« 香り かぐわしき名宝展で2匹のカエル発見 | トップページ | 「かめ・かえる館」の福井県全在来種の蛙と私たちの身近にいる蛙 »

2011年もうすぐ夏、今年もカエル・アート展が楽しみ

033

 札幌市にある、その名も「カエルヤ珈琲店」では、目と鼻の先にある北海道立近代美術館の企画展に合わせた“カエルの絵”を展示するのが恒例となっている。その作品はまた改めて紹介させていただきたいが、セザンヌ展も、佐伯祐三展も、浮世絵展も、古代ローマ展も、本願寺展も、エジプト展も、美術館で実物の作品を見た後にこの喫茶店に入ると、そのカエル・バージョンを楽しめる。それをここでは“なんちゃってカエル名画”と謳っているが、カエルが好きでもそれほどでなくても、思わずくすっと笑えて和めるカエル・スポットである。

 そんな“なんちゃってカエル名画”の描き手の福士ユキコさんは、同店のオーナー、井野さんのお姉さんである。8年前にお店がオープンしたときに、カエル好きの妹さんからカエルの絵を描いてほしいと発注を受けたのがカエル・アートを始めるきっかけだったという。

 その福士さんが、今度、やはり札幌市にあるギャラリーでカエルの絵の個展を開く。タイトルは「かえるえか」。前から読んでも後ろから読んでも「かえるえか」。サブタイトルにfrog fables とついている。fables(= 寓話、作り話、うそ、伝説、神話)。紹介した画像は、DMハガキに使用されている作品だが、“なんちゃってカエル名画”を知っている目で見ると、さて何の名画だっただろうと考えてしまうのだが、これは正真正銘福士さんのオリジナルである。

 最近、ブリューゲルなど中世絵画に魅かれているという彼女は、きのこに乗ったカエルを少女世界とちょっぴり不気味な雰囲気のなかで表現している。ブリューゲルの時代の謝肉祭に現代の女の子が紛れ込んだような・・・、と。なさそうで、ありそうで・・・・。中世のようで、現代でもあるような・・・。さて、その正体は・・・、なんだ「かえるえか」と軽く受け止めて、もう一度安心して画面の中に入って遊べるような、そんな作品である。

 この作品以外にも新作をメインに大小合わせて10~20点ぐらいのカエルの絵(一部他の生き物の絵も)が展示される予定。

【福士ユキコ作品展 「かえるえか」frog fables】

場所:コンチネンタルギャラリーB室                                        札幌市中央区南1条西11丁目 コンチネンタルビルB1                     TEL.011(221)8511 FAX.011(281)0950

会期:2011年6月14日(火)~19日(日) 10:00~18:00

<その他のカエル・アート展>

【てごころ展】

100_2629

陶器でコミカルなカエルの作品を制作している佐藤亜紀さんの作品が見られます。

場所:ギャラリー・ユー                                         神奈川県鎌倉市雪ノ下1-4-29 ※JR鎌倉駅東口下車徒歩7分               TEL&FAX 0467(22)3016

会期:2011年5月24日(火)~5月30日(月) 11:00~19:00(最終日は17:00)

|

« 香り かぐわしき名宝展で2匹のカエル発見 | トップページ | 「かめ・かえる館」の福井県全在来種の蛙と私たちの身近にいる蛙 »

博物館・イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年もうすぐ夏、今年もカエル・アート展が楽しみ:

« 香り かぐわしき名宝展で2匹のカエル発見 | トップページ | 「かめ・かえる館」の福井県全在来種の蛙と私たちの身近にいる蛙 »