100年カエル館コレクション13 カエルグッズに見るオーストラリアのカエル事情

Map_australia

  100年カエル館にやってきたオーストラリアのカエルグッズたち。手前の2匹のカエルは左がイエアメガエルで右がオオヒキガエルと思われるフィギュアです。

  アマガエル科のイエアメガエルはその名が示すようにまさに「おうちにかえる」のが好きらしく、拙著『ときめくカエル図鑑』にも紹介いたしておりますがオーストラリアの民家の水回り、トイレに住みつく場合もあるようです。さらに顔の表情もそのままキャラクターになりそうな親しみやすさがあり、現地ではペットにする人も多い人気者。

  もう一方のオオヒキガエルは、20世紀後半からオーストラリアで大繁殖し問題になっている外来種のカエルです。元々は中南米に分布していたカエルですが、農地の害虫駆除のために世界各地に導入されました。しかし結局、ジャンプ力のない本種はトウモロコシの害虫がいる高さまで届かず駆除には役に立たたない上に、その繁殖力、在来種も捕食する食欲のためにすっかり迷惑者になってしまったという経緯の持ち主です。

  その旺盛な食欲は、カエルは生きて動くものしか口にしないという“常識”さえ破り、生ゴミ置き場の野菜の残骸や犬から横取りしたドッグフードまで匂いを嗅ぎ分け食べるのだとか。その様子は、オーストラリアのマーク・ルイス監督によるドキュメント映画「CANE TOAD THE  CONQUEST(邦題「そのカエル最凶につき」)」で、人間が導入したカエルで人間が振り回されるコミカルかつシニカルな作品に観ることができます。http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/vikki/2010/11/post-057b.html

 映画では、オオヒキガエルが民家の門燈の下で光に集まってくる昆虫を食べるシーンが撮影されています。そしてオオヒキガエルは日本にも移入されていて、小笠原諸島や石垣島にも生息していますが、今年4月にイギリスの学術誌 Scientific Reportsに掲載された、東京農工大学の小峰浩隆特任教授、オーストラリアのJames Cook Universityのシュワルツコフ教授らの国際共同研究グループが行った調査結果をまとめた論文によりますと、「街灯や人家などに使われる人工的な光(人工光)は外来種のカエル(オオヒキガエル)が捕食する量を劇的に増やす」そうです。

 さらに人工光によるオオヒキガエルの捕食量の増加は、月の満ち欠けや地域ごとの明るさに影響されるようで、満月よりも新月の暗い時期、そして郊外などの比較的暗い地域の方が人工光が大きく作用し、オオヒキガエルの食欲が刺激されるのでしょうか、捕食量が増すようです。このような、光害による生態系への影響と外来種による生態系への影響の関連性への調査研究は、今、始まったばかりだそうです。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

 

|

100年カエル館コレクション12 雨期と喜雨と傘ガエル

10030

 梅雨の季節になりました。街は賑わいを取り戻しつつありますが、まだまだ感染の注意は必要とされる毎日です。

 雨期といえばカエル。カエルはしばしば傘や長ぐつ、レインコートなど、レイングッズの柄や装飾に用いられます。カエル好きにとっては、カエルのレイングッズを身に着けて外出したくなるところですが、家の中に展示して「雪見」ならぬ「雨見」しながら観賞するのもカエラーならではの味わいのある過ごし方かもしれません。

 俳句の季語に「喜雨(きう)」があり、「雨期(うき)」というよりは晩夏、日照りが続いた後の恵みの雨のことのようです。昨年の冬に豊島区立熊谷守一美術館を訪ねたときに、最上階の企画展示室でカエルの絵に出会いました。そのタイトルが「喜雨」。まさに雨が降らず時を待っていた蛙たちが天の恵みに這い出して来たようです。

Photo_20200613135201

熊谷守一(原画技法/墨絵)木版の複製画(※企画展示室のみ撮影可でした)

 もうひとつ見つけた「喜雨なカエル」は窪田英治(俳句作家)の一句。

 喜雨喜雨と 蛙は口を 受け口に

 こちらも待望の雨にカエルがうれしそうにめったに開かない口をオープンにしている姿でしょうか。「キウキウ」とウキウキしているカエルの鳴き声のようにも。

  雨期から喜雨までこれからしばらくの間は、カエルのレイングッズで雨に喜ぶカエルの気持ちを想像してみてはいかがでしょう。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html

 

|

両生類自然史フォーラムWebミーティングのご案内

Photo_20200601152801

2020年6月6日に秋田市で開催を予定していた第22回両生類自然史フォーラムは、新型コロナウイルスの影響により2021年の同時期に延期されることになりました。今年はその代わりに、6月6日(土)の午後にZoomによるWebミーティングが開催されます。参加ご希望の方は日本両生類研究会のHP http://www.nbs.jpn.org/  のご案内をご覧いただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。


<2020年6月6日日本両生類研究会Webミーティング>
 
14:00 開催の挨拶
14:10〜 発表
  • 14:10〜14:30「最近の気になるフィールド紹介」木村青史
  • 14:30〜14:50「ホームシアター 蛙曜日の夜」吉村雅子
  • 14:50〜15:10「両生類愛づる僕」三宅遥香(鶯谷高等学校3年)
  • 15:10〜15:30「センサーカメラに写る両生類 ネズミを追って写ったもの」岡本 毅
  • 15:30〜15:50「最近観察した内容紹介」佐藤直樹
  • 15:50〜16:10「岐阜県大垣市に生息するマホロバサンショウウオ(Hynobius guttatus )の生活史の解明」○竹内恒太 ・ 井上歩実・ 古田晏寿・岩田 奏画 ・川村寧々・龍造寺陽生 ・岩田拓朗・高木雅紀(大垣北高校)
  • 16:10〜16:30「砂丘のすずめ野菜畑に現れた両生類たち」○川原奈苗・高橋 久
 
16:40〜17:10 総会(会員のみ参加資格があります)
 
18:00〜 Web懇親会(料理や飲み物は各自でご用意ください)
懇親会のテーマ「20周年記念誌について、30周年記念事業に向けて」

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html

 

 

|

100年カエル館コレクション11 夏が来ると思い出す蚊取線香入れのカエル

Photo_20200526092201

 夏が近づき虫よけ商品のCMも増えてきました。カエルは蚊を食べるからでしょう、「蚊取り線香入れ」にカエルの絵柄や造形のものはけっこう見られます。この陶器の蚊取り線香入れは1980年代に購入しました。骨董というには新しく、でも懐かしいカエルグッズ。

 母が会津から上京していたとき。家族みんなでカエルグッズを収集していたわが家で、母が上京するときの一番の目的は“カエル”を見つけることでした。ネット社会の今と違ってカエルグッズひとつ見つけるのにまだまだ偶然がものを云った時代。そのときは収獲がなく、有楽町西武のカフェで姉と三人でお茶していてもいまひとつ元気の出ない母。

 そこで思い出したのが下北沢の陶器店で見かけたことがあるこのカエル。カフェに母と姉を待たせて、私はシモキタに向かいました。ところがすでに売れてしまったのか、そのお店にカエルの姿はなく……。あわててお店の人に尋ねると......、ずっと売れないので店頭から下げられて棚の下で新聞に包まれていました。

 何とか“無事かえる(買える・帰る)”ことができ、カフェのテーブルの上で包みを開くと、3人はうっとり。まるで骨董でも見るように「いいカエルだねえ」と満足げに眺めた、夏が来ると思い出すカエルのひとつです。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html

|

[鳥獣戯画」の謎解きにカエルが挑戦⁈

2019_20200519094201

 先週の日曜日(2020年5月17日)に、NHK総合で『謎の国宝 鳥獣戯画 楽しいはどこまで続く?』が放送されました。この番組のナビゲーター役を務めたのは絵巻の中からとび出した「カエルくん」。ご覧になったカエル好きの方も多いのではないでしょうか。

 番組の中で「カエルくん」は絵巻を所蔵する高山寺(京都市)を訪ねるのですが、そこで応対されていた方が高山寺の田村執事長。田村さんには、私たち高山姉妹も100年カエル館を創設する2年ほど前の2002年に、当時東京・アークヒルズに開設されたばかりの京都館で「京都の美術史に登場するカエルたち」を開催したときにとてもお世話になりました。

 同ブログの姉妹ブログ「コトバデフリカエル」では、現在、カエ~ル大学2019年の講座の内容などをまとめた「カエル白書Vol.3」を配信していますが、昨日はアップした「かえるモノ語り歳時記2019年9月」では<柴田作品の中で愉しく進化して、カエルは仏様に。>の内容の中でそのときのことにもふれておりますのでお読みいただければ幸いです。

http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

 また、本当に興味の尽きない「鳥獣戯画」については、このブログでは以前「『鳥獣戯画』についてのカエル好きの空想」(両生類誌NO.27初出)を掲載しております。

http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/vikki/cat21214264/index.html

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html

 

 

|

100年カエル館コレクション10 木に登ったアカメアマガエル

Photo_20200517122201

木に登ったアカメアマガエル(樹脂製・英国産)/6600万年前地球とカエルに起こったことをイメージしているような……。

 2017年にカエ~ル大学に入会してくださった皆様をはじめ「カエル白書Vol.1」を入手された皆様に訂正のお知らせをさせていただきます。本書P.47の「カエ~ル大学が注目する自然とカエルの話題」で地球への隕石の衝突とアマガエルなど木に登ったカエルに関する記事の紹介の際に「6600万年前」を「6600年前」と表記してしまいました。下記のように訂正してお詫び申し上げます。

 「2017年にメディアを通じて報告されたカエルに関する研究結果の中には、6600万年前の白亜紀に地球に隕石がぶつかって天変地異が起こり恐竜が滅んだ後、爆発的に増えた生きものがアマガエルなど木に登って暮らすようになったカエルだったという興味深い報告(カリフォルニア大学バークリー校教授ディヴィッド・ウエイク博士による)もありました。 

 カエルの新しい世界への適応力の高さは、人間に何らかの示唆を与えてくれると感じる研究者も多いのか、メディア上で時々話題になります。」

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html

 

|

南極の近くの島で発見されたカエルの化石が教えてくれること

Photo_20200512154301

  新聞報道などで「カエルの新種」や「カエルの化石」が発見されたという記事を目にすると、地球のロマンのようなものを感じます。遥か昔から地球上にいたカエル類が、長い時間をかけた進化を経て、人の踏み入らない熱帯雨林の中などにいまも人知れず生息している種もいることを思うと不思議な感動が湧いてきます。

  最近驚いたのは「南極付近の島でカエル化石発見 4000万年前生息か」(日本経済新聞2020年5月8日)という記事。適応力があり砂漠も含め世界に広く分布しているカエル類ですが、さすがにそこには生息していないと考えられていた南極大陸。その近くに位置するシーモア島で推定約4000万年前のカエルの頭蓋骨と腸骨(腰骨)の化石が発見されたことが、英科学誌サイエンティフィック・リポートに掲載されました。

 発見したのはスウェーデン自然史博物館などの国際研究チーム。チームを率いる同博物館の古生物学者(脊椎動物)のトーマス・モース博士は、2011年から2013年にかけてシーモア島で化石の発掘調査を行い、2015年にその収集した標本の中からカエルの化石を発見しました。

  その化石の腸骨の形状からこのカエルは現在チリやアルゼンチンに生息するヘルメットガエルの仲間と考えられています。ヘルメットガエルは『ときめくカエル図鑑』でも紹介していますが、頭部の皮膚が骨と密着していてまさに石頭になっているところからその名が付けられました。

 ニューヨークタイムズ(2020年4月23日のルーカス・ジョエル氏の記事)では、このカエルの化石の発見に専門家が語っています。「腸骨はカエルの骨格を分析する上で最も重要な部分で、その腸骨はヘルメットガエルのそれとよく似ている」(カリフォルニア大学バークリー校の両生爬虫類学者デヴィッド・ウエイク博士)、「カエルたちが南極を経て今に至っていることが真実味を帯びて来たが、カエルの進化過程に古代の超大陸パンゲアの分離がどんな役割を果たしたかまではさらなる遺物の発掘が必要になるだろう」(フロリダ自然史博物館の両生類の生物学者デヴィッド・ブラックバーン博士)。

 カエルの化石への興味は尽きません。このブログでは、2009年に報道された兵庫県丹波市の地層「篠山層群」から1憶4千万年~1憶2千万年前のカエルの化石が発見された記事 http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/vikki/2010/02/1-4887.html や、2017年には松本かえるまつりで開催した「青空カエル文化講座」で、7000万年前マダガスカル島(アフリカ大陸の近くに位置する島)に南米産のツノガエルに似た全長40㎝ほどのカエルがいたことが化石の発見からわかった話を紹介したりしました。http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/vikki/2017/06/index.html

Photo_20200512141401

ツノガエルの貯金箱

 カエルの化石を通して思いを馳せる、南極、南米、アフリカ、そして日本。その気の遠くなるほど長い地球の歴史のなかで、カエルがどんな経緯をたどって今私たちと出会っているのかこれからの研究調査を楽しみに待ちたいものです。



<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html 

『カエラーたちのつぶやき』価格 1512円(税込・送料無料)

100_2

※『かえるる カエルLOVE111』(山と渓谷社)全国の書店等で販売中です。

Cover_obiariweb

※新刊『ときめくカエル図鑑』(山と渓谷社刊 文・高山ビッキ 写真・松橋利光)販売中です。どうぞよろしくお願いします。

Photo

 

|

日刊ゲンダイのサイト「コクハク」に「ビッキのときめくカエルライフ」の第2回が配信されました。

Photo_20200510130101

日刊ゲンダイのサイト「コクハク」に2月に配信された「ビッキのときめくカエルライフ あなたも“カエラー”に!カエルグッズでカエルライフを楽しむ」に続き、本日「ビッキのときめくカエルライフ」の2回目「ハッピーフロッグの謎…カエルはなぜ縁起がいいの?」が配信されました。

https://kokuhaku.love/articles/6314

お楽しみいただけますでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。

 

|

家にいて野外のカエルたちの活動を想像できるカエルの本の紹介

505 Photo_20200419171502

 知れば知るほど興味深い存在だと感じる日本のカエルたち。私自身は野外のカエルの調査研究に携わっているわけではありませんが、日本両生類研究会に参加し毎年開催されるフォーラムや、発行される「両生類誌」を通して、日本のカエルの生態や行動、地域ごとの分布状況などにも少しずつ関心をもつようになりました。

 同会は、昨年末、創設20周年を記念して『両生類に魅せられて』(発売元 市民科学出版を出版しました。本誌では、現在第一線で活躍中の両生類の研究者の方々による長期に亘る調査研究や、新しい視点で取り組んでいる研究活動などについての報告を読むことができます。本誌は生物学や自然史の研究者を対象にした内容ですが、私はカエルと人間とのかかわりから生まれた文化に焦点を当てて書かせていただきました。

 そうして益々、カエルの文化的探究とカエルそのものについて知ることは切り離せないと感じるように。100年カエル館(福島県喜多方市)のまわりに生息しているカエルの観察から始めたいと考えていたところ、そのガイドを買って出てくれるような本が出版されたのでご紹介します。『見つけて検索!日本のカエルフィールドガイド』(カエル探偵団 編 文一総合出版 刊)です。

 本書は、野外でカエルと出合って何というカエルかわからないとき、「カエル検索表」により、北海道から先島諸島までその地域ごとに大きさや体色、外部形態から種名を類推してくれます。ヒキガエルのなかまやトノサマガエルのなかまなど区別のつきにくい種は「似ている種を見分けよう」のページでチェック。特定できた種ごとに「カエル図鑑」ページで詳しい情報を得ることができます。

 たとえ遠くに野外観察に出なくてもこのガイドブックを“観察”すれば、日本列島北から南まで、カエルを通して土や木や水のある風景、自然の感触も伝わってくるような一冊です。  

※日本両生類研究会20周年記念誌『両生類に魅せられて』は、市民科学出版 https://kahokugata.stores.jp/ 『見つけて検索!日本のカエルフィールドガイド』は、文一総合出版 https://www.bun-ichi.co.jp/ から、またどちらもアマゾンからご購入できます。

|

Blog ブログ「コトバデフリカエル」で「カエル白書Vol.3」の配信始めました。

2019_20200429102501

■「絵本の中に“生息する”カエルたち/カエルの絵本を通してカエルが生息する自然やカエルの生物的特徴を知る」

■「絵本の中に“生息する”カエルたち/民話を基にしたカエルの絵本」

■2019年開催「100年カエル館のときめくカエルアート図鑑」展報告

■日本両生類研究会の20周年記念誌『両生類に魅せられて』の紹介

■自然とカエルに関する動向特別寄稿

■私のカエルライフ

がアップされています。下記よりお楽しみください。

http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

 

|

«ほっとねっと第301号 かえるモノ語り㊵ あなたを見守るカエルアートマンが誕生しました。