« 喜多方「ほっと・ねっと」2023年5月号に掲載しました。 | トップページ | frog collection with you No.9 モデルはカエルのジェレミー・フィッシャーかもしれないフィギュア »

frog collection with you No.8 ブロンズなど金属製のカエル

Photo_20230529195901

ブロンズをはじめ金属製のカエルの造形物は、小さき存在であるカエルを表現するには重量感や迫力があって他の素材のカエルとは一味ちがった雰囲気をかもし出します。いくつか集めて展示すると、カエルグッズに発することが多い「かわいい」とか「おもしろい」ではなく、思わず「かっこいい」と称賛したくなります。

このカエルはたぶんインドネシアなど東南アジアで作られたものではないでしょうか。バリ島などインドネシアではウッドカービングのカエルがたくさん作られ、一時期日本のエスニック雑貨のお店でもよく見られました。木製だけでなく金属製のカエルも意外に多く、このブロンズのカエルは、バリのウッドカービングのカエルによく見られる花柄が施されています。帽子をかぶってカエルらしからぬ格好をしているのもバリのカエルに通じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikae

|

« 喜多方「ほっと・ねっと」2023年5月号に掲載しました。 | トップページ | frog collection with you No.9 モデルはカエルのジェレミー・フィッシャーかもしれないフィギュア »

100年カエル館コレクション」カテゴリの記事