« カエルも気になってしかたがない、フジモト芽子さんの展覧会のご案内 | トップページ | 『かえるる』でお世話になった山と渓谷社の 勝峰さんの写真展 »

藤本義一さんとカエル

Photo

  一昨日、作家の藤本義一先生が亡くなられ、その訃報とともに改めて知るその存在感の大きさ、人柄の素敵さが各メディアを通して伝えられました。

 同ブログでは前回、ご次女のフジモト芽子さんの作品展についてご案内しておりましたが、芽子さんからは先生が私たち姉妹、高山ケロリとビッキを「カエル姉妹」と言って応援してくださっていたとメールをいただきました。

 画像は、私たちが2002年に当時東京・港区のアークヒルズにあった京都館で開催した「京都に・恋し・カエル展」で、さまざまな分野のクリエイターの方々に小石でカエルを作っていただき、里山(自然界の理想郷)で蛙たちが遊んでいるかのように展示したときの様子です。

 先生と芽子さん、秘書の樋口さんも出品してくださいました。○で囲んだあたりに先生の作品の「信長ガエル」がいます。

 藤本義一先生のご冥福を心からお祈り申し上げます。

 

 

|

« カエルも気になってしかたがない、フジモト芽子さんの展覧会のご案内 | トップページ | 『かえるる』でお世話になった山と渓谷社の 勝峰さんの写真展 »

」カテゴリの記事