« 「スキスキ大スキ!カエル展」をふりかえる | トップページ | ”カエル女子”のマストアイテム、「フロッグタイム」新発売 »

2010年へ、ふりかえる、自分をかえる、福かえる

Img4091_1_2

2009年を振りかえると、遅ればせながら

HPを立ち上げたことが、100年カエル館

の大きなニュースのひとつに挙げられる。

HPによって同館のことを初めて知ったと

いう方がいらっしゃったらとてもうれしい。

 そして”無名無実”になりつつあった

 カエルタイムズ編集長の私も、ブログを

「Blogカエルタイムズ」にすることで、少し

でも責任のようなものを果たすことができ

て心軽やかに年が越せそうである。

それにしても、初めてブログをアップした

ときは、その”ライブ感”にインターネットの

もつすごさを感じた。と、いうのは、長くPR

誌などの印刷物の制作をしてきた身には、

10ページ以上の冊子を発行するために

原稿や写真、イラストなどの素材を集めて

デザインに回して、印刷に回して、最低でも

2~3ヶ月はかかるのがあたりまえだった。

 ところが、ブログの場合、いま思ったこと

をすぐに発信することができる。文章を書く

仕事をしている者にとって、その違いは大

きい。それだけに、自分が発信する言葉が

不特定多数の人に向けられたとき、どんな

意味をもつのか敏感になる必要があると

思う。

 そしてネット社会が広がっていくことで、

街の風景も変わってくのだろうと想像する。

たぶん、2009年に起こった政治、経済、

文化におけるさまざまな現象の背景に

ネット社会の浸透があるのは紛れもない

事実だ。

 もちろん、悪いことばかりじゃない。今まで

にない可能性が試せるのも新しい時代なら

ではだ。21世紀のゼロ年代も終わり、いよい

よ10年代が始まる。その大きな流れを感じて

100年カエル館のHPではWEBミュージアム

を充実させていこうと思っている。

 そして、Blogカエルタイムズも・・・。どちらも

ネット外での行動があってこそ皆さんに楽しん

でもらえるものになると思うので、実人生をせい

いっぱい生きていきたい。

 自然界でカエルが元気に生きていて初めて、

カエルグッズやカエル文化がおもしろくなるように。

※カエルと言葉シリーズ第2弾として

「カエルの語り絵馬」を発売いたしました。

詳しくはhttp://kaeru-kan.com

  

 

 

 

|

« 「スキスキ大スキ!カエル展」をふりかえる | トップページ | ”カエル女子”のマストアイテム、「フロッグタイム」新発売 »

Blogカエルタイムズ社説」カテゴリの記事