« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

東京のカエル展と大阪のカエル展開催中

Kaeruten2012

現在、東京ではGalleryたまごの工房(高円寺)で「第11回かえるてん」を開催中です。月蛙工房の石野善浩さんのグッズも販売されます。これから始まるレイニーシーズンをカエルとともに楽しくお過ごしください。

<第11回かえるてん>

会期 : 平成24年5月29日(火)~6月24日(日) 月曜休廊

      (火~土) 12:00~19:30 (日) 12:00~18:00

場所 : Gallery たまごの工房

     〒166-0003東京都杉並区高円寺南3-60-6

     TEL.&FAX.03(3313)8829

     http://tamagonokobo.com/

※大阪では本日からかえるの作品展「かえるーむ」が始まりました。画像が届きましたのでご紹介します。

L7050493 L7050497

<かえるの作品展「かえるーむ」>

参加作家20名。カエルの作品・グッズが2000点集まります。お楽しみに。

場所 : 阪神百貨店 梅田本店9階 イベントスペースステージ9

日時 : 5月30日(水)~6月5日(火) 午前10時~午後8時(最終日は午後5時まで)

企画協力 : ゆめいろミュージアム

        〒583-0035大阪府藤井寺市北岡1-8-46 TEL.&FAX.072(952)2101

        http://homepage1.nifty.com/yumeiro/

***************************************************************************

100年カエル館・カエ~ル大学のHPはこちらから http://kaeru-kan.com/kayale-u

A-Arkのサイトでの福島県立博物館での喜多方「100年カエル館」コレクション展の報告はこちらから  http://www.amphibianark.org

メルマガ「カエル大学通信」はこちらから http://www.mag2.com/m/0001378531.html

<関連サイト>

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

「キモノ・二・キガエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kimonokigaeru

|

けろっぴ教授に1票お願いします

2

 サンリオキャラクターのけろけろけろっぴは、現在、カエ~ル大学の教授としても活躍しています。昨年の春のカエルトーク・イベントは、「日本美術史に登場したカエルとカエルの擬人化」というテーマで開催され、けろっぴ教授が話題の“センター”を取りました。

 今年の同イベントでは、「カエルキャラクター史」の解説のなかに登場。その歴史の転換点でどんな活躍をしてきたか、また、カエルのキャラクターとして山あり谷ありの人生を乗り越えてヨミガエル力があることを示しました(画像参照)。

 そして、今年も開催されているサンリオキャラクター大賞にエントリーしています。

 カエル好きの皆さん、けろけろけろっぴ教授に心のこもった1票をお願いします。

 100年カエル館HP http://kaeru-kan.com トップページにけろっぴのバナーがありますのでそこからも投票できます。

***************************************************************************

100年カエル館・カエ~ル大学のHPはこちらから http://kaeru-kan.com/kayale-u

A-Arkのサイトでの福島県立博物館での喜多方「100年カエル館」コレクション展の報告はこちらから  http://www.amphibianark.org

メルマガ「カエル大学通信」はこちらから http://www.mag2.com/m/0001378531.html

<関連サイト>

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

「キモノ・二・キガエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kimonokigaeru

    

 

 

 

|

かえるの作品展「かえるーむ」に“大坂の蛙”を見に行こう

Kaeroom

 カエルタイムズ6号では作家の藤本義一先生が「昔話の蛙(びっき)」というエッセイを書いてくださった。昔話には『大阪の蛙(びっき)と京都の蛙』という話がある。お互いそれぞれの町を見ようと出かけ、国境の峠に来て立ち上がって眺めることにした。ところが蛙の目はてっぺんにあるから立ち上がると後ろを見ることになる。二匹はそれぞれ「京都の町は大阪そっくり」「大阪の町は京都そっくり」と叫び、出かけるまでもないと峠の道をピタンピタンと帰っていったという話。藤本先生によるとこの話は東北や九州など広く知れわたっているにも関わらず、関西ではあまり知られていないということだ。先生はその理由を「京と大阪が権威、経済でお互いに張り合い、他の地方のことをあまり考えていなかった皮肉から創作されたものではないか」と分析している。

 この話とは全く関係ありませんが、間もなく大阪でかえるの作品展「かえるーむ」が開催されます。大阪に蛙を見に出かけてみませんか。

<かえるの作品展「かえるーむ」>

参加作家20名。カエルの作品・グッズが2000点集まります。お楽しみに。

場所 : 阪神百貨店 梅田本店9階 イベントスペースステージ9

日時 : 5月30日(水)~6月5日(火) 午前10時~午後8時(最終日は午後5時まで)

企画協力 : ゆめいろミュージアム

        〒583-0035大阪府藤井寺市北岡1-8-46 TEL.&FAX.072(952)2101

        http://homepage1.nifty.com/yumeiro/

***************************************************************************

100年カエル館・カエ~ル大学のHPはこちらから http://kaeru-kan.com/kayale-u

A-Arkのサイトでの福島県立博物館での喜多方「100年カエル館」コレクション展の報告はこちらから  http://www.amphibianark.org

メルマガ「カエル大学通信」はこちらから http://www.mag2.com/m/0001378531.html

<関連サイト>

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

「キモノ・二・キガエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kimonokigaeru

    

|

カエルが案内する博多人形の「東京新作展」

100_0653

  福岡市では、毎年東京で代表的特産品である博多人形の新作を展示する「東京新作展」を開催しています。昨年までは池袋にあった「全国伝統的工芸品センター」で行われていましたが、その施設が今年から青山に移転。「伝統工芸青山スクエア」として開設されました。同新作展はその最初のイベントになります。

 これまでイベントでは絵付け教室なども行われ、写真のカエルは素焼きの博多人形に自分たちで絵付けしたものです。今年は同展の展示にカエルの作品があるかどうかはわかりませんが、今第一線で活躍中の伝統工芸士によるすばらしい博多人形の数々をご覧いただけますので、ぜひご来場ください。

 また、オープンしたばかりの「伝統工芸青山スクエア」には全国各地のさまざまな伝統工芸品が集められ、展示・販売されています。カエルのものがひとつでも見つかったらうれしいですね。これを機会に覗いてみてはいかがでしょう。

<第63回新作博多人形展>

■日時 : 平成24年5月11日(金)~16日(水) 11時~19時(最終日は17時まで)

       ※5月13日(日)は定休日

■会場 : 伝統工芸青山スクエア(東京都港区赤坂8-1-22 赤坂王子ビル2F)

       TEL.03(5785)1001 http://kougeihin.jp/top

■料金   入場無料

●主催 福岡市 一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会 福岡市伝統的工芸品振興委員会 

●後援 経済産業省 国土交通省 中小企業庁 福岡県 福岡商工会議所

***************************************************************************

100年カエル館・カエ~ル大学のHPはこちらから http://kaeru-kan.com/kayale-u

A-Arkのサイトでの福島県立博物館での喜多方「100年カエル館」コレクション展の報告はこちらから  http://www.amphibianark.org

メルマガ「カエル大学通信」はこちらから http://www.mag2.com/m/0001378531.html  

<関連サイト>

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

「キモノ・二・キガエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kimonokigaeru

   

|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »