようにカエルと人間の関係の距離感をとても近く見てしまう者の目には、カエルが歯医者さんの椅子の上で大きな口を開けて診察されているような想像をふくらませてしまいます。

 そしてカエルは動くもので口の中に入るものなら味の好みにかかわらず何でも食べてしまうイメージがあります。が、熊倉さんの研究によりますと、甘味、苦味、酸味、塩味、うま味の5基本味のうち、両生類は「苦味や酸味の感受性が高く、次いで塩味やうま味が続くが、甘味に対しては、比較的、感受性が低い」(日本両生類研究会20周年記念誌『両生類に魅せられて』より)そうです。体への危険性が高い味に対して最も敏感に反応している可能性があるということで、好き嫌いを示しているわけではないようですが、ここではそんなカエルたちの口腔衛生にも思いを馳せて、カエルモチーフの歯磨きグッズを含め私たちの洗面室を楽しくしてくれるカエルグッズをご覧いただいています。 

(写真)「喜多方100年カエル館コレクション」展(2011年福島県立博物館にて)展示より

|

100年カエル館コレクション4 カエルの歌が聞こえそうな

07_20_k__091-10

今年1月から公開されている岩井俊二監督映画『ラストレター』。映画にも出演している森七菜さんが唄うその主題歌「カエルノウタ」は、透明感と浮遊感のある不思議な曲です。

カエルグッズを集めていて「カエルの歌」というと、カエルが大きな口を開いて歌をうたっているような陶器のカエルたちが思い浮かびます。灰皿が多いのですが、昨今のたばこをめぐる環境の変化のせいかカエルグッズのなかでも少なくなったアイテムといえるかもしれません。田んぼや川べなどに棲むカエルはこんなふうに口を開けて鳴くことはありませんが、いくつか集めるとカエルの合唱団のようで楽しくなります。

| | コメント (0)

100年カエル館コレクション3 2020年オリンピックイヤーに活躍するカエルたち

07_20_k__04310

20~30年前ぐらいになるでしょうか、雑貨店などで写真のような陶製のカエルたちと出会うことがありました。スポーツ選手やさまざまな職業をカエルで表現するという、擬人化しやすいカエルの特性をみごとに活かしたカエルグッズです。それぞれがとても楽しそうにその役割を演じていて、まさにカエルの縁起物ならぬ「演技者」といえるでしょう。2020年もひと月が経ち、もうすぐ始まる東京オリンピック。スポーツ選手のカエルたちに皆さんが応援している選手の姿を重ねてご覧いただければうれしいです。

 

 

 

|

100年カエル館コレクション2 カエルグッズでリープフロッグについて考える

07_20_k__112

100年カエル館ではキャラクターのカエルから骨董のカエルまでさまざまなカエルグッズをご覧いただいていますが、プラスチックやゴム、その他樹脂製のもので、自然に棲息しているカエルに近い造形のカエルグッズを展示するコーナーも設けています。そうしたネイチャー系のカエルグッズを通して日本のカエルや世界のカエル、自然におけるカエルの生態や行動の一端を楽しんでいただいています。

カエルは後ろあしが長く、英語ではFrogに括られるなかまたちはいざというときに跳びます。画像はゴムでできたジャンプする様子のカエルですが、実際、カエルが跳ぶとき前あしは前方に突きださないのでこれはまさにカエル的にはフライングしたカエルです。ただしこのカエルの4本のあしそれぞれに水かきがついていれば、ちょうどこのような姿で宙を飛ぶトビガエル(Flying Frog)が東南アジアの島などにいます。

カエルは「社会・経済」の領域において、「茹で蛙」状態になっては気づいたときには手遅れになって社会が衰退したり、「カエルを食べてしまえ」ば仕事がスムーズに行くなど、なぜか人間に警鐘や示唆を与えることがありました。最近の経済新聞などでしばしば見かけるのは「Leap Frog(=跳びガエル)」です。段階を踏まずに一足飛びに発展する状況を捉えたこの言葉は、まさにトビガエルが密林で天敵の鳥などに狙われたときに本来水中で使用するはずの水かきをパラシュートに変える進化を遂げた、先駆者の姿に重なるような気がしました。

 

|

100年カエル館コレクション1 土鈴のカエル

Photo_20200121124301

「100年カエル館コレクション」では、100年カエル館に集まっているいろいろなカエルたちを紹介いたします。今回ご覧いただいているのは土鈴(どれい)のカエル。土鈴とは中に丸玉を入れて焼成した土製の鈴のことです。元々は魔除けに使われていたといわれます。写真後列左の赤い紐が垂れ下がった土鈴は、毎年7月7日に「蛙飛び行事」が行われる奈良県吉野の金峯山寺蔵王堂のカエルの土鈴です。山岳信仰の場として知られる吉野山では修験者が危険な山路をひたすら歩いて修業するとき土鈴が魔除け、動物除けになったのでしょうか。それがカエルの形であれば「無事かえる」の願いも込められていたのでは、と。江戸時代には郷土玩具として各地で作られるようになった土鈴。色や形もさまざまで楽しいカエルの土鈴ですが、産地ごとに使用される土によって音色が違うのも魅力です。それは日本に分布する同じ種のカエルにも鳴き声に地域差があることと一脈通じるところがあるようです。

 

 

 

|