« ■9月22日の第20回記念大会両生類自然史フォーラムの内容についてお知らせします。 | トップページ

■秋の喜多方で「アート・ぶらり~」、100年カエル館へもお越しください。

1002018
第20回記念大会の両生類自然史フォーラムは、9月22日(土)に喜多方プラザ文化センター視聴覚室で満員のご来場者を迎えて盛況のうちに終えることができました。ご参加いただいた皆さまをはじめ、ご協力をいただいた皆さまに心から御礼申し上げます。
カエルやサンショウウオなど日本の両生類や東北、福島、特に会津の両生類について、記念講演2題とトークセッション、日本両生類研究会の会員の方々による講演で約4時間にわたって繰り広げられたフォーラム。世代、性別を超えて集まった参加者の皆さんからは積極的に質問をいただき、両生類について考えることが人間にとっても大事な意味をもつことを改めて感じることができました。
20182018_2
フォーラムの内容につきましては、日本両生類研究会発行の『両生類誌32号』やカエ~ル大学発行の『カエル白書Vol.2』でご報告いたします。
2018年の100年カエル館は、夏季に東京・新宿の京王プラザホテルロビーギャラリーで「カエルアートミュージアム」展を開催し、秋に両生類自然史フォーラムを実施。そして、お盆休みから開始した日本両生類研究会の創設者故岩澤久彰先生のコレクション展は、10月5日から14日までの100年カエル館の本年最後の開館期間にも引き続きご覧いただけます。
Img970jpg10
その期間は、喜多方市で毎年開催されるイベント「蔵のまち アート・ぶらり~」が行われ、100年カエル館も昨年に引き続き参加いたします。今年は、「カエルアートミュージアム」展でも紹介した柴田まさるさんの24点のカエルの顔の絵から、「これがかわいい!」と思う作品に1票投じるコンテストを実施いたします。投票してくださった方には100年カエル館オリジナルポストカードを差し上げます。
この機会に、100年カエル館へ特別展や常設展を観に、ぜひ足をお運びくださいますようお待ちいたしております。

<100年カエル館&カエ~ル大学情報>

※現在、カエ~ル大学は2018年の会員(学生)を募集しておりますので、ご希望の方は100年カエル館サイトからお申し込みください。

※カエ~ル大学講座は会員(学生)の方でなくても各講座500円で聴講いただけます。

場所 : 100年カエル館

      〒966-0096福島県喜多方市字押切南2-6

      (旧桐工芸館裏、自動車用品ショップコクピット121隣)

開館時間 : 午後1時~午後4時

入館料  : 大人 500円 小中高生 100円

お問い合わせ 048-838-7360(ケーアンドケー内)

-----------------------------------------------

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

※Webミュージアムでは2011年に福島県立博物館で開催した「喜多方『100年カエル館』コレクション展」を画像でご覧いただいております。

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru ※エッ

セイで時代をふりかえるサイトです。

「The 100-year frog collection museum」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/froggy_museum/ ※英文のサイトです。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html 

※『かえるる カエルLOVE111』(山と渓谷社)全国の書店等で販売中です。

Cover_obiariweb

※新刊『ときめくカエル図鑑』(山と渓谷社刊 文・高山ビッキ 写真・松橋利光)販売中です。どうぞよろしくお願いします。

Photo

|

« ■9月22日の第20回記念大会両生類自然史フォーラムの内容についてお知らせします。 | トップページ

100年カエル館からのお知らせ」カテゴリの記事