« 京都の御池(おいけ)でカエルが薫る | トップページ | 「空からオタマジャクシが降って来た」現象2011 »

カエルづくしの2日間、松本かえるまつりで会いましょう。

Sample_kaerumatsuri2011_omote Sample_kaerumatsuri2011_ura

長野県松本市のナワテ通りで毎年開催されているかえるまつりをご存じだろうか。町おこし的に誕生したお祭りで、全国のカエルを愛する人たちから支持されて盛り上がってきた。21世紀に始まったイベントにもかかわらず10年続いたというのは、新しい伝統につながるお祭りといえるのではないだろうか。

実をいうと私たちは、100年カエル館の活動をスタートさせる前、第1回目の松本かえるまつりに参加させていただいた。2002年のこと、私たちはコレクションのなかからお分けできるものをフリーマーケットで販売した。朝からたくさんのカエル好きの方が詰め掛けてくれて大盛況となった。なかには破損しているカエルでも買いたいという方がいて、カエルグッズ愛好家の独特のこだわりに驚かされたものだ。

2005年にはカエルタイムズを創刊し、それを販売させていただいた。その後は、直接は参加しなかったものの、カエルタイムズや100年カエル館のHPで告知や報告で協力させていただいた。そして初回からこのお祭りをリードしてきた山本桂子さんから、今年が第10回目と聞いて、歳月の過ぎ行く速さに驚かされた。

今年は「カエルグッズコレクションについて~集めることで見えてきたカエルのこと」というテーマでお話させていただくことになった。話すことは得意じゃないのだが、カエルグッズを集めることやカエル文化について考えることの楽しさを、いくらかでも伝えることはできるかもしれない。今月25日、26日の2日間、カエルづくしの松本かえるまつりにいらっしゃいませんか。

※私の講演は、6月25日午後2時からです。また、25日、26日の両日、ナワテ通りの空き店舗で100年カエル館のカエルグッズコレクションの展示も行いますので、お楽しみに。

※お問い合わせ/Tel.0263(39)5552(夜18:00~22:00 担当 山本) http://pinokionosato.but.jp/frog/

100年カエル館・カエ~ル大学はこちらからhttp://kaeru-kan.com/kayale-u/

|

« 京都の御池(おいけ)でカエルが薫る | トップページ | 「空からオタマジャクシが降って来た」現象2011 »

博物館・イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カエルづくしの2日間、松本かえるまつりで会いましょう。:

« 京都の御池(おいけ)でカエルが薫る | トップページ | 「空からオタマジャクシが降って来た」現象2011 »