自然・生物

■絶滅からよみがえるエクアドルのカエル

Amaru_foto_articulo_pareja_a_nanay_

(写真:Ernesto Arbelaez Ortiz 協力:Amphibian Ark)

100年カエル館で所蔵しているカエルの置物でいえば、那智黒石のカエルのような写真のカエルは、南米エクアドルで1989年から見られなくなり、2002年には公式に絶滅したと宣言されたことのあるカエル、学名Atelopus nanay です。ところが、2013年に2つの小さな個体群が再発見されました。エクアドルにあるビオパーク・アマル動物園内の両生類保全センターでは、その後この種のための捕獲繁殖プログラムが立ち上げられています。

Webカエ~ル大学内のWebカエルタイムズでは、Amphibian Arkのご協力のもと季刊で更新されているAArk Newsletterの一部の日本語版を紹介しています。最新号では、このエクアドルのカエルの捕獲繁殖プログラムのように、緊急の捕獲救済が必要とされる両生類種についてAArk 両生類種分類担当官のケビン・ジョンソン氏による報告を掲載しています。

英語版はAArk Newsletter NO.36 September 2016 P5

http://www.amphibianark.org/news/aark-newsletter/

日本語版は  Webカエ~ル大学 http://kaeru-kan.com/kayale-u の校舎からご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<100年カエル館情報>

2016年の営業は終了いたしました。ご来館ありがとうございました。

場所 : 100年カエル館

      〒966-0096福島県喜多方市字押切南2-6

      (旧桐工芸館裏、自動車用品ショップコクピット121隣)

開館時間 : 午後1時~午後4時30分

入館料  : 大人 500円 小中高生 100円

お問い合わせ 03-3981-6985(ケーアンドケー内)

100年カエル館コレクション展 「かえる曼陀羅」  ~100年カエル館から河竹登志夫さんへのオマージュ~ は11月10日で終了いたしました。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※新刊『ときめくカエル図鑑』(山と渓谷社刊 文・高山ビッキ 写真・松橋利光)販売中です。どうぞよろしくお願いします。

Photo

-----------------------------------------------

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

※Webミュージアムでは2011年に福島県立博物館で開催した「喜多方『100年カエル館』コレクション展」を画像でご覧いただいております。

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru ※エッ

セイで時代をふりかえるサイトです。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html 

※『かえるる カエルLOVE111』(山と渓谷社)全国の書店等で販売中です。

 

Cover_obiariweb

 

|

■2015年のアカガエル産卵前線北上中です。

PhotoPhoto_2

自然と人とのより良い関係を模索して活動している「カエル探偵団」(慶應大学生物学教室 福山欣司氏主宰)では、毎年、皆さんから寄せられる情報をもとに「日本全国アカガエル産卵前線をWeb上で公開しています。http://user.keio.ac.jp/~frog/frogs/temp/2015text.html  3月9日には青森県東津軽郡でヤマアカガエルの産卵が見られた報告があります。因みにここに掲載した写真は相模原市立博物館の秋山幸也さんが4月10日に津軽地方で撮影したヤマアカガエルです。Webカエ~ル大学のWebカエルタイムズでは、秋山さんに「カエルのまわり」を不定期で連載していただいています。最新号ではこのヤマアカガエルの産卵をめぐってその周辺の状況をレポートしてくださっています。

http://kaeru-kan.com/kayale-u/campus/kayaletimes/editorial/editorial.php

写真1 メスを待ち構えるヤマアカガエルのオス

写真2 ヤマアカガエルの水たまり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※新刊『ときめくカエル図鑑』(山と渓谷社刊 文・高山ビッキ 写真・松橋利光)販売中です。どうぞよろしくお願いします。

Photo

-----------------------------------------------

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

※Webミュージアムでは2011年に福島県立博物館で開催した「喜多方『100年カエル館』コレクション展」を画像でご覧いただいております。

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru ※エッセイで時代をふりかえるサイトです。

「キモノ・二・キガエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kimonokigaeru  ※ゆかたやキモノ着用で優待割引のある施設をご紹介するサイトです。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html 

※『かえるる カエルLOVE111』(山と渓谷社)全国の書店等で販売中です。

 

Cover_obiariweb


|

収穫の秋、カエルとミツバチについて考えました。

Photo

今年の自然界における大きな話題のひとつに、世界各地で大量のミツバチがこつぜんと消える現象が挙げられます。働きバチが幼虫や女王バチを残したまま巣に戻らなくなる現象で、「蜂群崩壊症候群」と呼ばれています。原因はよくわかっていないようですが、ハチが田んぼで水を飲んだ後に多くみられることで、さまざまな説があるなかでも農薬説が有力視されています。

 ここ10年ほどは世界的にカエルの数が減っていることが、カエル好きならずとも気になる現象として注目されてきましたが、地球環境の変化はカエルだけでなくさまざまな生きものたちに影響を及ぼしているようです。

 そんなことを考えると、最近見つけたカエルグッズ(写真)のように、生態系まで反映しているような造形に思わず反応してしまいます。

 さて、明日(9月21日)は収穫の秋のひとときをカエ~ル“プチ”大学祭へ、ご来場お待ちいたしております。

◎カエ~ル“プチ”大学祭

時間 : 午後2時~

【出し物】

●カエルグッズの販売

●カエルトーク 午後2時~3時(無料)

「カエルグッズで学ぶ日本の美術」 高山ビッキ

カエルグッズを通して見えてくる日本美術の話や著書『かえるる』と『ときめくカエル図鑑』を執筆して改めて気づいたカエルの魅力などについてお話させていただきますので、その後皆さまとカエルについていろいろと語り合える場になればと考えております。

●一柳亭 第19回善立寺寄席(有料)

善立寺は初代紙切り正楽の菩提の寺です。現住職の新倉典生氏は年2回の「善立寺寄席」を開催しています。

時間 : 午後6時~

木戸銭 2000円

定員 100名

出演 

開口一番 柳家さん坊

落語 古今亭駒次

紙切り 林家正楽

  仲入り

落語 柳家我太楼

お楽しみ 柳家喬太郎

<場所> 足立善立寺

〒123-0851東京都足立区梅田1-26-10

<お問い合わせ>

善立寺寄席/TEL03(3886)1367 http://www.zenryuji.or.jp

カエ~ル大学祭/TEL03(3981)1367 http://kaeru-kan.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※新刊『ときめくカエル図鑑』(山と渓谷社刊 文・高山ビッキ 写真・松橋利光)販売中です。どうぞよろしくお願いします。

Photo

カエル書籍フェア「蛙 ~書籍で見る“カエル曼荼羅”~」×カエルグッズフェア「カエルグッズで大人のままごと遊び ~カエルさんのフレッシュサラダ~」

http://tsite.jp/daikanyama/event/002037.html

-----------------------------------------------

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru ※エッセイで時代をふりかえるサイトです。

「キモノ・二・キガエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kimonokigaeru  ※ゆかたやキモノ着用で優待割引のある施設をご紹介するサイトです。 

※『かえるる カエルLOVE111』(山と渓谷社)全国の書店等で販売中です。

Cover_obiariweb

|

「空からオタマジャクシが降って来た」現象2011

Otama

2009年に新聞・テレビなどのメディアでも騒がれた「空からオタマジャクシが降ってくる」事件。振り返れば、同年6月に石川県七尾市で約100匹が発見されたのを発端に、同秋までに北海道から鹿児島までの20道県27市町で確認されたという。

そして今年、2011年6月。スポーツ報知によれば、8日朝、石川県加賀市の南河武志さん宅の玄関前で約20匹のオタマジャクシが死んでいるのが発見されたという。玄関ポーチ屋根にも数匹見つかったそうだ。南河さんの話によると、自宅から約100メートルのところにある営巣地に向けて飛来するシラサギを日頃から目撃することが多く、「ひなに餌としてもっていく途中に口からこぼれたのでは」と語っていると報道されている。

2009年の「空オタマ」現象については、カエルタイムズでも着目し、元平塚市博物館館長で、現在、神奈川大学教授の浜口哲一氏にご寄稿いただいた。カエルが好きで、古くからのバードウォッチャーでもあるという浜口氏は、カエルや鳥に関する日頃の観察やデータ分析から「成体に比べれば少ないものの、意外に多くの鳥がオタマジャクシも利用している」と説明。「オタマジャクシを喉にためて巣に運んでいく途中の親鳥が、何かに驚いて吐き出した可能性が高い」と述べている。

また、澁澤龍彦(1928-1987)の『東西不思議物語』には似た現象についてこんなことが書かれていたので紹介したい。「空から異物が降ってくるという現象は、よくあることらしく、庄司浅水の『奇談千夜一夜』によれば、1924年3月、オーストラリアのクインズランド州のロングリーチ市では、雨に混じって3センチから7センチくらいの生きた魚とカエルが降ってきて、付近の住民は大騒ぎをしたという。種を明かせば、これは沼や池の水が、旋風や竜巻で空中に巻きあげられ、その中の魚やカエルが雨と一緒に降ってきたので、べつに不思議でも何でもないのだ。」

日本の「空オタマ」事件でも竜巻説が挙げられていたが、日頃、自然観察をしていればあたりまえにあることなのかもしれない。浜口氏も「ふだんからどんな鳥が何をしていたかという行動記録を積み重ねていくことが大事だと改めて感じた」と締めくくっていた。

100年カエル館・カエ~ル大学はこちらからhttp://kaeru-kan.com/kayale-u/

-----------------------------------------------

<関連サイト>

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru  ※エッセイで時代をふりかえるサイトです。

「キモノ・二・キガエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kimonokigaeru  ※ゆかたやキモノ着用で優待割引のある施設をご紹介するサイトです。

|

ナガレタゴガエルの繁殖に成功

  5月24日付けの同ブログでは、越前松島水族館の「かめ・かえる館」で展示されている福井県在来13種の蛙を紹介したが、同館ではまた全国の水族館で初めてナガレタゴガエルの人工繁殖に成功し、一般公開している。

 ナガレタゴガエルは、北関東から中国地方の山間部に生息する蛙で、成体の体長は4~6cm、繁殖期になるとたるむ皮ふや後ろ足の発達した水かきが特徴である。たぶん多くの人にとってあまり馴染みのない蛙だと思うが、それもそのはず1990年に命名されたばかりで、詳しい生息状況はまだ解明されていないそうだ。

 飼育員の百崎孝男さんによると、ナガレタゴガエルは昨年(2010年)の10月に福井県勝山市の滝波川の支流で親個体4ペア(8個体)を採集。ナガレタゴガエルは生息地の確認がむずかしく、今回の採集も3年がかりで実現した。福井県でも2年前に発見されていながらその分布域はまだはっきりしていなかった。詳しい人の話では、採集にはピンポイントとなる場所と時期があるらしく、結果的に発見の初記録のある場所で、水温が10℃を切った時期に採集できたそうだ。

Dsc08106_2

その後、45cm水槽で飼育開始。小石を水槽に設置。給水に落差をつけて水を落とし、水温を下げることで可能な限り「渓流」を再現。温度は最低3度まで下げ、「雪渓」を意識した環境づくりを行った。次第に皮ふがたるみ始め、お腹に卵が透けて見え始めた。

Photo_4

3月31日に産卵。卵は12℃で様子を見、孵化後にオタマジャクシを3つの温度に分けて飼育する。

Photo_5

Dsc08309_2

水温は24℃は早々(5/12)に上陸し、5月28日現在、水温12℃のオタマジャクシはそろそろ前肢が生えそうなので上陸間近。

P1060197_2

上陸した亜成体(5個体)は親個体(3個体)と隔離して同じ60cm水槽内にて展示中。上陸直後は9mmほどの小さな蛙で、2~3日はトビムシサイズしか食べられなかった。さらに2~3日で小さなコオロギを食べられるようになる。

越前松島水族館では、2008年に行われた「国際カエル年」をきっかけに福井県の在来種をすべて集めることにした。その次のステップとしてトライした今回の人工繁殖。実現のためには、捕獲から繁殖まで温度など渓流という生息環境に起因する課題をクリアしていくことが最もむずかしかったという。

今回の成功をきっかけに百崎さんは「ナガレタゴガエル同様むずかしいと言われるカジカガエルやタゴガエルの人工繁殖にも挑戦したい」と語った。

 100年カエル館・カエ~ル大学はこちらからhttp://kaeru-kan.com/kayale-u/

| | コメント (0) | トラックバック (0)