« ■2014年秋のカエ~ルプチ大学祭のご案内 | トップページ | ■「江戸妖怪大図鑑」に見る江戸時代の“カエル文化”の豊かさ »

■第16回両生類自然史フォーラムのご案内

Photo

第16回自然史フォーラムが8月30日(土)に埼玉県立川の博物館にて開催されます。同館は埼玉県を流れる荒川を中心とした自然環境の中で、川と水と人々のくらしをテーマとした参加体験学習ができる総合博物館です。今回の自然史フォーラムは日本両生類研究会と同館の共催で行われます。荒川流域で見られるカエルは、アズマヒキガエル、タゴガエル、モリアオガエル、ナガレタゴガエル、カジカガエル、ヤマアカガエル、二ホンアカガエル、ツチガエル、シュレーゲルアオガエル、トウキョウダルマガエル、二ホンアマガエルの在来種11種に、特定外来種のウシガエル、そして、近年、関東地方各地に移入したと見られるヌマガエルです。関東のカエルや日本のカエルについて興味のある方はこの機会にぜひ足をお運びください。

※写真は荒川流域に生息するシュレーゲルアオガエル(撮影 藤田宏之)。現在、展示中です。ほかに、アズマヒキガエル、二ホンアマガエル、ヌマガエルも展示されています。二ホンアマガエルは黄色いアルビノも見られます。

第16回両生類自然史フォーラム

2014年8月30日(土) 13:00~16:40(予定)

埼玉県立川の博物館 本館2F ふれあいホール (受付開始12:00~)

参加費:2000円

■プログラム概要

1 特別講演

「福島県の両棲類・生息地と問題」 南相馬市博物館 稲葉修

2 一般講演・ポスターセッション

※私高山ビッキも「ケロロジー」についてお話させていただきます。

■問い合わせ先

大会事務局:埼玉県立川の博物館  藤田宏之 

TEL.048-581-8739 FAX.048-581-7332

http://www.river-museum.jp/event/cat82/16.html

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※新刊『ときめくカエル図鑑』(山と渓谷社刊 文・高山ビッキ 写真・松橋利光)販売中です。どうぞよろしくお願いします。

Photo

-----------------------------------------------

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

※Webミュージアムでは2011年に福島県立博物館で開催した「喜多方『100年カエル館』コレクション展」を画像でご覧いただいております。

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru ※エッセイで時代をふりかえるサイトです。

「キモノ・二・キガエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kimonokigaeru  ※ゆかたやキモノ着用で優待割引のある施設をご紹介するサイトです。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html 

※『かえるる カエルLOVE111』(山と渓谷社)全国の書店等で販売中です。

Cover_obiariweb

|

« ■2014年秋のカエ~ルプチ大学祭のご案内 | トップページ | ■「江戸妖怪大図鑑」に見る江戸時代の“カエル文化”の豊かさ »

博物館・イベント」カテゴリの記事