« 鶴ヶ城とカエル | トップページ | 両生類誌とカエル博士 »

カエルは言葉の生き物 1

Cimg1474

つねづね感じていることに、カエルは

言葉の生き物だということがある。

カエルが縁起物として扱われる理由も

縁起のいい言葉の語呂合わせに適して

いるからだろう。そこで100年カエル館

がミュージアムグッズとして制作し、販売

しているのが写真のカエルのお守りカード。

 今日は、100年カエル館オープン当初、

「カエルからのお知らせVol.2」として配布

したフライヤーに書いたコラムをご紹介する。

【日本人とカエル】

 日本人とカエルのつきあいは長い。そもそも

あの生き物の蛙が、人間によって「カエル」と

呼ばれるようになったのは、冬眠のために地上

から姿を消す蛙が、春になると再び姿を現す、

つまり「ヨミガエル」からだという説がある。

 そのカエルが後世語呂合わせに多用される

運命をたどったのは、その命名に始まっていた

のかもしれない。

 日本におけるカエルのモノの歴史も古い。

縄文土器の絵柄にも施されているし、弥生時代

につくられたとされる最古の絵入り銅剣にも

カエルの絵が見られる。

 日本に限らず稲作地帯の多いアジアでは、

カエルは恵みの雨を降らせる水霊として崇めら

れてきた歴史があり、今もカエルグッズの宝庫

である。

 私たちが何気なく口にする「~かえる」。ふと

気づくと目にすることがあるカエルの絵柄や

造形物。それはあまりにも身近だった日本人と

カエルの関係を物語るものだ。江戸時代になる

とカエルは花鳥画のなかに描かれた。

 今では広告やCMでカエルのヴィジュアルや

語呂合わせのカエルを使ったコピーを目にする

ことも多い。それも古代の日本人が仕事の道具

にふとカエルの絵柄を入れた時と、同じDNAの

なせる業だといったら言いすぎだろうか。

|

« 鶴ヶ城とカエル | トップページ | 両生類誌とカエル博士 »

カエル」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カエルは言葉の生き物 1:

« 鶴ヶ城とカエル | トップページ | 両生類誌とカエル博士 »