« 二人のケビンさんとカエル | トップページ | カエル・サンショウウオを救う二人のケビンさん その2 »

2010年をフリカエル、2011年をムカエル

100_1876

2010年も間もなく終わり、また新しい年を迎えます。2010年はどんなカエルとの出会いがあったでしょうか。今年、カエルタイムズは1回しか発行できませんでしたが、待望の「カエル文化シンポジウム」を2回開催することができました。かねてから想像していたカエル文化のおもしろさに真正面からぶつかってみたことで、カエルの世界の新たな地平を切り開けるような手応えを感じました。2011年は、その経験を活かして引き続きトークイベントなどを企画いたしますのでご期待ください。

 2011年は2月11日からジュンク堂書店池袋店の理工書フロアでカエルフェアを行いますのでお楽しみに。カエルタイムズは1月末頃~2月初旬に13号を発行予定しています。

 最近は、一般紙の政治・経済面で「茹でガエル」という文字が目に飛び込むことがあります。危機に際して生温い考えでいるといずれ取り返しがつかなくなることの喩え(たとえ)に使われているようです。

 田んぼや里山のみならず、アートや文化、社会生活の意外なところにカエルは潜んでいます。「大方は同じ顔なる蛙かな」は、夏目漱石の一句ですが、写真のカエルグッズのように確かに基本の構成は単純でみんな同じような顔のカエルたち。でも、どこかが違う。その違いこそが魅力なのかもしれませんね。2011年もあまたある現象のなかから“カエル”を発見して、その意味するところやおもしろさを探っていきたいと思います。

 2011年もどうぞよろしくお願いします。

|

« 二人のケビンさんとカエル | トップページ | カエル・サンショウウオを救う二人のケビンさん その2 »

カエルタイムズからのお知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二人のケビンさんとカエル | トップページ | カエル・サンショウウオを救う二人のケビンさん その2 »