旅行・地域

■滋賀県にカエル旅

今年2016年の春に〝滋賀県にカエル旅〟に出かけました。滋賀県とカエルといえば、カエルグッズを集めていると信楽町でつくられる信楽焼のカエルに親しみがありますが、今回は一度行ってみたかった竹生島中心に近江を旅しました。

竹生島や近江に惹かれた理由は、随筆家の故白洲正子さんの『近江山河抄』を読み、かの地の風景に秘められた古(いにしえ)より日本に暮らす人々の心にふれたかったこと。また、昨年、東京・下谷の寺町を取材する機会があり、江戸時代は寛永寺の寺領だった上野公園の不忍池、その中に造営された中島は、琵琶湖の中の竹生島に見立ててつくられたことを知り、その元祖として詣でたくなったからでした。そこを中心に巡る近江の地で、カエルに関わるものに出会えればいいなと・・・・・・。

果たして竹生島には龍神を祀り「阿吽(あうん)の龍」を据えた「白巳社(はくみしゃ)」があり、その前に信楽焼のカエルと赤茶色のパワーストーンがありました(画像)。

Photo

ここの龍神様は「白巳大神(はくみおおかみ)」と呼ばれているので、その前にカエルがいるということは生贄的意味があるのだろうかと思って、竹生島神社に尋ねたところ、参拝者が増えるようにと3年ほど前から置くようになったとのこと。島内にはほかにもいくつか馴染みのある信楽焼のカエルが見られました。

カエルが信仰の対象になっているのは、木之本町にある木之本地蔵浄信寺の「身代わり片目蛙」(画像)。昔々、この辺りを通りかかった旅人が目を患ったところ、お地蔵様の願いで寺の池の蛙が自分の片目をその旅人に与え救ったという話に由来しています。日本三大地蔵のひとつとされる6メートルはあるお地蔵様の足元には今もたくさんの「片目蛙」が集まっています。

この「片目蛙」の話を初めて聞いたとき、カエルが犠牲を払ったのは立派だけれど、「カエルさん、辛かったんじゃないか」と真に受けました。しかし、旅の安全を守る道祖神とも関わる地蔵菩薩とカエルの組み合わせは、道祖神信仰の大元に存在する猿田彦大神とその使いのカエルとの関係につながっているのかもしれないと思うと近江に今も生きている、人とカエルと神仏の関わりの深さを感じました。

Photo_4

米原(まいばら)から近江鉄道で30分ほどのところにある多賀大社は、元々「かえる子」と言われていたカエルの子どもがオタマジャクシと呼ばれるようになった由来とされる「お多賀杓子」で知られます(※)。オタマジャクシは「おたがじゃくし」のなまったものという説があります。境内には願いごとが書かれたたくさんのオタマジャクシ(お多賀杓子)が奉納されていました。(画像)

Photo_5

※養老年間(717-724)、元正(げんしょう)天皇の不予(ふよ)にあたって御祈願があり、強飯(こわい)を炊き、神山のシデの木で杓子を作り、副えて奉ったところ、たちどころに平癒したという。この縁起により多賀大社では「お多賀杓子」を御守として授与するようになった。(多賀大社の縁起より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<100年カエル館情報>

2016年の営業は終了いたしました。ご来館ありがとうございました。

場所 : 100年カエル館

      〒966-0096福島県喜多方市字押切南2-6

      (旧桐工芸館裏、自動車用品ショップコクピット121隣)

開館時間 : 午後1時~午後4時30分

入館料  : 大人 500円 小中高生 100円

お問い合わせ 03-3981-6985(ケーアンドケー内)

100年カエル館コレクション展 「かえる曼陀羅」  ~100年カエル館から河竹登志夫さんへのオマージュ~ は11月10日で終了いたしました。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※新刊『ときめくカエル図鑑』(山と渓谷社刊 文・高山ビッキ 写真・松橋利光)販売中です。どうぞよろしくお願いします。

Photo

-----------------------------------------------

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

※Webミュージアムでは2011年に福島県立博物館で開催した「喜多方『100年カエル館』コレクション展」を画像でご覧いただいております。

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru ※エッ

セイで時代をふりかえるサイトです。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html 

※『かえるる カエルLOVE111』(山と渓谷社)全国の書店等で販売中です。

 

Cover_obiariweb

 

 

 

 

|

■「大谷蛙」の由来のカエルに救われたお坊さんとは?

Photo

石製のカエルは、100年カエル館のコレクションにもいろいろありますが(よろしければ100年カエル館HPのWebミュージアムをご覧ください)、日本でよく知られた石のカエルといえば和歌山県の那智の黒石のカエルと、この写真のような栃木県の大谷石のカエルでしょう。先週末、100年カエル館の資料整理に喜多方に行き、東京に戻る途中のサービスエリアで見つけました。

そこでは「今日も元気で無事カエル」と、交通安全祈願のために置かれていたのですが、「大谷蛙」がこの辺りで「五穀豊穣」「家内安全」を祈る地鎮守様として崇められているその由来も書かれていました。昔、観音様を彫っていたお坊さんが毒蜂に襲われそうになったときに、その毒蜂を食べて救ってくれたのが蛙だったそうです。でも毒蜂の襲撃は1回で終わらず、大群でやってきたときには1匹の蛙では手に負えなくなった。すると背中に背負った小蛙が大声で鳴き騒ぎ、その声を聞いてやってきた何万もの蛙が、毒蜂をすっかり平らげて退治してくれたのだとか。おかげでお坊さんは観音像を完成させることができました、と。

ところで、日本屈指の洞窟寺院で知られる大谷寺には、810年(弘仁元年)に、空海が千手観音を刻んで同寺を開いたという伝承があるそうです。カエルが救ったお坊さんとは、弘法大師、空海のことなのでしょうか。

喜多方市内を散歩しているときにも石のカエル(写真)を見つけました。玄関アプローチや庭にカエルを置いているお住まいが増えているような気がします。

Photo_4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※新刊『ときめくカエル図鑑』(山と渓谷社刊 文・高山ビッキ 写真・松橋利光)販売中です。どうぞよろしくお願いします。

Photo

-----------------------------------------------

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

※Webミュージアムでは2011年に福島県立博物館で開催した「喜多方『100年カエル館』コレクション展」を画像でご覧いただいております。

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru ※エッセイで時代をふりかえるサイトです。

「キモノ・二・キガエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kimonokigaeru  ※ゆかたやキモノ着用で優待割引のある施設をご紹介するサイトです。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html 

※『かえるる カエルLOVE111』(山と渓谷社)全国の書店等で販売中です。

 

Cover_obiariweb

 

|

■2015年のカエルの日に京都で見つけたカエル

PhotoPhoto_2

この時期は、毎年仕事で京都に行くことが恒例になっていて、昨年はこのブログで川端二条のフレンチレストランの前に佇むカエルのオブジェを紹介しました。

京都では神社仏閣でカエルの造形物を発見することがたびたびあり、狛犬のように置かれていたり、噴水のデザインの一部に据えられていたります。本流の寺社めぐりの合間に“蛙流(ありゅう)”の楽しみ方ができます。ところで、LaLaTVで放送されている「キョートカクテル」というアニメ番組をご存じでしょうか。舞台となっている木屋町のバーのマスターがなぜか“カエル”で、そこにやってくるお客さんとゆる~いなかにもウィットのある恋愛話が交わされます。

そんな、カエルとは縁の浅からぬ京都で、6月6日のカエルの日に見つけたカエルがこちら(写真上)。烏丸御池にある香老舗松栄堂では、エッセイコンテスト「香・大賞」を毎年開催しています。今年で30回となったそのコンテストの作品集の中に、この季節にふさわしい水文とカエルのイラストが描かれていました。写真では、ガラス玉の中にカエルが見えるペーパーウエートと組み合わせてみました。

松栄堂本店のある寺町界隈を散策すると、京都ならではの伝統工芸品の古い店構えの前で足が止まります。カエルの工芸品と出合うこともしばしば。また、手芸や工作などの材料を扱うお店も多いので、たとえばこんなカエルのボタンと石の切片(写真下)を買って風流に楽しんでみるのもいいかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※新刊『ときめくカエル図鑑』(山と渓谷社刊 文・高山ビッキ 写真・松橋利光)販売中です。どうぞよろしくお願いします。

Photo

-----------------------------------------------

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

※Webミュージアムでは2011年に福島県立博物館で開催した「喜多方『100年カエル館』コレクション展」を画像でご覧いただいております。

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru ※エッセイで時代をふりかえるサイトです。

「キモノ・二・キガエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kimonokigaeru  ※ゆかたやキモノ着用で優待割引のある施設をご紹介するサイトです。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html 

※『かえるる カエルLOVE111』(山と渓谷社)全国の書店等で販売中です。

 

Cover_obiariweb

|

■会津へカエル旅と100年カエル館再開のお知らせ

Photo Photo_2 Photo_3

先日、現在休館中の100年カエル館の資料整理のために喜多方に帰りました。その途中で立ち寄ったのが、会津若松の東山温泉にある、100年カエル館館長と私にとっては母方の高祖母に当たる塚原ヒサの像(写真)です。説明にあるとおり、塚原ヒサは幕末の弘化3年(1846年)の生まれ。NHK大河ドラマ「八重の桜」では、本日、新島八重(1845~1932)が新島襄とともに戊辰戦争後初めて会津に帰る内容が放送されるようですが、当時会津には戦後の復興のために頑張って生きている人々がいて、塚原ヒサもそのひとりではなかったかと思っています。

東山温泉には、この塚原ヒサの像のある千穂姫坂に沿って湯川という川が流れ、その川に架かる洗心橋辺りにあたかも川下を向いた蛙が座っているような「蛙石」が見られると、案内パンフ「東山温泉散策絵図」にありました。会津にはその他、会津武家屋敷内にある幕末、会津藩の家老だった西郷頼母が祀った会津天満宮にコンクリートの「なで蛙」が鎮座し、磐梯町の磐梯山噴火記念館では中国の地震計の模型にカエルの造形を見ることができます。

そして、喜多方へ。2004年に開設した100年カエル館は、ここ4年ほど休館しておりましたが、来年2014年夏場に期間限定で再開いたします。施設はそのままですが、休館中にいろいろと試みた展示イベントやトークイベントの経験をもとに、しばらくはリアルのカエ~ル大学校舎も兼ねて企画イベント的に行っていく予定です。詳細が決まりましたら、改めてお知らせいたします。今回掲載した3枚目の写真は、100年カエル館からクルマで5分ほどのところにある湯殿神社の石碑によじ登っていたアマガエルです。すっかり石や土と同化したような保護色のアマガエル。冬眠後、青葉繁れる季節にまた会いたいものです。

(2013年10月20日)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※新刊『ときめくカエル図鑑』(山と渓谷社刊 文・高山ビッキ 写真・松橋利光)販売中です。どうぞよろしくお願いします。

Photo

-----------------------------------------------

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru ※エッセイで時代をふりかえるサイトです。

「キモノ・二・キガエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kimonokigaeru  ※ゆかたやキモノ着用で優待割引のある施設をご紹介するサイトです。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html 

※『かえるる カエルLOVE111』(山と渓谷社)全国の書店等で販売中です。

Cover_obiariweb

|

■サドガエルのおみやげが届きました。

Photo

同ブログでも告知しました、公開講演会「サドガエルが辿った進化と佐渡の自然」(佐渡市トキ交流会館にて)は7月28日に終了いたしました。今回残念ながら取材に行けなかったのですが、新種のカエル、サドガエルの地元佐渡市で行われたことはとても意味のあることだったのではないでしょうか。佐渡といえばトキの保護活動で知られますが、そのトキが食べていたのが新種のカエルだったという、人と動物、そして自然環境のつながりがとてもよい場所というイメージがあります。さっそくサドガエルの発見を記念したおみやげも作られています(写真)。ちょっと見は似ているツチガエルと違って、お腹が黄色いところ、学名のRugosa susurraの由来となったささやくようなギューン、ギューンという鳴き声など、その特徴がパッケージにも表現されています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※新刊『ときめくカエル図鑑』(山と渓谷社刊 文・高山ビッキ 写真・松橋利光)販売中です。どうぞよろしくお願いします。

Photo

カエル書籍フェア「蛙 ~書籍で見る“カエル曼荼羅”~」×カエルグッズフェア「カエルグッズで大人のままごと遊び ~カエルさんのフレッシュサラダ~」

http://tsite.jp/daikanyama/event/002037.html

-----------------------------------------------

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru ※エッセイで時代をふりかえるサイトです。

「キモノ・二・キガエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kimonokigaeru  ※ゆかたやキモノ着用で優待割引のある施設をご紹介するサイトです。 

※『かえるる カエルLOVE111』(山と渓谷社)全国の書店等で販売中です。

|

全国津々浦々カエル・スポットあり「津幡町のカエル」

2013h2502

  知人のOさんが旅の途中で見つけたと送ってくださったカエルの置物の写真。これは津幡駅のそばにあったということでした。

  津幡町は石川県のほぼ中央にあり、歴史的には木曾義仲が「火牛の計」を用いたとされる源平倶利伽羅合戦の舞台となった倶利伽羅峠があることで知られます。

  津幡町に取材すると、このカエルは20年ほど前に地元の建設会社の社長さんの厚意で造作されたもののようです。当時、駅舎が新しくなったばかりで、通勤する人も、旅で降り立つ人も「無事かえる」に守られるようにとの願いが込めらました。

  また、津幡町には竹橋区という地区があり、そこの住民の皆さんは家の軒先にカエルグッズを吊り下げているという情報もいただきました。「そこはもともと宿場町だったので観光で訪れた方がまた来てくれるようにと願って、婦人会が中心になって始めたようです」(津幡町広報ご担当)。

  日本全国いろいろなところにカエル・スポットがあります。津幡駅に立ち寄られた際にはぜひこのカエルさんに目を留めてください。

2013h2502_2

   Oさんからのコメントです。「カエルさんは、この画像の左側にいて駅に向かってお客さんを迎えていましたよ。」 貴重なカエル情報をありがとうございました。

-----------------------------------------------

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru ※エッセイで時代をふりかえるサイトです。

「キモノ・二・キガエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kimonokigaeru  ※ゆかたやキモノ着用で優待割引のある施設をご紹介するサイトです。 

※『かえるる カエルLOVE111』全国の書店等で販売中です。

|

新年早々、十番稲荷神社のカエルに願いごと

3478

2012年が始まり、1月6日には仕事で麻布十番へ。近くにある十番稲荷神社に参拝しました。十番稲荷神社といえば、写真のようなカエルの石像が鎮座するカエルスポットのひとつ。「蛙のお守り」を購入することもできます。

 「今年も素敵なカエルグッズたちに出会えますように」

100年カエル館・カエ~ル大学のHPはこちらから http://kaeru-kan.com/kayale-u

A-Arkのサイトでの福島県立博物館での喜多方「100年カエル館」コレクション展の報告はこちらから  http://www.amphibianark.org

メルマガ「カエル大学通信」はこちらから http://www.mag2.com/m/0001378531.html

<関連サイト>

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

「キモノ・二・キガエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kimonokigaeru

|

未来の会津にカエル時間

100_3208 (極上の会津パンフレット裏面)

8月13日から始まった喜多方「100年カエル館」コレクション展は今日を含めて残り4日となりました。思いがけなくもたくさんの方々にご覧いただくことができました。本当にありがとうございました。

9月18日(日)には今回の展示について少しお話させていただきますので、もしよろしければ聞きにきてください。

また、いま会津は「極上の会津」をテーマに時間旅行ができる会津の魅力をアピールしています。私も高校3年間を過したあと、ほとんど足を運ぶことのなかった会津若松にこの夏何度か通うことができて、ここは(あの頃の私にとって)未来の会津なんだと思うことが何度かありました。未来なのに江戸、平安、古墳、縄文と、いつでも悠久の昔に戻っていけるのが会津の不思議さ。会津に行ったらまず鶴ヶ城のとなりにある福島県立博物館で会津の文化の全容を知ってから旅をするのがおすすめです。

100年カエル館/カエ~ル大学はこちらから http://kaeru-kan.com/kayale-u/

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)