« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

家にいて野外のカエルたちの活動を想像できるカエルの本の紹介

505 Photo_20200419171502

 知れば知るほど興味深い存在だと感じる日本のカエルたち。私自身は野外のカエルの調査研究に携わっているわけではありませんが、日本両生類研究会に参加し毎年開催されるフォーラムや、発行される「両生類誌」を通して、日本のカエルの生態や行動、地域ごとの分布状況などにも少しずつ関心をもつようになりました。

 同会は、昨年末、創設20周年を記念して『両生類に魅せられて』(発売元 市民科学出版を出版しました。本誌では、現在第一線で活躍中の両生類の研究者の方々による長期に亘る調査研究や、新しい視点で取り組んでいる研究活動などについての報告を読むことができます。本誌は生物学や自然史の研究者を対象にした内容ですが、私はカエルと人間とのかかわりから生まれた文化に焦点を当てて書かせていただきました。

 そうして益々、カエルの文化的探究とカエルそのものについて知ることは切り離せないと感じるように。100年カエル館(福島県喜多方市)のまわりに生息しているカエルの観察から始めたいと考えていたところ、そのガイドを買って出てくれるような本が出版されたのでご紹介します。『見つけて検索!日本のカエルフィールドガイド』(カエル探偵団 編 文一総合出版 刊)です。

 本書は、野外でカエルと出合って何というカエルかわからないとき、「カエル検索表」により、北海道から先島諸島までその地域ごとに大きさや体色、外部形態から種名を類推してくれます。ヒキガエルのなかまやトノサマガエルのなかまなど区別のつきにくい種は「似ている種を見分けよう」のページでチェック。特定できた種ごとに「カエル図鑑」ページで詳しい情報を得ることができます。

 たとえ遠くに野外観察に出なくてもこのガイドブックを“観察”すれば、日本列島北から南まで、カエルを通して土や木や水のある風景、自然の感触も伝わってくるような一冊です。  

※日本両生類研究会20周年記念誌『両生類に魅せられて』は、市民科学出版 https://kahokugata.stores.jp/ 『見つけて検索!日本のカエルフィールドガイド』は、文一総合出版 https://www.bun-ichi.co.jp/ から、またどちらもアマゾンからご購入できます。

|

Blog ブログ「コトバデフリカエル」で「カエル白書Vol.3」の配信始めました。

2019_20200429102501

■「絵本の中に“生息する”カエルたち/カエルの絵本を通してカエルが生息する自然やカエルの生物的特徴を知る」

■「絵本の中に“生息する”カエルたち/民話を基にしたカエルの絵本」

■2019年開催「100年カエル館のときめくカエルアート図鑑」展報告

■日本両生類研究会の20周年記念誌『両生類に魅せられて』の紹介

■自然とカエルに関する動向特別寄稿

■私のカエルライフ

がアップされています。下記よりお楽しみください。

http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

 

|

ほっとねっと第301号 かえるモノ語り㊵ あなたを見守るカエルアートマンが誕生しました。

20dm_20200427154701

 ウルトラマンに仮面ライダー。私はそのテレビでの初登場をリアルタイムに見た世代なので、今も「~マン」「へんしん」といったワードに親しみを感じます。

 そして今年、100年カエル館から「カエルアートマン」が生れました。

実は、そのお披露目のイベントを「カエルアートマン20 日本のカエルがHENSHIN」と題してGWに東京で開催する予定にしていたのですが、今回の新型コロナウイルスの影響により開催を控えることにしました。

 私たちが名づけた「カエルアートマン」とは、昨年、福島県立博物館で紹介した愛知県出身のカエル好きの画家故柴田まさるさんが、スケッチブックに遺した、キャラクター性豊かな水彩画のカエルたちです。

 今世紀に入って登場したマンガ・アニメのカエルキャラクターといえば、『ケロロ軍曹』がいますが、ケロロ軍曹率いる小隊のメンバーは、いずれも外国産のカエルを基にキャラクター化されています。一方、カエルアートマンの場合、モデルは日本産のカエルたちです。

 柴田さんのスケッチに姿を現したカエルたちは、1点1点、カエルの種名が手書きされていました。案内のDMに掲載したカエルアートマンは、左からアズマヒキガエル、二ホンアマガエル、ヤマアカガエル、トウキョウダルマガエルです。その他カエルアートマンは20号までいますので、日本列島に生息するカエルの種類の約半分がカエルアートマンとして誕生しています。

 カエルの図鑑などで同種名のカエルの写真と見比べてみると、柴田さんが野外観察や図鑑から目で捉えたカエルにどのようなパーソナリティを与えているか、アート化するとはどういうことか感覚的に伝わるような気がしました。人とカエルをアートでつなぐヒーロー。それがカエルアートマンの名前の由来です。

 そして、カエルアートマンたちはカエルらしくとても目力があります。

 ウルトラマンや仮面ライダーのように敵を倒して救ってくれることはありませんが、心が弱くなりかけたとき、その絵を見ているだけで「だいじょうぶ、そばで見張っているから」と守ってくれるヒーロー、それがカエルアートマンです。

(福島県喜多方市の月刊のフリーペーパー「ほっと・ねっと」(おもはん社発行)に連載中の「かえるモノ語り~自然と文化をつなぐカエル~」より)

|

2020年の100年カエル館の休館とカエ~ル大学の休止をお知らせいたします。

Omote

 いつも大変お世話になっております。100年カエル館とカエ~ル大学は、今回の新型コロナウイルスによる社会状況が収束に至るまで休館・休止とさせていただきます。ブログやメルマガの配信は続けて参ります。カエ~ル大学2019の「カエル白書NO.3」は、今回、100年カエル館HPトップ面からご覧いただけるサイト「コトバデフリカエル」にてまもなく掲載いたします。変わらずお付き合いいただけますようよろしくお願いいたします。

何卒よろしくお願い申し上げます。

100年カエル館&カエ~ル大学 

 

|

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »