« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

■「江戸妖怪大図鑑」に見る江戸時代の“カエル文化”の豊かさ

Photo

現在、太田記念美術館(東京・原宿)では、「江戸妖怪大図鑑」と題した浮世絵展を開催中(~2014年9月25日)です。同展は、期間を第1部の「化け物」、第2部の「幽霊」、第3部の「妖術使い」に分けて開催されています。

すでに終了した「化け物」の展示には、歌川貞秀や歌川国芳による「源頼光館土蜘蛛妖怪図」の中に、カエルが登場していました。謡曲『土蜘』で知られる、熱病に伏す源頼光の屋敷に土蜘蛛の妖怪が現れるシーンを主題に、貞秀も国芳も典拠にはない妖怪たちを描いています。貞秀の絵にはナメクジと相撲をとるカエルが・・・・・・。行司がヘビなので三すくみになり、三者動けず相撲が始まらない滑稽さがにじみ出ています。国芳の絵には、二手に分かれて合戦をする化け物たちのなかにカエルもいます。また、薬と病気の合戦を擬人化した「よくきく薬種」(関斎)には、労咳を倒している蛙の黒焼きが描かれています。

しかし、カエル好きのための最大の見せ場はこれからです。8月30日(土)から始まる第3部の「妖術使い」。武者絵や役者絵として描かれた天竺徳兵衛、平太郎良門と滝夜叉姫、児雷也といった蝦蟇の妖術使いとともに、これでもかというほどたくさんのカエルと遭遇できそうです。

掲載した画像は歌川芳虎「肉芝仙人より妖術を授かる図」(個人蔵)です。真ん中に座るのが蝦蟇の精霊である肉芝仙人。妖術を授かっているのは平将門の遺児平良門(右)。左はその仲間伊賀寿太郎。合戦を繰り広げる蝦蟇たちが何やら楽しそう(にも見えます)。

これ以外に展示された30点以上の作品にカエルが描かれ、しかも作品によっては妖術によって小石や懐紙がカエルに変えられている様子が描かれているので、カエルの数は相当なものになるでしょう。

妖怪とカエル(特にガマ=ヒキガエル)がもつ共通性は、一種の不気味さということになるでしょうか。もしかすると、それらは明治以降、前近代的なものとして排除されて行ったのかもしれません。けれども、今回の展示などを通して改めてガマをはじめとする妖怪たちの姿を目にすると、現在人気のあるゆるキャラに通じる愛らしささえ感じます。それを描いた江戸の絵師たちが、本来の画題や意図とは別に妖怪を描くことを楽しんでいたのではないかと想像してしまいます。そして、カエルは妖怪表現に欠かせないモチーフだったとすると、江戸後期には豊かな“カエル文化”が花開いていたということができるかもしれません。(高山ビッキ)

※参考文献:『江戸妖怪大図鑑』(太田記念美術館発行)

※画像提供:太田記念美術館

「江戸妖怪大図鑑」展

第3部 妖術使い 2014年8月30日(土)~9月25日(木)

太田記念美術館(〒150-0001東京都渋谷区神宮前1-10-10)

お問い合わせ:03-3403-0880

www.ukiyoe-ota-muse.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※新刊『ときめくカエル図鑑』(山と渓谷社刊 文・高山ビッキ 写真・松橋利光)販売中です。どうぞよろしくお願いします。

Photo

-----------------------------------------------

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

※Webミュージアムでは2011年に福島県立博物館で開催した「喜多方『100年カエル館』コレクション展」を画像でご覧いただいております。

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru ※エッセイで時代をふりかえるサイトです。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html 

※『かえるる カエルLOVE111』(山と渓谷社)全国の書店等で販売中です。

Cover_obiariweb

|

■第16回両生類自然史フォーラムのご案内

Photo

第16回自然史フォーラムが8月30日(土)に埼玉県立川の博物館にて開催されます。同館は埼玉県を流れる荒川を中心とした自然環境の中で、川と水と人々のくらしをテーマとした参加体験学習ができる総合博物館です。今回の自然史フォーラムは日本両生類研究会と同館の共催で行われます。荒川流域で見られるカエルは、アズマヒキガエル、タゴガエル、モリアオガエル、ナガレタゴガエル、カジカガエル、ヤマアカガエル、二ホンアカガエル、ツチガエル、シュレーゲルアオガエル、トウキョウダルマガエル、二ホンアマガエルの在来種11種に、特定外来種のウシガエル、そして、近年、関東地方各地に移入したと見られるヌマガエルです。関東のカエルや日本のカエルについて興味のある方はこの機会にぜひ足をお運びください。

※写真は荒川流域に生息するシュレーゲルアオガエル(撮影 藤田宏之)。現在、展示中です。ほかに、アズマヒキガエル、二ホンアマガエル、ヌマガエルも展示されています。二ホンアマガエルは黄色いアルビノも見られます。

第16回両生類自然史フォーラム

2014年8月30日(土) 13:00~16:40(予定)

埼玉県立川の博物館 本館2F ふれあいホール (受付開始12:00~)

参加費:2000円

■プログラム概要

1 特別講演

「福島県の両棲類・生息地と問題」 南相馬市博物館 稲葉修

2 一般講演・ポスターセッション

※私高山ビッキも「ケロロジー」についてお話させていただきます。

■問い合わせ先

大会事務局:埼玉県立川の博物館  藤田宏之 

TEL.048-581-8739 FAX.048-581-7332

http://www.river-museum.jp/event/cat82/16.html

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※新刊『ときめくカエル図鑑』(山と渓谷社刊 文・高山ビッキ 写真・松橋利光)販売中です。どうぞよろしくお願いします。

Photo

-----------------------------------------------

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

※Webミュージアムでは2011年に福島県立博物館で開催した「喜多方『100年カエル館』コレクション展」を画像でご覧いただいております。

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru ※エッセイで時代をふりかえるサイトです。

「キモノ・二・キガエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kimonokigaeru  ※ゆかたやキモノ着用で優待割引のある施設をご紹介するサイトです。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html 

※『かえるる カエルLOVE111』(山と渓谷社)全国の書店等で販売中です。

Cover_obiariweb

|

■2014年秋のカエ~ルプチ大学祭のご案内

Photo

本日発売の東京新聞終面「Tokyo発」で、カエ~ル大学で提唱する新学問「ケロロジー」について紹介されています。その記事のなかで今年の「秋のカエ~ルプチ大学祭」の告知もしていただいていますが、概要は以下の通りです。

足立善立寺で開催いたします。同寺では2014年9月20日(土)~28日(日)に書家の『金澤翔子 善立寺展』が行われます。それに合わせた企画展『カエルのポストカード遊び』を、同寺内の「100年カエル館」ギャラリーで実施いたします。また、27日(土)には、善立寺恒例の「一柳亭 善立寺寄席」も催されますが、その前の時間帯では私、高山ビッキのギャラリートークもありますので、秋のひととき、よろしければぜひ足をお運びいただけますようよろしくお願いいたします。

金澤翔子 善立寺展

平成26年9月20日(土)~28日(日)/10:00~16:00

入場無料

初代紙切り正楽 菩提寺之寺 一柳亭 善立寺寄席

平成26年9月27日(土)/午後6時開演

出演/柳谷小かじ、春風亭一蔵、林家正楽、柳家我太楼、春風亭一朝

木戸銭 2,000円(一部チャリティ)

定員100名(当日券あり)

※チケットを郵送いたしますのでご予約下さい。

TEL.03(3886)1367 http://www.zenryuji.or.jp/

<2014年秋のカエ~ルプチ大学祭>

100年カエル館ギャラリー展示 カエルのポストカード遊び

平成26年9月20日(土)~28日(日)/10:00~16:00

入場無料

ギャラリートーク カエルとカエルグッズの間

平成26年9月27日(土) 16:00~16:40

入場無料

100年カエル館副館長 高山ビッキ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※新刊『ときめくカエル図鑑』(山と渓谷社刊 文・高山ビッキ 写真・松橋利光)販売中です。どうぞよろしくお願いします。

Photo

-----------------------------------------------

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

※Webミュージアムでは2011年に福島県立博物館で開催した「喜多方『100年カエル館』コレクション展」を画像でご覧いただいております。

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru ※エッセイで時代をふりかえるサイトです。

「キモノ・二・キガエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kimonokigaeru  ※ゆかたやキモノ着用で優待割引のある施設をご紹介するサイトです。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html 

※『かえるる カエルLOVE111』(山と渓谷社)全国の書店等で販売中です。

Cover_obiariweb

|

■前田康成原画展に「河童のカエルレース」を見に行きませんか。

Photo

人気アニメ「まんが日本昔ばなし」の作画家で知られる前田康成氏の原画展が京王プラザホテルロビーギャラリーで開催されます。

本ブログでは2012年4月に同ギャラリーで開催された個展を紹介していますが、自然界の生きものたちが魅力ある物語の主役たちとして描かれるその作品からは、自然への畏怖や森羅万象の不思議を感じることができます。

前田さんにとって河童もとても魅力的な存在。そこにはカエルも一緒に登場します。2012年のこのブログでも「河童のカエルレース」という作品を紹介しましたが、今回も同じタイトルですが新しい作品(画像)を見ることができます。カエルの存在感が大きくなっているような・・・・・・⁈

「もともと河童は水神だったそうです。自然の精霊であるその子どもたちが楽しく遊ぶ姿を描きました」とメッセージをいただきました。

民俗学者の小松和彦氏によれば、河童の姿かたちの原形はサルやカメ、カワウソとする説が多いなか、「カエル説」も否定できないと言います。「田に水が引かれてカエルが出てくる頃に河童も出てくるところを見ると、その属性やイメージの形成にあたってカエルが果たした役割もけっこうあったのではないか」(日本経済新聞2013年6月4日コラム「明日への話題)。

前田さんが描く「日本の心」、そしてその世界で活躍するカエルを見にぜひ足をお運びください。

前田康成原画展

2014年8月11日(月)~19日(火)

京王プラザホテル ロビーギャラリー

お問い合わせ : TEL.03(5322)8061

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※新刊『ときめくカエル図鑑』(山と渓谷社刊 文・高山ビッキ 写真・松橋利光)販売中です。どうぞよろしくお願いします。

Photo

-----------------------------------------------

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

※Webミュージアムでは2011年に福島県立博物館で開催した「喜多方『100年カエル館』コレクション展」を画像でご覧いただいております。

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru ※エッセイで時代をふりかえるサイトです。

「キモノ・二・キガエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kimonokigaeru  ※ゆかたやキモノ着用で優待割引のある施設をご紹介するサイトです。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html 

※『かえるる カエルLOVE111』(山と渓谷社)全国の書店等で販売中です。

Cover_obiariweb

|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »