夏休みのカエル講座7 カエルが逃げる

Img191

 9月に入り学校生活は始まっていると思いますが、ここでは「夏休みカエル講座」を続けさせていただきます。今回のテーマは「カエルが逃げる」です。

 カエルグッズを集めていると、人間と同じような格好をしたカエルも含め、そのポーズにカエルは飛んだり跳ねたり、泳いだりすることが得意で好きなのだと思うことがあります。たとえば写真右のジャンプする姿のビニール製のカエルや、写真左の泳いでいるように見えるプラスチック製のカエルのブローチなども。しかし、自然界におけるその行動が、天敵から逃げるために発達させた能力であることがわかると、その健気さに一層の愛情が湧きました。

 写真中央にいたっては、アカメアマガエルが木の枝に登って得意げなポーズをとっているように見えます。でも、英語でTree Frog(樹上性のカエル)といわれるアマガエル科のなかまたちも、やむにやまれず逃げて木に登ったことが現在に至る繁栄につながったとする見方もあります。6600万年前に地球に隕石が衝突したことで恐竜が滅んだ後、爆発的に数を増やしたのが木に登って暮らしたアマガエルたちだったという、カリフォルニア大学バークリー校教授のディヴィッド・ウエイク博士による研究報告が2017年に話題になりました。

 この「夏休みのカエル講座」では、カエルグッズを通して自然界のカエルたちの行動について考え、生物学の専門家の方々の研究論文にまでジャンプしてお伝えしています。カエルの「逃げる」行動に関しても興味深い研究調査がありました。

 ちょうど1年前の9月17日に配信された国立環境研究所のニュースによりますと、東京農工大学、国立環境研究所、森林総合研究所の研究グループは、在来種のカエルが外来種のマングースによってわずか数十年の間に急速にその逃避行動を発達させた可能性を示す調査報告をしています。人がどこまで接近すればカエルが逃げ出すかという「逃避開始距離」を計測することで、マングースの影響が強かった地域に生息するカエルが、影響の弱かった地域と比べてすぐに逃げ出すことを明らかにしたそうです。

 調査地となった奄美大島にマングースが導入されたのは1979年。しかし、在来種の減少が見られたため2000年に環境省による駆除が始まり、今回の調査が行われた2013年にはほとんど駆除されていました。そのことにより、一度発達したカエルの逃避行動はすぐには戻らない、世代を超えて受け継がれている可能性も示しています。

詳しくは下記をご覧ください。

https://www.nies.go.jp/whatsnew/20190917/20190917.html

 カエルにとって「逃げる」行動がいかに大切か知ることができました。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm  

|

カエルのポストカードで“おうちギャラリー” 

Img_0842

壁をポストカードで飾って

カエルの〝おうちギャラリー〟。

イギリスの童話の中で出会った

ザ・ウインド・イン・ザ・ウイローズ

『たのしい川べ』に住むヒキガエル氏や

アリス・イン・ワンダーランド

「不思議の国」や「鏡の国」で

アリスを困らせたカエルたち。

本の中では語られなかった

とっておきのストーリー。

カエルたちのナイショ話が聞こえる。

|

夏休みのカエル講座6 カエルが食べられる

50_20200826185901

古今東西のカエルグッズには「カエルさん、あぶない!」と心配したくなるような、カエルにとっては天敵、カエルを食べる生きものと一緒の造形物もあります。特に画像のようにヘビやトリとの組み合わせがよく見られます。

自然界は生態ピラミッドにおける食べる・食べられる「食物連鎖」の関係が成り立つことで、生態系のバランスを保っています。とは言え、カエル一匹一匹の個体にとって天敵はやっぱり出合いたくない存在に違いないでしょう。

でも、人の手によって作られたカエルとその天敵が表現された造形物の場合、画像左の根付はヘビがカエルを縛り付けてから食べようとしているように見えますが、江戸期以来盛んに作られた根付は、洒落を効かせたものも多かったので、これなどは差し詰め「長いものには巻かれろ」といった意味も込められていたのかもしれません。画像右はスコットランドの工芸品のカエルと小鳥ですが、カエルが小鳥に積極的に求愛しているようにも見えます。

そんなふうにカエルと天敵についてあれこれ考えていたところ、今年2020年3月にカナダの国際学術誌にオンライン掲載された興味深い論文を読むことができました。なんと、カエルがヘビと遭遇した時に身動きできなくなる状態、つまり「ヘビににらまれたカエル」のような状態についてそのメカニズムを説明した内容です。

著者は基礎生物学研究所の西海望(にしうみのぞみ)・日本学術振興会特別研究員(研究当時は京大理学研究科博士課程)と森哲(もりあきら)京都大学准教授。タイトルは「捕食者と被食者の我慢比べ:相手の動き出しを待つことが捕食の成否を決定する(A game of patience between predator and prey: waiting for opponent's action determines successful capture or escape)」

カエルとヘビが対峙したときに両者とも動きを止め時には1時間近く静止続ける、膠着状態になるそうです。実験はトノサマガエルとシマヘビで行われたそうですが、カエルとヘビがにらみ合いながらも両者の距離がある段階になるまでは動き出さない理由が、先手を取るとカエルは動きが読まれて捕えられやすくなり、ヘビはかみつきがよけられやすくなり不利になる、逆にいえば「双方にとって後手に回って行動することが有利となる」メカニズムの説明がなされていました。

そして、共に一歩も譲らない状態から最後の最後で後手から先手に切り替えるというカエルとヘビ。自然界における生きものたちの高度な戦術について知ることができました。

詳しくは下記をご覧ください。

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/documents/200310_1/01.pdf

西海望氏はトノサマガエルのさらなる戦術についてacademistJournalに執筆されています。

https://academist-cf.com/journal/?p=13384

Img_0717

先手を打つのはどっち?

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

 

|

ボリビアのミズガエル、ロミオの結婚

Photo_20200819142401

The only known Sehuencas Water Frog (Telmatobius yuracare), a single male named “Romeo”, in his aquarium at Centro K’ayra. Photo: Sophia Barrón Lavayen

南米ボリビアで毎年開催されるオルーロカーニバル。ボリビアの先住民族であるケチュア族やアイマラ族がもっていたパチャママ(地母神)信仰がキリスト教の聖母マリア信仰と結びつき創造の母に捧げるものとして始まったと言われるこのお祭りでは、カエルのかぶりもので踊る人がいることは話に聞いていました。そしてボリビアとペルーにまたがるように位置するチチカカ湖には大きなミズガエルが生息していて、水と豊穣のシンボルになっているという話も耳にしたことがあります。

明らかにカエルと深いつながりをもっていそうなボリビアで、最近、ロミオと名付けられたミズガエル(写真)が注目されました。

2008年の「国際カエル年」のときに中心的役割を果たしたAmphibian Ark(両生類の箱舟)が季刊発行しているWebマガジンNewsletter Number44によると、ボリビアのアルシド ドルビニ(Alcide d'Orbigny)自然史博物館は、2008年からボリビアのコチャバンバに生息するTelmatobiusというミズガエルの野外調査や繁殖実験を行っています。

そのプロジェクトのために立ち上げられたのがCentro K'ayra(カイラセンター)。カイラ(日本語のカエルにも似ているような気がしますが)とは、まさにオルーロカーニバルの起源につながるケチュア族やアイマラ族のアンディーン文化において、アンディーン山の川や湖に棲むカエルのこと。特にTelmatobius属を指すこともあります。

同プロジェクトでは、チチカカミズガエル(Telmatobius culeus),ジャイアントミズガエル(Telmatobius gigas),マーブルミズガエル(Telmatobius mamoratus)の3種から始め、その後施設を拡大してTelmatobius hintoni,Telmatobius simonsi,そしてセイウェンカズミズガエル(Telmatobius yuracare)の3種を増やして保全活動を行っています。

ロミオは、その中のセイウェンカズミズガエルのオスで、10年前に発見された同種最後の個体としてカイラセンターで飼育されていました。

2018年にこのロミオが「世界一孤独なカエル」として注目され、花嫁のジュリエットを見つけてあげようと、恋愛・結婚のマッチングサイト大手が寄付を呼びかけるなどの動きが起こりました。その結果集まった資金でカイラセンターとグローバル・ワイルドライフ・コンサベーションが探索調査に乗り出し、ついにジュリエットを見つけた感動的な話題が昨年2019年の初めにCNNやナショナルジオグラフィックなどでも報道されました。

ボリビアの森の中でセイウェンカズミズガエルのメス2匹とオス3匹が発見され、そのうちのメス1匹がジュリエットと名付けられました。

Photo_20200820180701

Teresa Camacho-Badani, manager of the Centro K’ayra, at Lake Titicaca. Photo: Patricia Mendoza

この調査の中心的存在がカイラセンターのマネージャー、テレサ・カマ―チョ・バダニさん。ボリビアで生まれ育った彼女は、父親の影響もあり子どもの頃からコチャバンバの山々やアマゾンに出かけそこに生息する生きものたちとふれあってきたそうです。両生類の研究者としてボリビアの雲霧林の両生類の生息状況を調査するなかで、セイウェンカズミズガエルのロミオと出会いました。

協力:Amphibian Ark https://www.amphibianark.org/

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

|

[かえるのきもち」矢内靖史写真展開催中(2020年9/27まで)

Dm2

写真家矢内靖史さんの写真展「かえるのきもち」が福島県伊達市にある「りょうぜんこどもの村 遊びと学びのミュージアム」で9/27まで開催中です。

りょうぜんこどもの村は福島県自然公園「霊山(りょうぜん)」の南麓に位置する、自然をそのまま生かした環境で子どもがのびのびと遊び学べる施設です。霊峰霊山のふところ深くに抱かれた園内では四季折々の自然を楽しむことができ、最近その人工池でモリアオガエルの産卵が見られるようになったそうです。福島県内のモリアオガエルは奥羽山系と阿武隈山系の2タイプに分かれますが、そのうちの阿武隈山系のタイプが自然に分布を広げているようです。

私たち100年カエル館は、これまで東京・新宿で2回、「かえるふくしま」をテーマにする矢内さんの作品を展示するイベントを企画させていただいたことがあります。その表情豊かなカエルたちが、今回はふるさと福島の自然豊かな場所の会場に展示され、周辺の自然に生息するカエルたちの「かえるのきもち」を感じながら鑑賞できる写真展です。

8/23(日)には、ワークショップ「かえるとあそぼう」午前10:30~12:00(事前電話予約制)が行われ、午後からは矢内さんによる写真解説もあります。

「かえるのきもち」矢内靖史写真展

会場 りょうぜんこどもの村 遊びと学びのミュージアム

会期 2020年7/23(木・祝)~9/27(日) 休館 8/26、9/2、9、16、23

時間 9:00~16:00(12:00~13:00は館内消毒のため閉館)

入園料 こども200円 おとな500円

お問い合わせ りょうぜんこどもの村 〒960-0807福島県伊達市霊山町石田字宝司沢9-1 TEL.024-589-2211 

http://kodomo-ryozen.org

Dm1

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

 

 

|

カエルのフォトポエム みんな食べて生きている

Img_0725

キッチンで目が合ったカエル、

フレンチキュイジーヌ。

料理をおいしくする合言葉のように。

今日のメニューは

カエルさんの大好物?

それとも

カエルのフリット?

今日はやっぱり

フランスでも人気の

KARAAGE(カラア―ジュ)、

鶏のKARAAGEにしよう。

 

 

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

|

夏休みのカエル講座5 カエルが増える

Img179-30

カエルは繁殖(はんしょく)することで、これまで地球上で長く繁栄し、これからも私たちの身近で生息し続けることができます。繁殖とは、生物の個体が増えること。

日本では主に早春から夏にかけて、カエルの種によって時期に違いはありますが、繁殖シーズンに入ります。オスが同じ種のメスの背中に抱きつく抱接(ほうせつ)により、メスが卵を産みます。

多くの種でオスの方がメスより体が小さいので、掲載している画像のカエルの置物が親子のように見えても、自然界では親子ではなく大きい方がメスで、背中にしっかとつかまっている小さなカエルの方がオスということになります。

受精した卵は、細胞分裂を繰り返して細胞の数を増やし、孵化(ふか)してオタマジャクシ(幼体)になります。そして間もなく変態してカエル(成体)へ。その過程で、すべての個体が成体になれるわけではないので、「カエルが増える(=繁殖する)」のは大変なことなのでしょう。

ここに紹介している繁殖シーンのカエルは、左上が大谷石(おおやいし)、右上が信楽焼(しがらきやき)、右下のオタマジャクシは越前焼(えちぜんやき)。そしてもうひとつは南米ウルグアイ産です。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

 

|

北村西望作品《カエルと木の葉》に平和の大切さを考える

30_20200809093701

北村西望作《カエルと木の葉》大正中期~昭和初期 石膏着色(井の頭自然文化園蔵)

8月9日の今日は今年も長崎市の平和公園で平和祈念式典が開催されました。その式典の様子はテレビで報道されましたが、今年も長崎県出身の彫刻家、北村西望による高さ10メートル近くある長崎平和祈念像が式典を見守るように映し出されました。

北村西望(きたむらせいぼう)は、このブログで7月10日に紹介させていただいたように、画家の奥村土牛とは生年・没年が3年から5年の違いで、どちらも明治から昭和の終わり頃まで100歳を超える長寿の芸術家人生を歩みました。

今回紹介している画像は、北村西望作《カエルと木の葉》(大正中期~昭和初期 石膏着色)で、所蔵先の井の頭自然文化園のご協力を得て掲載いたしております。

一方でその名前のように人生を牛の歩みになぞらえた土牛と、もう一方の西望が自らの人生の師に見立てたのは蝸牛(=カタツムリ)。長崎県島原市の玉宝寺の聖観音像の台座には「たゆまざる 歩み恐ろし カタツムリ」という西望百歳のときに書いた座右の銘があります(前坂俊之オフィシャルサイトより)。

平和を願う強いエネルギーで巨大な平和祈念像を完成させたこの彫刻家が、小さくて歩みののろいカタツムリに自らの生きざまを重ねていたことを知り、《カエルと木の葉》にも同様にカエルという小動物へのあたたかなまなざしを感じました。

この作品がつくられたとされる大正中期から昭和初期にかけて、北村西望は彫刻家として着実な評価を得て大正10年には母校の東京美術学校の教授に就任するなど教育者としての立場にもあるなかで、日本の美術界が西洋から導入した彫刻の普及活動に力を入れている時代でした。当時、そのために作られ、白木屋(東急百貨店)と三越で販売されたのが、この作品のように日本人が江戸時代から慣れ親しんだ小動物の造形も含めた置物でした。

井の頭自然文化園彫刻園学芸員の土方浦歌さんに伺うと「この作品は《平和祈念像》のように、広場で遠くから誰でも眺められる記念碑とは違い、個人の家の床の間や飾り棚に置いて鑑賞する、上から見た視覚イメージで制作されています」と解説してくださいました。

北村西望が制作した大きな《平和祈念像》と小さな生きものを表現した《カエルと木の葉》に、8月9日の今日、改めて彫刻家が伝えようとした平和の意味を考えたいと思いました。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

|

「表面カエル」で社会に貢献するカエルンジャー

Photo_20200803124701

■カエルンジャーとの出会い

 4月23日の日本経済新聞の朝刊の1面。まだ眠い目に飛び込んで来た“6人のカエル”がいました。組体操のようにポーズをとる彼らの名前はカエルンジャー。

 同紙1面のコラム「春秋」ヨコの雑報広告のイラストに、「表面をカエル カエルンジャー 機能皮膜ならお任せ!」というキャッチコピーとともに描かれていました。

 コロナの感染拡大の影響下、カエルンジャーとは何かについてあまり考えないままに時が過ぎました。

 ところが、その2ヶ月後、やはり同紙1面の同位置に姿を見せたのは、何と全員マスクをかけた6人のカエルンジャー。前回と同じキャッチコピーの中に、「『3密』は避けましょう。」とあり、何か見過ごせないひたむきさを感じ、トーカロ株式会社に取材させていただきました。

 

■トーカロ㈱の特別社員の「カエル君」

 「溶射を中心とした表面処理メーカー」トーカロ株式会社(本社・兵庫県神戸市)は、物体表面に溶射材を吹きつける方法を核にした数種類の加工方法と、1000を超える材料の組み合わせでさまざまな特性を発揮する、バリエーションに富んだ皮膜を設計・施工する会社。産業機械部品などの「表面の性質を変える」ことで社会に貢献する企業です。

 そんなエンジニアリング企業の同社が、その事業内容を広く社会に伝えるために、2009年に特別社員として迎えたのが「カエル君」でした。

Photo_20200803124901 

 ヘルメットをかぶった中米に生息する樹上性のアカメアマガエルが、木や葉っぱの上ではなく、工業製品のチューブの上で金属とセラミックスの皮膜設計をしているイメージでしょうか。

 「表面をカエル(改質する)技術について、わかりやすく説明するキャラクターは、カエル君しかいない!」というコンセプトに基づき、このカエル君が、当時、同社の雑誌広告やカレンダーに起用され、日本産業広告賞に連続入賞を果たしました。

 

■「表面をカエル」カエルンジャー

 しかし、日本語の語呂合わせから生まれた「表面カエル(変える)」のカエル君は、同社の広報展開のキャラクターとして定着することはなく、その後、「表面を変える」バリエーションが他の動物の起用も含めていろいろと試された後、再びヨミガエル(蘇る)ことになった「カエル」。「カエル+バリエーション」のイメージで登場したのが、秘密戦隊ゴレンジャーならぬ、6レンジャーのカエルたち、カエルンジャーでした。

 6匹それぞれが同社の表面処理技術による6つの効果、❶耐高熱❷耐絶縁❸耐摩耗❹耐腐食❺超寿命❻超光沢を象徴しています。

 ただし、顧客の問題点を解決するエンジニア中心の営業部隊を直接支えるというよりは、株主との交流等を業務とするIR担当のスタッフが、自社の技術をわかりやすく説明するために力を発揮することになりました。

 

■カエルンジャーのミッション

 現在、神戸市にある本社玄関ホールでは、バルーンのカエルンジャーが6人でお客様をまさにムカエル(迎える)役割を担い、IRフェアーなどでは、説明スタッフそれぞれが好きなカエルンジャー隊員色の服を着て、まるで分身のように(⁈)活躍されています。

 カエルは自然環境保護のシンボルともいわれていますが、同社の表面改質技術は、表面を何度も再コーティングすることで素材の再利用をはかり、省資源に役立っています。それが産業界に広く行き渡ることで、人と自然の豊かな未来に貢献することになる、この表面カエル戦隊、カエルンジャーは重要なミッションを担っているのです。

 

■さらなるリープフロッグに期待

 今回、カエルンジャーについて取材させていただき、同社が改質・設計するのは「皮膜」だということにとても興味をもちました。中国の神話において「大地はカエルの皮からできている」という考え方があります。「木・火・鉄・水・土はすべからくカエルからできている」という言い伝えもあり、同社が物質の特性を熟知しているからこそ、それを現代の技術で改質できることをカエルンジャーはミッションと感じているのではないでしょうか。

 さらに生きもののカエルのことにタチカエル(立ち返る)なら、粘膜状の皮膚を晒(さら)しているカエルは、皮膚を通して受発信している自然界の情報量が多いと想像できます。

 二ホンアマガエルが周囲の色に合わせて、まさに表面の色を変える保護色はよく知られています。また、海外では2015年に南米エクアドルで、野外で“トゲ肌”だったカエルが、屋内で“ツル肌”に変わった新種、名付けてパンクロッカーガエル(学名Pristimantis mutabilis変わりやすいアマガエル)が発見されています。

 最近は自然界の生物の構造や機能を模倣して新しい技術開発に生かすバイオミメティクスが注目されているので、カエルンジャーの活躍が世界の「表面をカエル」、トーカロ株式会社のさらなるリープフロッグ(蛙飛び)に繋がってほしいと思っています。

30_20200804084901

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

|

日刊ゲンダイのサイト「コクハク」に「ビッキのときめくカエルライフ」の第3回が配信されました。

Frogstyle

日刊ゲンダイのサイト「コクハク」に3回にわたって連載させていただいた「ビッキのときめくカエルライフ」。最終回は2002年に登場し今も特にカエル好きの間では変わらぬ人気をもつカエルのキャラクター、フロッグスタイルと生きもののカエルの関係について書かせていただきました。

https://kokuhaku.love/articles/7446

でお楽しみいただけましたら幸いです。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

|

«カエルのフォトポエム 蛙色のメッセージ