« Webカエ~ル大学開校フェアは無事終了しました | トップページ | 『かえるのしゃちょうさん』にグチをこぼしたい人は多いかも »

カエル好きなら一度は入居したい『かえるのアパート』

Apart

間もなく開校するWebカエ~ル大学には「カエルの本の図書館」があります。これは100年カエル館に収蔵された、「カエル」が中心テーマになっている本を1冊ずつ解説していくコンテンツになります。ジャンルも図鑑、絵本、生物学、文化史、漫画、キャラクター本等々、幅広く収集しています。なかでも多いのが絵本。カエルは擬人化しやすいからか、さまざまな絵本の中に“生息”しています。いずれ「カエルの本の図書館」に収蔵される絵本を同ブログで少しずつご紹介しましょう。

『カエルのアパート』 

文・佐藤さとる 絵・林 静一

発行:講談社 昭和57年9月28日発行

 三輪車に乗った男の子、あっちゃんの前にぴょんと飛び出してきた一匹のカエル。そのカエルは言葉を話す。カエルはあっちゃんに、赤と白のしぼりの椿(つばき)の根本にあるアパートを探していると言う。季節はそろそろ冬に向かう頃。そう、カエルは冬眠するために、そのアパートに“入居”したかったのだ。

 コロボックルシリーズで知られる佐藤さとるが書くそんな可愛らしいストーリーに、CMの「小梅ちゃん」の絵も人気の林静一が、奇妙な雰囲気のカエルを描く。断面で表現された、椿の木の下にある「かえるのアパート」には、カエル好きなら思わず“入居”したくなるだろう。

 枕と旅行かばんをもったカエルは、人間の言葉を喋り、擬人化されている。しかし、その物語のモチーフは、野外の蛙が毎年繰り返す生活場所の移動、冬眠する場所が人間の手によって取り払われてしまうと困る蛙の生活事情がたくみに織り込まれている。そして、椿の木(の下のアパート)に象徴される、失われた自然も、その椿の“子ども”が“第二つばき荘”となり寒い季節からカエルを守ってくれるように、再生が可能であることを伝えている。

 あっちゃんは、第二つばき荘のそばに冬眠明けのカエルのための小さな池がほしいと思う。そうすれば、また会えるから。自然と人間の、「そうあればいいのにね」と思える関係を、日常シーンのなかにさり気なく描いた素敵なファンタジーである。

(ファンタジーとネイチャー)

カエルの種類:たぶんアマガエル

カエルの生活行動:冬眠、移動、繁殖には水辺が必要

|

« Webカエ~ル大学開校フェアは無事終了しました | トップページ | 『かえるのしゃちょうさん』にグチをこぼしたい人は多いかも »

カエルの本の図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カエル好きなら一度は入居したい『かえるのアパート』:

« Webカエ~ル大学開校フェアは無事終了しました | トップページ | 『かえるのしゃちょうさん』にグチをこぼしたい人は多いかも »