« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

フジモト芽子さんの作品展で、きおくの底に住むカエルを探して

Ca3h06350001_2 Ca3h063200012015

フジモト芽子さんの作品展が現在(2015年7月29日まで)大阪で開催されていますので、ご案内します。フジモトさんの作品に「このイメージはどこから作者に迷い込んだのだろう?」と静かな不思議さを感じることがあります。今回もきっとどこか可笑しくシュールな世界へと誘ってくれそうな作品展。タイトルは「きおくの旅の地図」です。皆さんの「記憶の旅の地図」と重ね合わせてイマジネーションの旅をお楽しみください。

カエルの作品も展示されます。1点目はアクリル画で「今日は何をしよう」。2点目の親子ガエルは、どちらも口からブルーの水を出していますが、イタリアの噴水の装飾のカエルがモデルだそうです。タイトルは「速くいくならひとりで遠くへいくならふたりで」(西洋のことわざより)。こんな親子ガエルを見ると、お父様の故藤本義一さんと芽子さん親子かなと思ってしまいます。※掲載画像を右回転かけてご覧いただけますでしょうか、すみません。

フジモト芽子 作品展

●2015年7月23日(木)→29日(水) 午前10時~午後8時 ※最終日は午後5時で閉場

●あべのハルカス 近鉄本店 タワー館 11階アートギャラリー

〒545-8545 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 TEL.06-6624-1111

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※新刊『ときめくカエル図鑑』(山と渓谷社刊 文・高山ビッキ 写真・松橋利光)販売中です。どうぞよろしくお願いします。

Photo

-----------------------------------------------

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

※Webミュージアムでは2011年に福島県立博物館で開催した「喜多方『100年カエル館』コレクション展」を画像でご覧いただいております。

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru ※エッセイで時代をふりかえるサイトです。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html 

※『かえるる カエルLOVE111』(山と渓谷社)全国の書店等で販売中です。

 

Cover_obiariweb

 

 

 

|

矢内靖史写真展「かえるふくしま」東京・西新宿で開催

01yanai02yanai03yanai

カエルをテーマに撮影を続けるカメラマンの写真作品は、人間とカエルの関係やカエルという生きものの存在について考える上でとても興味深いものです。

キュートなカエルワールドを見せてくれる写真家、自然の厳しさの中にカエルの“生きざま”を伝える写真家、カエルの動きやポーズを生息する自然環境とともにアートとして捉える写真家などさまざまで、「カエル写真」に動物写真のジャンル以上の広がりを感じます。

カエルをカメラでキャッチしたのはひとりのカメラマンですが、その写真を見る人は、逆にそこに写ったカエルに見られ、そのカエルと写真家の視線のやり取りに思いを馳せ、その写真の中のカエルを見て湧き起る感情に改めて自分自身が映し出されるという、複層した視線を感じるのではないでしょうか。

明日(2015年7月24日)からエプソンイメージギャラリー エプサイト(東京・西新宿)で行われる、矢内靖史さんの写真展「かえるふくしま」をご案内します。

矢内さんは福島県内の新聞社に勤務する報道カメラマンで、日々報道の現場を撮影する一方、福島県の自然の風物、特にカエルに愛着を感じて撮影を続けています。

今回の写真展では、県内のカエルの写真約40点が展示されます。タイトルにある、かえるとふくしまの言葉の組み合わせに込められた矢内さんの思いと、それを意に介さないかのようにノンシャランと振る舞う福島のカエルたち。写真からどんなカエルの「声」が聞こえてくるか、この夏休み、東京・西新宿で「ふるさとにカエル」時間を過ごしに足をお運び下さい。

矢内靖史写真展 かえるふくしま

会期 : 2015年7月24日(金)~8月20日(木) 日曜日休館 ※8/13~16は夏季休館 10:30-18:00(最終日は15:00まで)

会場 : エプソンイメージングギャラリー エプサイト 

入場無料

〒163‐0401東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル1F TEL.03-3345-9881 

http://www.epson.jp/katsuyou/photo/taiken/epsite/event/special/special_23.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※新刊『ときめくカエル図鑑』(山と渓谷社刊 文・高山ビッキ 写真・松橋利光)販売中です。どうぞよろしくお願いします。

Photo

-----------------------------------------------

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

※Webミュージアムでは2011年に福島県立博物館で開催した「喜多方『100年カエル館』コレクション展」を画像でご覧いただいております。

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru ※エッセイで時代をふりかえるサイトです。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html 

※『かえるる カエルLOVE111』(山と渓谷社)全国の書店等で販売中です。

 

Cover_obiariweb

 

|

■カエル画10周年の石野善浩展、カエルヤ珈琲店(札幌)で開催

20157

梅雨の時期がないと言われる北海道。因みに日本に棲息するアカガエルと呼ばれるカエルのなかで北海道に分布しているのがエゾアカガエルです。繁殖期は雪解け後の4月から5月頃に始まります。今頃は短い夏を謳歌しているのでしょうか。そういえば北海道にカエル好きの方が多いように思えるのも、カエルが見られる季節を大いに楽しんでいるからかもしれませんね。

そんな北海道で今日から関西在住の“カエルの画家”、石野善浩さんが個展を開催します。「初めての北海道上陸。カエルを描き始めて10年目を迎えました」とご案内をいただきました。場所は札幌市の「カエルヤ珈琲店」。自然界ではその棲息地にいない種が移入されると生態系が破壊されるという話を聞きますが、カエルの文化的生態系は新しい感性の移入によってさらにおもしろくなりそうな予感がします。

石野善浩展 カエル画10周年 at カエルヤ珈琲店

2015年7月1日(水)~7月20日(月)

カエルヤ珈琲店 〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西17丁目1-6 TEL&FAX 011-616-1558  http://kaeruya-sapporo.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※新刊『ときめくカエル図鑑』(山と渓谷社刊 文・高山ビッキ 写真・松橋利光)販売中です。どうぞよろしくお願いします。

Photo

-----------------------------------------------

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

※Webミュージアムでは2011年に福島県立博物館で開催した「喜多方『100年カエル館』コレクション展」を画像でご覧いただいております。

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru ※エッセイで時代をふりかえるサイトです。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html 

※『かえるる カエルLOVE111』(山と渓谷社)全国の書店等で販売中です。

 

Cover_obiariweb

 

 

|

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »