100年カエル館からのお知らせ

カワセミ水族館のイベントに福島民友新聞の4コマ漫画のももちゃんも足を運んでくれました。

本日、2022年11月27日、7月16日からスタートした企画展「カエル」が終了します。4ヶ月と10日間にわたる会期中、アクアマリンいなわしろカワセミ水族館の皆様、そして、ご来場くださった皆様をはじめ本展に興味をもってくださった皆様に心から感謝申し上げます。

福島民友新聞の社会面に連載されているおだれいこさんの4コマ漫画の「ももちゃん」も観に来てくださったようです。

Photo_20221127130901

「ももちゃん」は2017年には100年カエル館にもご来館いただいています。

http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/vikki/2017/08/100-148e.html

「ももちゃん、来年は100年カエル館また開げっから寄ってがっせ」

100年カエル館は来年から再開予定です。皆様ぜひお出かけくださいませ。詳細は100年カエル館のサイトでお知らせしたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

|

カエルたちに、ありがとうを伝えたくて。

昨日25日に最終日間もない企画展「カエル」を観にアクアマリンいなわしろカワセミ水族館に行ってきました。同展終了後カエルグッズたちは100年カエル館に帰ることになりますが、今回生態展示されたカエルたちとはもう会えないと思い挨拶かたがたゆっくり観察してきました。すると一年のうちでもっとも活動が盛んな夏季には元気に動いていたカエルたちも、だんだん寒くなってきて冬眠体勢に入ったのかすっかり隠れてしまったか、体の半分以上が土の中に埋もれていました。

同展のカエルグッズの前期展示では、日本の春夏秋冬のカエルの行動に合わせたカエルグッズの展示も行いましたが、これからの季節は冬眠の準備を始めて春まで土の中や倒木の下あたりでじっと動かずにいるのでしょう。そういった様子を野外で発見するのは大変ですが、こうして水族館で観察できるとカエルたちがライブ出演した一冊の絵本を見るようでした。

今回の企画展の生態展示ではベトナムに生息するコケガエル、南米原産のマルメタピオカガエル、南アフリカ原産のアメフクラガエル等々、世界の珍しいカエルたちもいろいろと見ることができました。11月13日付けの福島民友新聞の「みんゆうジュニア情報局」では「世界のカエル大集合」と題した特集の中で、今回の企画展の担当飼育員の永山駿さんが本展で展示したいろいろなカエルたちを紹介していました。

そして、永山さんが福島県内に生息する種で一押しと紹介したカエルは、アズマヒキガエル。

前回のこのブログでは生態展示された二ホンヒキガエルとアズマヒキガエルの画像を掲載しましたが、隣同士の水槽の中でそれぞれ見ている人に背を向けて同じ方向に目をやっているようでした。そのまま立ち上がれば前を向いているように見えて後ろしか見えない、昔話の「大阪の蛙、京都の蛙」を思い起こさせました。

そんなアズマヒキガエルが昨日見せてくれたポーズがこれです。

Photo_20221126134801

「見返り美人図」ならぬ「見かえる美人」のような妖艶さがありました。間もなく終了となる同展を「振り返る」ポーズでしょうか。ちなみに下の画像は英国製の陶器のカエルです。モデルさんはヨーロッパヒキガエルだと思います。

Photo_20221126141801

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館

https://www.aquamarine.or.jp/kawasemi/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

|

企画展「カエル」は2022年11月27日(日)まで後期展示を開催中です。

 アクアマリンいなわしろカワセミ水族館で開催中の100年カエル館とのコラボ企画展「カエル」は、現在、後期展示が行われています。

Photo_20221025154901

夏から始まった同展も、10月15日に訪れると秋の気配。そして今、猪苗代湖周辺は紅葉も見頃になっていることでしょう。

Photo_20221025155301

生体展示中の二ホンヒキガエルとアズマヒキガエルも同じ方向に目をやって、冬眠の準備のことなどこれからのことを隣同士の水槽の中で語り合っているのでしょうか。

Photo_20221025155601

文化の秋に合わせた後期展示は、少し大人向けの内容になっています。一口にカエルグッズと言っても、骨董もあれば、最近のグッズもあります。本展で気になるカエルグッズはいくつあるでしょうか。

たとえば、全国各地にどんなお土産物があるか旅をするときの参考にしていただけます。

Photo_20221025160801

お茶やお花、お香に書道、話芸などとカエルグッズ。カエルをあしらったその道の道具があるだけで日本の伝統文化に近づけるかもしれません。

Photo_20221025161101

日本の文化は、今も昔も欧米をはじめ世界的に高く評価されています。その人気のきっかけとなったジャポニスムは意外にもカエルと関わりが深そうです。

Photo_20221025161501

今もファッションやインテリアなど私たちの生活をオシャレにしてくれるカエルグッズがとても増えています。

Photo_20221025161901

ガーデニングを楽しくしてくれるカエルたちもいろいろ。

Photo_20221025162001

企画展「カエル」は11月27日までアクアマリンいなわしろカワセミ水族館でご覧いただけます。カエルとカエルグッズがお待ちいたしております。

Photo_20221025162901

Photo_20221025192501

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館

https://www.aquamarine.or.jp/kawasemi/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

|

企画展「カエル」についてレポートいたします。

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館で開催されている企画展「カエル」は、おかげさまで開始より約1ヶ月が経ちました。

先日、ようやく足を運ぶことができましたのでレポートいたします。

磐越西線の猪苗代駅前から猪苗代町観光周遊バス「ひでよくん号」(7月16日から11月13日まで運行中)に乗り、湖水地方ならではの風景とリゾート気分を味わいながらカワセミ水族館へ。

Photo_20220820071501Photo_20220820073501

お盆休みということもあり、館内はご家族連れで賑わっていました。前期の展示では小さいお子さんも楽しめるようなカエルグッズを紹介しています。たとえば「カエルの就活」をテーマにした展示では、カエルが幼体から成体になるように、子どもから大人になってどんな職業に就きたいかイメージをふくらませられるようなカエルグッズの展示を試みています。

Photo_20220820072101

その他、カエルグッズで世界の広がりを感じてもらえるように「カエルの分布」、カエルのからだの特徴をカエルグッズで知ることができるような「カエルのからだ」、野外に生息しているカエルの1年を私たちの生活の四季のめぐりになぞらえて紹介した「カエルの生活」、カエルから生まれたメルヘンの世界などの展示をご覧いただいています。

Photo_20220820073601

100年カエル館ではこれまでも展示イベントなどで自分のカエル好き度がわかる「カエラー度チェック」を行ってきましたが、今回の企画展でもそのコーナーを設けています。すでに多くの皆さんがチェックシートにそれぞれ「カエル好き」の痕跡を残してくださっています。

Photo_20220820075001

写真の「カエラー度チェック」コーナーの左に見える絵は、柴田まさる画「マルメタピオカガエル」です。その左隣に入り口があるカエルの生態展示では本物のマルメタピオカガエルもいます。

Photo_20220820080001

そして、世界のカエルと日本のカエルに会える生態展示のコーナーへ。1種1種はキューブ型の水槽に展示されています。土に潜っていてなかなか見れないアメフクラガエルも姿を見せてくれました。

Photo_20220820082501

地元でも「ひでよくん」と親しまれている野口英世は、会津が生んだ世界的な医学者です。猪苗代町にはその生家があり記念館になっています。コロナの感染がまだ終息しないなか、移動にも緊張が強いられますが、猪苗代湖のある会津から未来に思いをはせる旅にお出かけいただければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

|

今日からアクアマリンいなわしろカワセミ水族館で企画展「カエル」がはじまりました。

Photo_20220716103101

         

Img_2065

今日から企画展「カエル」がはじまりました。7月4日の設営日に毛布にくるまれクルマでシートベルトもしっかり締めてアクアマリンいなわしろカワセミ水族館に運ばれたタイの木製のカエルは、水族館の皆さんからも「カブさん」と呼ばれて皆さんのご来場をお待ちしております。力強いポーズで考えるカエルさんです。

■企画展「カエル」

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館(猪苗代町)と100年カエル館(喜多方市)のコラボ企画の「カエル」展です。カエルの生態展示とカエルグッズの展示のそばで、あなたのカエル好き度がわかる「カエラー度チェック」にもトライできます。販売コーナーもありますので、カエルが大好きな方にもこれから好きになるかもしれない方にもお楽しみいただけます。 

場所 アクアマリンいなわしろカワセミ水族館 〒969-3283 福島県耶麻郡猪苗代町大字長田字東中丸3447-4 TEL.0242-72-1135

前期 2022年7月16日(土)~10月2日(日)

テーマ「世界のかはずとファンタジーなカエル」

100年カエル館のカエルグッズは、「カエルグッズいろいろ~カエルのくらしと暮らしの中のカエル」をテーマに、「カエルのからだ」「カエルの生活(四季)」「カエルの成長(カエルの就活)」「メルヘンのカエル」「カエルの分布」などのカテゴリーごとに楽しんでいただけます。

後期 2022年10月5日(水)~11月2日(日)

テーマ「旅するかはずとカエルの未来」

100年カエル館のカエルグッズは、「カエルグッズを楽しむ生活とカエル文化」をテーマに、「カエルのおもしろポーズ」「日本のカエル文化」「ジャポニスムのカエルたち」「ブランドのカエル・ファッション小物のカエル」「ガーデニングのカエルたち」などのカテゴリーごとに展示する予定です。

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館HP

https://www.aquamarine.or.jp/kawasemi/

 100年カエル館HP

http://kaeru-kan.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

 

|

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館とのコラボによる「カエル展」を開催します。

4_31 4_32

100年カエル館は今年は年内休館しておりますが、猪苗代町にあるアクアマリンいなわしろカワセミ水族館にて同館とのコラボで「カエル展」を開催いたします。コロナ下ではございますがお出かけいただければ幸いに存じます。

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館 https://www.aquamarine.or.jp/kawasemi/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

|

カワセミ水族館での「カエル展」の設営をしてきました。

Photo_20220705074501

昨日(2022年7月4日)、16日(土)から始まるアクアマリンいなわしろカワセミ水族館での「カエル展」の展示のしつらえをしてきました。いつも100年カエル館の玄関先でお客様を迎える、愛称「カブ」(頭が野菜の蕪に似ていることからそう呼ぶように)も毛布に包まれ、クルマの後部座席でシートベルトをして向かいました。

Img_2065

「カエル展」が終了する11月27日(日)まで、カワセミ水族館の入り口でご来場の皆様をお迎えすることになります。

カワセミ水族館は湖水地方の猪苗代町にありますが、今年は国内外のカエルたちが集まり、ガジュマルが生い茂ったような亜熱帯の雰囲気の会場の中で、夜行性のカエルたちの活動も見られるファンタジックな世界が出現しそうです。100年カエル館の展示は、展示ケース5台で「カエルのからだ」「カエルの生活」「カエルの就活」「メルヘンのカエル」「カエルの分布」を切り口に、生きもののカエルたちのそばでカエルグッズを楽しんでいただく、もうひとつのファンタジーへといざないます。

100年カエル館は現在休館中ですが、今年は夏から秋にかけてカワセミ水族館でのカエルグッズの展示を楽しんでいただければうれしいです。

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館 https://www.aquamarine.or.jp/kawasemi/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

|

冬眠から覚めれば桜の季節に

Photo_20220410135201

 4月初旬の会津はまだ寒く、100年カエル館の庭で冬眠から覚めないアマガエルを見つけました。

50_20220410135201

 たぶん桜の開花の前にはこのクレイアートのカエルさんのようにパチッと目が覚めて、今年の活動を開始するでしょう。この3㎝ほどのカエルのミニチュアは、30年ほど前にロンドンのコベントガーデンで購入したものです。世界中にカエルが棲息していて、世界各地にカエルグッズをつくる人がいると思うと、心はいつも春の日差しのように暖かくなります。

 100年カエル館はコロナの終息を待って再開の準備作業を進めています。庭の整備もそのひとつ。蔓(つる)植物に手を焼くことも多いのですが、そんな時に思いがけなくカエルさんに出会うといいことがあるような気がします。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/froggy_museum/

 

 

 

|

今年もカエルとともにどうぞよろしくお願いいたします

30_20220106085501

柴田まさる画「トラアシネコメアマガエル」

新年明けましておめでとうございます

今年の干支に因んで、カエル好きの画家、故柴田まさるさんが描いたトラアシネコメアマガエルを紹介いたします。この種は南米のアマゾン川流域に分布していて、その体や行動の特徴はMonky Frog、Orange-sided Leaf Frogなどいくつかある英名によく表れています。

もうひとつが、Tiger-striped Leaf Frog。和名がトラアシネコメアマガエルです。確かにわき腹から肢にかけてのストライプがトラ柄のように見えます。天敵を混乱させる迷彩色になっているのでしょう。繁殖期以外は高い樹の上で生活しているのでなかなか出会えないカエルのようです。

同種のようなネコメアマガエルのなかまの学名にはmedusa(メドューサ)という言葉が入っていて、その目を見つめたらきっと固まってしまうと思えるほど美しいのだろうと、『ときめくカエル図鑑』にも書きました。昨年文庫化した本書では、近年、両生類の分類体系が大きく変化していることから単行本のときの学名の変更が多くありました。

このトラアシネコメガエルは掲載しませんでしたが、本種の学名もPhyllomedusa tomopternaからCallimedusa tomopternに変更されています。もちろんmedusaは入っています。

今年も身近なカエルから世界のカエルまでいろいろな情報を集めたいと思っています。

100年カエル館は今年もコロナの状況を見ての活動となりますが、再開の準備は進めていますのでもう少しお待ちください。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/froggy_museum/

 

|

『ときめくカエル図鑑』が山と溪谷社の「ときめく図鑑Pokke!」シリーズで文庫化されることになりました。

Photo_20210524123901

2013年に初版が刊行された拙著『ときめくカエル図鑑』(監修・桑原一司 写真・松橋利光 文・高山ビッキ 山と溪谷社刊)が、同社の文庫シリーズ「ときめく図鑑Pokke!」の1冊として6月16日から発売されることになりました。

単行本に掲載された愛らしいカエルたちが、文庫サイズになり増ページされたことで新しい水を得たカエル(!?)のごとく新たな輝きを放っています。また、昨今、カエルを含む両生類は世界的に分類や学名の変更が進んでいます。本書に紹介している87 種のカエルは約40種の学名と約20種の科名が改訂されているので今回の文庫化に伴い変更いたしました。

山と溪谷社では、今年、『ときめく図鑑Pokke!』シリーズを発売します。いずれも同社の専門ジャンルである自然図書のなかで、自然界に存在するものや自然界に生きるものにときめきを感じている立場から、対象物となっている図鑑ページを中心に、その魅力を文化やグッズ、飼い方・撮影のしかたなどのつき合い方、そして、いまその分野が注目されている理由などにも広げて紹介しています。

同シリーズのラインナップは、

●ときめくカエル図鑑(2021 年 6 月刊行)●ときめく貝殻図鑑(2021 年 6 月刊行)●ときめく鉱物図鑑(2021 年夏刊行予定) ●ときめく星空図鑑(2021 年夏刊行予定) ●ときめくコケ図鑑(2021 年夏刊行予定)●ときめくきのこ図鑑(2021 年夏刊行予定)

『ときめくカエル図鑑』は、単行本に引き続き桑原一司さんの監修のもと、世界と日本のカエルの分類や学名等の変更を反映し、内容を吟味・調整いたしました。その再編集作業を行いながら、松橋利光さんならではのカエルにときめく一瞬をとらえた写真で一種一種に向き合うことで、改めてカエルという生きものの素晴らしさを実感することができました。

カエルたちを通して日本や世界の自然について感じることのできる本書は、図鑑であり写真集であり、カエルと人との関係を伝える本でもあります。それが『ときめく図鑑Pokke!』シリーズでポータブルになり、「カエル」をいつでもどこへでも連れて行くことができるようになりました。本書を「カエル」を知るための入門書として多くの皆さんに読んでいただき、さらに広く、深くカエルに興味をもつきかっけにしていただければとてもうれしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

 

|

より以前の記事一覧