« 100年カエル館の2023年の開館が終了いたしました。ご来館ありがとうございました。 | トップページ | 生態や文化がさりげなく反映されているぬいぐるみのカエル »

2023年の新語・流行語大賞のトップテンに「蛙化現象」も

250

本日(2023年12月2日)新聞に発表された「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンに「蛙化現象」がありました。2021年の同賞には「かえる愛」がランキングされ、再び「カエル」が注目されているのですがその意味を考えると少し複雑な思いもします。

「蛙化現象」は少し前から言われ始めた言葉ですが、今年は特に高校生の間で流行語になったことで一気に浮上したようです。その意味は、最初「好意を抱いている相手が自分に振り向いてくれると逆に嫌悪感をもつようになる現象」だったのが、その後「交際相手などのちょっとした行動を見て急に冷めてしまう現象」と解釈されるようになっています。

カエルグッズを集めていると王冠をかぶったカエルと出合うことが多々あるのですが、「グリム童話」の「カエルの王さま」に因み、本当は王子さまなのに魔法をかけられてまさに「蛙化」した様子を表現していると考えられます。童話の中でお姫様は「友達になりたい」とねばるカエルを壁にたたきつけたことで魔法が解けカエルが今度はいわば「王子化」します。

この現象は心理学的に解釈されることがあり、カエルは両生類で水と陸を必要とすることから物語などの中では意識と無意識をつなぐ存在として登場することが多いようです。「蛙化現象」をどう乗り越えるかが大人になるための鍵になるとも考えられます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikae

 

|

« 100年カエル館の2023年の開館が終了いたしました。ご来館ありがとうございました。 | トップページ | 生態や文化がさりげなく反映されているぬいぐるみのカエル »

ニュース」カテゴリの記事