« 空からオタマジャクシが降って来た事件の真相 | トップページ | カエルツボカビのその後と日本のカエルへの影響 »

本邦初上演で宙に舞った、カエルのジェレミー・フィッシャーどんにブラボー

Photo_2

<2009年をふりかえる カエルの舞台>

 2009年の間もなく啓蟄という2月25日

~3月1日に、Bunkamuraオーチャード

ホール(東京・渋谷)では、20周年記念

企画として熊川哲也Kバレエカンパニーに

よる「バレエ ピーターラビットと仲間たち」

が上演された。

 同バレエ作品は、世界中で愛されている

イギリスのビアトリクス・ポターの絵本を原作に

したもので、英国ロイヤル・バレエ団で92年に

舞台化されて以来、繰り返し上演されている

人気作品。

振付はサー・フレデリック・アシュトン(1904-

1988)。この門外不出のヒット作が日本で

見られるとあって、特に日本に多いといわれる

ピーターラビットファンが家族連れ、友人連れで

詰め掛けた。

 この作品の最大の魅力は、ポターの絵のまま

の世界がバレエになっていることだ。それを可能

にしているのが、ダンサーがすっぽり身を包んで

も自由に動け、且つ動物たちの姿かたちがみごと

に再現された「着ぐるみ」。それを着たダンサーたち

が、名振付家アシュトンによる複雑なステップと

リアルな動きで踊る。

 そして本紙が今か今かとその登場を待ち望んだ

のは、カエルのジェレミー・フィッシャーどん(写真)

の登場。ダンサーは、公演日によって清水健太

(プリンシパル)と遅沢祐介(ファースト・ソリスト)が

担当。原作でもバレリーナのような足に描かれて

いる彼が、ダンサーの高いジャンプ力を活かして

踊る姿はまさに「水を得た魚」ならぬ「水を得た蛙」。

 因みに英国ロイヤル・バレエ団時代の熊川氏は、

このジェレミー・フィッシャーどんの役で踊っている。

(写真撮影:小川峻毅)

※12月17日アップした記事にジェレミー・フィッシャー

を担当した二人のダンサーの名前を記載しました。

|

« 空からオタマジャクシが降って来た事件の真相 | トップページ | カエルツボカビのその後と日本のカエルへの影響 »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本邦初上演で宙に舞った、カエルのジェレミー・フィッシャーどんにブラボー:

« 空からオタマジャクシが降って来た事件の真相 | トップページ | カエルツボカビのその後と日本のカエルへの影響 »