100年カエル館からのお知らせ

『ときめくカエル図鑑』が山と溪谷社の「ときめく図鑑Pokke!」シリーズで文庫化されることになりました。

Photo_20210524123901

2013年に初版が刊行された拙著『ときめくカエル図鑑』(監修・桑原一司 写真・松橋利光 文・高山ビッキ 山と溪谷社刊)が、同社の文庫シリーズ「ときめく図鑑Pokke!」の1冊として6月16日から発売されることになりました。

単行本に掲載された愛らしいカエルたちが、文庫サイズになり増ページされたことで新しい水を得たカエル(!?)のごとく新たな輝きを放っています。また、昨今、カエルを含む両生類は世界的に分類や学名の変更が進んでいます。本書に紹介している87 種のカエルは約40種の学名と約20種の科名が改訂されているので今回の文庫化に伴い変更いたしました。

山と溪谷社では、今年、『ときめく図鑑Pokke!』シリーズを発売します。いずれも同社の専門ジャンルである自然図書のなかで、自然界に存在するものや自然界に生きるものにときめきを感じている立場から、対象物となっている図鑑ページを中心に、その魅力を文化やグッズ、飼い方・撮影のしかたなどのつき合い方、そして、いまその分野が注目されている理由などにも広げて紹介しています。

同シリーズのラインナップは、

●ときめくカエル図鑑(2021 年 6 月刊行)●ときめく貝殻図鑑(2021 年 6 月刊行)●ときめく鉱物図鑑(2021 年夏刊行予定) ●ときめく星空図鑑(2021 年夏刊行予定) ●ときめくコケ図鑑(2021 年夏刊行予定)●ときめくきのこ図鑑(2021 年夏刊行予定)

『ときめくカエル図鑑』は、単行本に引き続き桑原一司さんの監修のもと、世界と日本のカエルの分類や学名等の変更を反映し、内容を吟味・調整いたしました。その再編集作業を行いながら、松橋利光さんならではのカエルにときめく一瞬をとらえた写真で一種一種に向き合うことで、改めてカエルという生きものの素晴らしさを実感することができました。

カエルたちを通して日本や世界の自然について感じることのできる本書は、図鑑であり写真集であり、カエルと人との関係を伝える本でもあります。それが『ときめく図鑑Pokke!』シリーズでポータブルになり、「カエル」をいつでもどこへでも連れて行くことができるようになりました。本書を「カエル」を知るための入門書として多くの皆さんに読んでいただき、さらに広く、深くカエルに興味をもつきかっけにしていただければとてもうれしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

 

|

100年カエル館より新年のご挨拶を申し上げます

2021

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いいたします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm  

 

 

|

日刊ゲンダイのサイト「コクハク」に「ビッキのときめくカエルライフ」の第3回が配信されました。

Frogstyle

日刊ゲンダイのサイト「コクハク」に3回にわたって連載させていただいた「ビッキのときめくカエルライフ」。最終回は2002年に登場し今も特にカエル好きの間では変わらぬ人気をもつカエルのキャラクター、フロッグスタイルと生きもののカエルの関係について書かせていただきました。

https://kokuhaku.love/articles/7446

でお楽しみいただけましたら幸いです。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

|

日刊ゲンダイのサイト「コクハク」に「ビッキのときめくカエルライフ」の第2回が配信されました。

Photo_20200510130101

日刊ゲンダイのサイト「コクハク」に2月に配信された「ビッキのときめくカエルライフ あなたも“カエラー”に!カエルグッズでカエルライフを楽しむ」に続き、本日「ビッキのときめくカエルライフ」の2回目「ハッピーフロッグの謎…カエルはなぜ縁起がいいの?」が配信されました。

https://kokuhaku.love/articles/6314

お楽しみいただけますでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。

 

|

2020年の100年カエル館の休館とカエ~ル大学の休止をお知らせいたします。

Omote

 いつも大変お世話になっております。100年カエル館とカエ~ル大学は、今回の新型コロナウイルスによる社会状況が収束に至るまで休館・休止とさせていただきます。ブログやメルマガの配信は続けて参ります。カエ~ル大学2019の「カエル白書NO.3」は、今回、100年カエル館HPトップ面からご覧いただけるサイト「コトバデフリカエル」にてまもなく掲載いたします。変わらずお付き合いいただけますようよろしくお願いいたします。

何卒よろしくお願い申し上げます。

100年カエル館&カエ~ル大学 

 

|

100年カエル館企画「カエルアートマン20 日本のカエルがHENSHIN」の中止についてお知らせいたします。

20dm

100年カエル館は、今年2020年のGWに京王プラザホテル(東京・新宿)のロビーギャラリーにて、柴田まさるのスケッチ画展「カエルアートマン20 日本のカエルがHENSHIN」の開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルスの影響により中止させていただくことになりました。同企画につきましては改めてご覧いただける機会を待ちたいと思っております。何卒よろしくお願いいたします。

 

 

|

日刊ゲンダイのサイト「コクハク」で「ビッキのときめくカエルライフ」を掲載しています。

10_20200226185901

ⓒ 1994NAKAJIMA CORPORATION

本日、日刊ゲンダイのサイト「コクハク」に書いた、「ビッキのときめくカエルライフ あなたも“カエラー”に!カエルグッズでカエルライフを楽しむ」がアップされました。

https://kokuhaku.love/articles/5341/3

どうぞよろしくお願いいたします。

|

2020年もカエルで楽しく健やかに。

Img013

100年カエル館とカエ~ル大学は、2020年のオリンピックイヤーにカエルジャンプをしてがんばりたいと思います。

本年もよろしくお願い申し上げます。

高山ケロリ&ビッキ

|

Xmas特集 けろけろけろっぴと昭和のクリスマス

Photo_20191218083801

今年はこのブログで4回にわたってカエルのXmas特集を掲載しました。最終回はサンタクロース姿のけろけろけろっぴをご覧いただきましょう。けろけろけろっぴが登場したのが1988年。ということは昭和63年生まれで、けろけろけろっぴは昭和末期を代表するカエルのキャラクターだったのだと気づかされます。思えば昭和は40年代の高度経済成長期以降、日本でもクリスマスになると会社や飲み会帰りのお父さんたちが家族のためにクリスマスケーキを買うシーンが恒例になり、その盛り上がりはけろっぴが生まれた頃まで続いたと言っていいでしょう。今回のクリスマスは令和になって初めてのクリスマスですが、今もけろけろけろっぴはキャラクターとしてがんばっていて、今年のサンリオキャラクター大賞では11位と健闘しています。サンタクロースに扮したけろっぴは、昭和ロマンを心に秘めたけろけろけろっぴからの応援メッセージかもしれません。

 

|

Xmas特集 クリスマスソングの王様がカエルの王様に、ジングルベル

Photo_20191208141501 Photo_20191208141502

12月に入り、クリスマスはもうすぐ。「SANTA CLAUS IS COMMIN'TO TOWN(サンタが町にやって来る)」季節です。クリスマスといえば亡くなって40年以上も経つというのに、この人の声を聞くと心穏やかでロマンティックになれるクリスマスソングの王様、ビング・クロスビー(1903-1977)。「ホワイトクリスマス」をはじめクリスマスソングを数多く歌っています。亡くなる1977年には若きデヴィッド・ボウイとクリスマスソングとして「リトル・ドラマー・ボーイ/ピース・オン・アース」をデュエットしたことを印象深く記憶している方もいるのではないでしょうか。

もちろん「JINGLE BELLS(ジングルベル)」も歌っています。今回はカエルからのビング・クロスビーへのオマージュとしておなかの辺りを押すと「ジングルベル」のサビの部分を歌うぬいぐるみの画像をご覧いただいています。ビング・クロスビーは「サンタが町にやって来る」と「ジングルベル」で1930年代から1960年代に活躍したアメリカの3人姉妹、アンドリューズ・シスターズと共演しています。もう1点の画像はカエルのアンドリューズ・シスターズということでお楽しみいただければハッピーです。

 

 

|

より以前の記事一覧