« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

『蛙辞林』ができました!

Photo_2

長らく予告状態になっておりました

『蛙辞林』が、本日、ついに完成し

ました。この週末からの連休などに

実際にご覧になりたい方は、

ジュンク堂書店池袋店の7階か、

吉祥寺のカエルグッズのお店

Caveにお出かけいただけると

とてもれしく存じます。

 もちろん、秋の行楽がてら

福島県喜多方市の100年カエル館

にお越しいただいても手にとって

いただけます。ここででしたら

『蛙辞林』に取り上げたカエルグッズ

の実物をご覧いただくことも可能です。

 自然界に棲む蛙たちが、生態系ピラ

ミッドの中間にいてさまざまな動物たちと

関わって生きているように、人間界に

おいても世の中で何か発信していく

ことは、社会のいろいろな仕組みに

左右されながらもそれを通過することで

より多くの人々とつながることができる

ようです。

 そんなことを感じながらカエルをテーマに

活動を続けてきたこの5年間。100年カエル館

という小さな博物館も、カエルタイムズという

新聞もまだまだ未熟で、世の中というスケール

で測るなら改善しなければならないことが

たくさんあります。

 そんななかで今回は『蛙辞林』という、いわば

”辞書の絵本”を出版することになりました。

 『蛙辞林』は、22日の朝日新聞夕刊の

マリオン「ブームの卵」で紹介していただき、

ご覧いただいた皆様からご予約もいただき

ました。この場から御礼申し上げます。

 私たちは今後、『蛙辞林』を販売に、さま

ざまな場所に出没する予定です。どこかで

お会いできることを楽しみにしております。

 

 

 

 

 

| | トラックバック (0)

カエルグッズで日本語を楽しむブックレット 『蛙辞林』(あじりん)まもなく創刊

Photo

早いもので「100年カエル館」は、今年で

開館5周年を迎えた。それを記念して、

近日、同館で所蔵するカエルグッズによる、

ことわざや四字熟語など日本語を楽しむ

ブックレット『蛙辞林』を創刊する。

 タイトルからお察しいただけるように、

同書は株式会社三省堂が発行する

国語辞書『大辞林』ならぬカエルの「辞林」

で、まるでそのことわざや四字熟語を意識

して作られているのではと思えるような

カエルグッズの写真を見て楽しんで、かつ

それらの言葉の意味をヴィジュアルイメージ

で伝える、いわば”辞書の絵本”である。

 また、それぞれのことわざや四字熟語には、

今回、登録商標の使用許可をいただいた

『大辞林』を参考にした意味の説明と、カエル

グッズのイメージに合わせた、カエルの生物的

特徴や文化的意味から発想した解説を付けて

いる。

 かねてから思っていた「カエルは言葉の生き物」

という説を、すでに所蔵しているたくさんのカエル

グッズやこれから出会うであろうさまざまなカエル

グッズと、言葉を介してふれあうことで証明して

みたい。私たちはこれをシリーズ化して発行して

いく予定である。第一弾は10月末刊行予定。

(詳しくはまもなくHPにてアップします。)

 尚、カエルタイムズは、リニューアルして発行

すべく、現在編集中。もうしばらくお待ちください。

 

 

 

 

 

| | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »