絵本・童話

Xmas特集『サンタさんだよ かえるくん』で寒い冬に春を想う

Blog

夜空をトナカイのそりに乗って、世界中の子どもたちにプレゼントを届けようと大忙しのサンタさん。子どもたちの家を探すためにそりから身を乗り出しすぎて雪降る森の中に落ちてしまいます。

びしょぬれのサンタさんは木の根もとにある小さな家を見つけます。金属のドアノッカーが付いていて、そばにメールボックスのあるかわいらしいお家。そこには7匹のかえるたちが住んでいて、冬眠の季節、木のベッドに並んで眠っていました。

どんな夢を見ているのでしょう。壁に掛けられた絵には、春に「うさぎのようふくやさん」にすてきな洋服を作ってもらった思い出が描かれています。この絵本の作者塩田守男さん(絵)とさくらともこさん(文)には、子どもたちにカエルたちの楽しい姿を通じて四季を伝える「かえるくんシリーズ」があり、壁の絵はその一冊『おしゃれなおたまじゃくし』にあるワンシーン。

そう、7匹のかえるたちは春に生まれ、おたまじゃくしからカエルに成長していくなかでその成長に合わせた洋服をうさぎのおじさんに作ってもらった楽しい思い出を夢に見ているのかもしれません。

サンタさんがかえるくんたちの家の暖炉で火を燃やして服を乾かしながら居眠りをしていると、暖かくなって春が来たと思ったかえるくんたちが起きてきます。こうしてサンタクロースとカエルが出会うファンタジーが生れました。

かえるくんたちはサンタさんのやぶれた袋を直してあげようとうさぎのおじさんの家まで一緒に向かいます。うさぎのおじさんは冬眠しているはずのかえるくんたちとサンタさんの出現にびっくりしますが、喜んで袋の破れたところに星型の布を縫い付けてくれました。おじさんの家の壁にはかえるくんたちのおたまじゃくしの頃の絵が飾られています。

『おしゃれなおたまじゃくし』のスピンオフといえる絵本。寒い冬も春を夢見ればハートウォームになれるXmasプレゼントのような作品です。

『サンタさんだよ かえるくん』

さくらともこ 文/塩田守男 絵/PHP研究所 発行 ※現在電子版のみ販売中

|

Xmas特集 かえるくんとがまくんのクリスマス・イブ

30

 かえるくんとがまくんが登場するアーノルド・ローベル作の絵本シリーズの一冊『ふたりは いつも』の中に収められているお話に「クリスマス・イブ」があります。

 クリスマス・イブの夜にがまくんはクリスマスツリーを飾り、美味しい料理をつくって大の仲良しのかえるくんを待っています。でも約束の時間になってもなかなかやって来ないかえるくん。がまくんはかえるくんの身に起こっているかもしれないいろいろな怖い妄想を膨らませます。そして、あれこれ想像したかえるくんの災難からかえるくんを救うべく対策を整えて寒い夜の野外へ……。そこにいたのは、かえるくん。かえるくんは……。

  ちょっとした心配ごとを大げさに考えてしまうのはがまくんの持ち味ですが、クリスマス・イブの夜、大切な人を待つ自分に置き換えて読むとがまくんの気持ちが痛いほどよくわかるお話です。短いお話ですので、クリスマス・イブの日に家族で読んでみるのはいかがでしょう。

|

アボリジニの人々に伝わるカエルのお話「ティダリック」

Img235jpg-10

先月、テレビ番組「世界ふしぎ発見」(2019年5月18日放送)を見ていてカエルを〝発見〟しました。「ウルル・エアーズロック 太古の暗号が語る聖地の秘密」というテーマで、オーストラリアのアボリジニの人々の現在の暮らしの様子が紹介されていました。同番組では以前もアボリジニについて取材し、そのときアボリジニの人々が乾燥した土地での暮らしの中で水分を補給するために用いる動物としてミズタメガエルに注目していました。このカエルはそのきびしい生活環境の中で、体の中に水を貯め込むことができ、さらに人々はこのカエルから水分を摂取するのだそうです。

ミズタメガエルのことを知って思い出したのが、アボリジニに伝わる「ティダリック」というカエルのお話。ここに紹介した絵本は、絵本作家加藤チャコさんによる再話『おおきなカエル ティダリックーオーストラリア アボリジニ・ガナイ族のお話』(福音館書店「こどものとも」)です。表紙の絵には土鈴のカエルのようにお腹を膨らましたカエル、ティダリックが描かれています。お話によるとティダリックは昔々、大地の水という水を飲みほしてこんなお腹になったようです。さあて、困ったのは他の動物だち。一滴たりとも水が飲めなくなってのどがカラカラ。

何とかティダリックから水を取り戻すためにティダリックを笑わせる作戦を考えます。ところが、それが難しく・・・・・・。でも、何かを奪還する作戦に笑いを活用するというところにアボリジニの人々のユーモアを感じました。そして「世界ふしぎ発見」でミズタメガエルの存在を知り、このカエルがティダリックのモデルだったのかと納得。アボリジニの人々がミズタメガエルから水分を摂りながらこの物語を考えたのかもしれないと想像するととても愉快になりました。

_dsc5015

※オーストラリアではティダリックグッズ(写真右奥)も販売されていて広く知られた物語であることがわかります。(100年カエル館コレクションより)

 

 

 

| | コメント (0)

カエルとヘビとキジが出て来る絵本『かえるをのんだととさん』

Img198jpg

前回のブログでは、100年カエル館の庭の様子についても少しお伝えしましたが、時折、雉のツガイも姿を見せます。そして、庭の手入れで今最も力を入れていることは、樹々にヘビのように巻き付いた野生の藤蔓をはずしてやること。庭仕事をしながら、「カエルとヘビとキジ」でも三すくみになることがあるのだろうか、などと考えていたら、絵本『かえるをのんだととさん』(日野十成 再話 斎藤隆夫 絵 福音館書店こどものとも574号2004年刊行)を思い出しました。

腹痛を起こした「ととさん」が「かかさん」から「おしょうさま」に相談するようにいわれて、次から次へとのみこむことになってしまった生きものの、最初が「かえる」で、次が「へび」、その次が「きじ」。それに止まらない。表紙の絵からも想像していただけるように、ととさんはおしょうさんにいわれるまま、とんでもないものまでのむはめに……。ページを繰るごとに現れる辛そうなととさんと、まったく動じないかかさん、そして、鷹揚でトンチの効いたおしょうさまの3人で展開するコントのように楽しめる絵本。新潟県の昔話「まわりもちの運命」の再話だそうです。同じ作者コンビによる絵本に『かえるの平家ものがたり』(福音館書店2002年刊行)があります。

今年のカエ~ル大学第2回講座(7月13日、足立善立寺にて)でも「絵本の中のカエルたち」を「Part2 民俗を反映したカエルの絵本を中心に」という内容で、昨年の「自然を反映したカエルの絵本を中心に」の内容と別の角度からカエルの絵本を紹介したいと思っています。

 

 

  

 

|

「がまくんとかえるくん」の“一人バイリン唱”のすすめ

100_2467

 長いこと企業のPR誌の編集、最近ではウェブの中身の制作の仕事をさせていただいているが、企業の担当者の方からカエルについて聞かれることがある。

 「カエルが失くしたボタンを見つけに行く童話って知ってる?」とM氏。すぐに思い浮かばなかったのだが、「あっそうか、そんなことをするのは『がまくんとかえるくん』に違いない」と気づいた。

 M氏の中学生の息子さんが英語スピーチコンテストで朗読することになったのがそのストーリー。息子さんは通っている中学校の一年生の代表3人に選ばれた。他の2人は女子生徒で幼い頃からバイリンガルの環境で育っていて、日本語環境で育った息子さんはお父さんによれば「声が大きいことが評価された」という。

 息子さんが『がまくんとかえるくん』を奨られた理由は、そのお話がシンプルで情感を込めやすいからだそうだ。

 本当にその通りで、その後私がハマってしまったのが『がまくんとかえるくん』の、名づけて“一人バイリン唱”(「カエルの歌」の輪唱は2人でやりますが・・・)。『がまくんとかえるくん』の日本語版と英語版を用意し、同じお話を文章の切れ目ごとに日本語と英語で朗読する。この童話は、確かにシンプルで、似たようなフレーズが少しずつ変化していってお話が進む。その流れのなかで、寂しかったり、悲しかったりしたがまくんとかえるくんの気持ちが、うれしくなったり、ほのぼのとしたり、というふうに変わっていく。改めて「アーノルド・ローベル、いい童話をつくってくれたなあ」と感謝したくなった。

 そして童話というものが声を出して読むことで、さらにその味わいが伝わることも改めて知った。100年カエル館には寄贈していただいた本も含めてカエルをテーマにした絵本や童話も所蔵しているので、カエルになりきって朗読を楽しみたい。

 大人の皆さんも『がまくんとかえるくん』の“一人バイリン唱”をやってみてはいかがでしょう。まず日本語で情感を込めて読んだ文章を同じ情感のまま英語で繰り返す。マネゴトではない自分の思いのこもった英語が身につきそうな気がします。

| | コメント (0)

「かえるくんとがまくん」の作者の未発表作を発見

New_100804_01

「がまくんとかえるくん」シリーズで知られるアメリカの童話作家、アーノルド・ローベル(1933~1987)の未発表作品が発見され、その翻訳本が出版された。

 そのタイトル「カエルも ヒキガエルも うたえる」からも想像されるように、「がまくんとかえるくん」の原点と考えられる作品だ。ローベルはこの作品を友人のためにモノクロの線画で描き、文章をつけている。そして発見された線画に彩色を施したのは、娘で舞台美術家のエイドリアン・ローベル。

 子どもの頃、絵を描くときに「はみでてもいいんだよ」とアドバイスしてくれた父の言葉を思い出しながら作業を進めたという彩色は、夢見るようなやさしい色合いに仕上がっている。翻訳は、詩人・エッセイスト・ラジオのパーソナリティとして日本語で創作活動をするアーサー・ビナードが担当。

 話は変わるが、長らくお待たせしているカエルタイムズ12号は、明日(8月9日)発行になります。今号の特集では、アーサー・ビナードさんによる“カエルと文学の関係の日米比較”を展開している。アーサーさんはそこでカエルが描かれている文学作品や物語の魅力のひとつに、どんな奇想天外なストーリーに思えてもその土台に自然観察が息づいていることを挙げている。

 ローベルの作品の翻訳に当たっても、自然界にいるカエルに思いを馳せて日本語にしたそうだ。

 『カエルも ヒキガエルも うたえる』もカエルタイムズ12号も、ぜひ読んでみてください。

| | コメント (0)