« カエルが冬眠の季節に「穴の中のヒキガエル」を食べる?! | トップページ | ベランダで活躍、カエルのピック »

三谷伸也さん(鳥羽水族館)が外国産のカエルについて語ります

Photo

2012年の春のカエルトーク・イベントは3月3日(土)のひな祭りの日に行う予定で計画中です。3月初めといえば啓蟄の頃。カエルたちも少しずつ目覚め始めるかもしれません。このイベントでは、カエルと人間の関係から生まれた文化史についての講演が聞けることをひとつの特徴にしています。もちろん、「カエル」がテーマですから、毎回、生物のカエルやその保護活動についての講演もあり、さらに今度はいつも以上にたっぷりと自然界に棲息するカエルについてのお話があります。

今度のイベントで、外国産のカエルを飼育・研究する立場からさまざまな世界のカエルについて語ってくれるのは鳥羽水族館の三谷伸也氏。三谷さんはパラグアイ、台湾、ボルネオ、マレー半島、タイ、パプアニューギニアなどでカエル調査を行った経験もおもちです。写真は三谷さんが送ってくださったイエアメガエル(オーストラリアやニューギニアに棲息している)。今にも何かしゃべり出しそうなカエルですね。

ブログやメルマガでは同イベントについて随時情報を発信していきます。

100年カエル館・カエ~ル大学はこちらから http://kaeru-kan.com/kayale-u

メルマガ「カエル大学通信」はこちらから http://www.mag2.com/m/0001378531.html

<関連サイト>

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

「キモノ・二・キガエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kimonokigaeru

|

« カエルが冬眠の季節に「穴の中のヒキガエル」を食べる?! | トップページ | ベランダで活躍、カエルのピック »

博物館・イベント」カテゴリの記事