「表面カエル」で社会に貢献するカエルンジャー

Photo_20200803124701

■カエルンジャーとの出会い

 4月23日の日本経済新聞の朝刊の1面。まだ眠い目に飛び込んで来た“6人のカエル”がいました。組体操のようにポーズをとる彼らの名前はカエルンジャー。

 同紙1面のコラム「春秋」ヨコの雑報広告のイラストに、「表面をカエル カエルンジャー 機能皮膜ならお任せ!」というキャッチコピーとともに描かれていました。

 コロナの感染拡大の影響下、カエルンジャーとは何かについてあまり考えないままに時が過ぎました。

 ところが、その2ヶ月後、やはり同紙1面の同位置に姿を見せたのは、何と全員マスクをかけた6人のカエルンジャー。前回と同じキャッチコピーの中に、「『3密』は避けましょう。」とあり、何か見過ごせないひたむきさを感じ、トーカロ株式会社に取材させていただきました。

 

■トーカロ㈱の特別社員の「カエル君」

 「溶射を中心とした表面処理メーカー」トーカロ株式会社(本社・兵庫県神戸市)は、物体表面に溶射材を吹きつける方法を核にした数種類の加工方法と、1000を超える材料の組み合わせでさまざまな特性を発揮する、バリエーションに富んだ皮膜を設計・施工する会社。産業機械部品などの「表面の性質を変える」ことで社会に貢献する企業です。

 そんなエンジニアリング企業の同社が、その事業内容を広く社会に伝えるために、2009年に特別社員として迎えたのが「カエル君」でした。

Photo_20200803124901 

 ヘルメットをかぶった中米に生息する樹上性のアカメアマガエルが、木や葉っぱの上ではなく、工業製品のチューブの上で金属とセラミックスの皮膜設計をしているイメージでしょうか。

 「表面をカエル(改質する)技術について、わかりやすく説明するキャラクターは、カエル君しかいない!」というコンセプトに基づき、このカエル君が、当時、同社の雑誌広告やカレンダーに起用され、日本産業広告賞に連続入賞を果たしました。

 

■「表面をカエル」カエルンジャー

 しかし、日本語の語呂合わせから生まれた「表面カエル(変える)」のカエル君は、同社の広報展開のキャラクターとして定着することはなく、その後、「表面を変える」バリエーションが他の動物の起用も含めていろいろと試された後、再びヨミガエル(蘇る)ことになった「カエル」。「カエル+バリエーション」のイメージで登場したのが、秘密戦隊ゴレンジャーならぬ、6レンジャーのカエルたち、カエルンジャーでした。

 6匹それぞれが同社の表面処理技術による6つの効果、❶耐高熱❷耐絶縁❸耐摩耗❹耐腐食❺超寿命❻超光沢を象徴しています。

 ただし、顧客の問題点を解決するエンジニア中心の営業部隊を直接支えるというよりは、株主との交流等を業務とするIR担当のスタッフが、自社の技術をわかりやすく説明するために力を発揮することになりました。

 

■カエルンジャーのミッション

 現在、神戸市にある本社玄関ホールでは、バルーンのカエルンジャーが6人でお客様をまさにムカエル(迎える)役割を担い、IRフェアーなどでは、説明スタッフそれぞれが好きなカエルンジャー隊員色の服を着て、まるで分身のように(⁈)活躍されています。

 カエルは自然環境保護のシンボルともいわれていますが、同社の表面改質技術は、表面を何度も再コーティングすることで素材の再利用をはかり、省資源に役立っています。それが産業界に広く行き渡ることで、人と自然の豊かな未来に貢献することになる、この表面カエル戦隊、カエルンジャーは重要なミッションを担っているのです。

 

■さらなるリープフロッグに期待

 今回、カエルンジャーについて取材させていただき、同社が改質・設計するのは「皮膜」だということにとても興味をもちました。中国の神話において「大地はカエルの皮からできている」という考え方があります。「木・火・鉄・水・土はすべからくカエルからできている」という言い伝えもあり、同社が物質の特性を熟知しているからこそ、それを現代の技術で改質できることをカエルンジャーはミッションと感じているのではないでしょうか。

 さらに生きもののカエルのことにタチカエル(立ち返る)なら、粘膜状の皮膚を晒(さら)しているカエルは、皮膚を通して受発信している自然界の情報量が多いと想像できます。

 二ホンアマガエルが周囲の色に合わせて、まさに表面の色を変える保護色はよく知られています。また、海外では2015年に南米エクアドルで、野外で“トゲ肌”だったカエルが、屋内で“ツル肌”に変わった新種、名付けてパンクロッカーガエル(学名Pristimantis mutabilis変わりやすいアマガエル)が発見されています。

 最近は自然界の生物の構造や機能を模倣して新しい技術開発に生かすバイオミメティクスが注目されているので、カエルンジャーの活躍が世界の「表面をカエル」、トーカロ株式会社のさらなるリープフロッグ(蛙飛び)に繋がってほしいと思っています。

30_20200804084901

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

|

日刊ゲンダイのサイト「コクハク」に「ビッキのときめくカエルライフ」の第3回が配信されました。

Frogstyle

日刊ゲンダイのサイト「コクハク」に3回にわたって連載させていただいた「ビッキのときめくカエルライフ」。最終回は2002年に登場し今も特にカエル好きの間では変わらぬ人気をもつカエルのキャラクター、フロッグスタイルと生きもののカエルの関係について書かせていただきました。

https://kokuhaku.love/articles/7446

でお楽しみいただけましたら幸いです。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

|

カエルのフォトポエム 蛙色のメッセージ

Img_0706

部屋の片隅にある

世界のはじまり。

生きとし生ける声色は

蛙のミミクリー(模倣)

だとしたら……。

言葉より先に発せられた

緑色のメッセージに

耳を傾けてみる。

 

 

 

|

夏休みのカエル講座4 カエルが鳴く

Img175-30

 カエルグッズには音が出る仕掛けのものがいろいろあります。子ども向けのおもちゃが多く、ぬいぐるみやゴム製のおもちゃで体の一部を押すとキュッキュッと鳴るもの、揺らすとゴロゴロと鳴るぬいぐるみなど最近のおもちゃのカエルから、郷土玩具の土鈴や土笛のカエル、ベトナムが発祥と思われる木製の楽器ギロのカエル(背中の凹凸を棒でこするとコロロロロと聴こえる)、そして楽曲を奏でるオルゴールのカエルまで含めれば、音の鳴るカエルグッズは、古今東西、人がカエルを鳴く動物として愛でてきたことの証しのようにも感じます。

 ここに掲載している画像では、右上に見えるのが土鈴のカエルです。ひもをもって振るとコロコロと音がします。カエルはのどのあたりの鳴嚢(めいのう/鳴き袋)を膨らませて鳴くので、ちょうどその様子を造形したようでもあります。他の3つのカエルグッズは音の鳴るものではないのですが、いずれもカエルがのどやのどの下あたりを膨らまして鳴いている状態を表現しているように思えます。

 最近はネット上でも何ガエルがどんな鳴き声をしているか知ることができます。両生類の保全を目的に情報を発信している「かえる探偵団」のサイトhttp://kaerutanteidan.jp/ では、「両生類データベース」で何種かのカエルの鳴き声を聞くことができます。体は小さいのに朗々とした鳴き声を聞かせる二ホンアマガエル、存在感のインパクトに比べて鳴き声はつつましやかなヒキガエルなどに耳を澄ませてはいかがでしょう。

  『動物誌』を著した古代の哲学者アリストテレスも鳴く動物としてのカエルに興味をもっていたことが知られています。そして、21世紀の現代、生物の生態や行動から新しい技術を開発するバイオミメティクスが注目されていますが、その技術においてもカエルは役に立っているようです。やはり鳴く動物としてのカエルに着目し、二ホンアマガエルの合唱に見られる法則性を実験と数理モデルによって研究したのは筑波大学と大阪大学の研究グループです。昨年、その研究論文「カエルの合唱法則の研究と通信システムへの応用~途中で休みながら輪唱を繰り返すカエルの行動に注目~」が発表され、新聞等でも数多く取り上げられました。同研究グループのお一人、筑波大学 システム情報系 助教の合原一究氏は取材等に「カエルと物理学が好き」だったことが今回の研究成果につながったと答えられています。

同研究については

 https://www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/190109aihara-1.pdf

をご覧ください。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

| | コメント (0)

夏休みのカエル講座3 カエルが食べる

Img174-30

 両目が離れているイメージのあるカエル。「夏休みのカエル講座1 カエルの顔」では、その左右の目の間隔が口の端から端までの長さとほぼ同じであることをカエルグッズの正面画像をご覧いただきながら説明させていただきました。それにはカエルならではの理由があるようです。生きているものしか食べないカエルは、両目の間の視界に入る大きさのものなら口に入る大きさであるとわかるからだ知ったときは、まさに目からウロコ、生きものの体のしくみはよくできているものだと感心しました。

 その目と目の間、口に入るものなら何でも食べようとするカエル。カエルグッズのなかには、ハチやトンボ、ハエなどの昆虫と一緒になっているものがありますが、まさに“カエルさんの食事シーン”と思われます。左の画像はハチがカエルの目の前で揺れて動いている江戸独楽(部分)。右下の置物のカエルのひだり肢(あし)にはトンボが止まっていて、どちらが先に動くか緊張感がみなぎっているようです。ヒキガエルのように粘着性のある長い舌を使って虫を捕えるカエルもいて、右上のようなセロテープカッターのイメージにつながったのでしょう。

 カエルはいわば地産地消(ちさんちしょう)、生息している土地から生まれるものを食べて生きていて、人間が食べる農作物の害虫を食べてくれることを考えると、その土地の豊かさのシンボルでもあるのでしょう。また、最近、テレビの大食い番組で出演者の方々のみごとな食べっぷりを目にすることがありますが、見ているだけで食欲旺盛なカエルの遺伝子が作用するかのように爽快感を感じます。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

 

|

カエルのフォトポエム 麦わら帽子のカエル

Img_0693

夏の蛙はこんな姿で

私たちの目に映っているかもしれない。

海に出かけられない

時のためには海を

連れて来てくれる蛙。

カエルグッズたちは家に

自然を呼びこんでくれる。

いつか自然にかえる

その日まで。

 

 

 

|

夏休みのカエル講座2 カエルの後ろ姿

Img173

 子どもたち向けの講座で「かえるのうしろすがた」として紹介したことのある3つのカエルグッズ。生産国は左から日本、アメリカ、中国です。両生類は、しっぽのある有尾目(イモリとサンショウウオ)、あしのない無足目(アシナシイモリ)、そしてしっぽのない無尾目のカエルに分かれます。グッズのカエルたちにもしっぽがありません。

 一方、私たち人類は、哺乳類のなかで霊長目ヒト科ヒト属に分類されますが、同じくしっぽがありません。それは哺乳類の動物のなかでも少数派のようで、必要がないから退化したと考えられていますが、カエルと人間の大きな共通点ともいえます。さらにカエルはうしろ肢(あし)がまえ肢(あし)よりも大きいので立った姿は、目の位置をちょっとずらせばまさに人間。鳥獣戯画の昔から擬人化に適した生きものと考えられてきたのでしょう。

 なぜカエルにはしっぽがないのでしょうか。その理由をいろいろ想像するだけで物語が生まれそうです。民話には動物のからだの特徴の理由を伝える「由来譚」にくくられる話があり、日本の民話でカエルにしっぽがないのは、一緒に食べものを蓄えて冬眠していたヘビに食べられてしまったからという話も。どうもカエルはヘビが眠っている間に食糧を食べてしまい、その報いを受けたようです。カエルが主人公の絵本などでは悪役として登場することも多いヘビですが、ヘビにはヘビの言い分があったのでしょうか。

 ところで、自然界でカエルはオタマジャクシという名の子どもの時期にはしっぽがあります。そのしっぽが大人になってカエルに変態するとどうしてなくなってしまうのかを研究している科学者の方々もいます。新潟大学の井筒ゆみさん(理学部・教授)の研究グループが2009年に発表した論文によるとオタマジャクシの尾はカエルに変態するときに免疫から拒絶されてなくなることがその原因遺伝子の発見によりわかったそうです。この発見は当時、両生類の研究史上100年ぶりの新説として高く評価されました。詳しくは、新潟大学のサイト https://www.niigata-u.ac.jp/information/2009/11833/

をご覧ください。

 カエルは文学的にも自然科学的にも興味の尽きない存在だと感じています。

 

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

井筒研究室 https://www.sc.niigata-u.ac.jp/biologyindex/izutsu/welcome.html

|

夏休みのカエル講座1 カエルの顔

Img172-30

 まもなく夏休みですね。今回は小さいお子さんと一緒に楽しんでいただけるようなカエルグッズたちを紹介いたします。

 以前、幼稚園児ぐらいのお子さんにカエルの絵を描いてもらおうという企画で描き方のポイントをカエルグッズで説明したことがあります。お子さんの前で話す経験があまりないので緊張しましたが、意外に皆さん真剣に聞いてくださったことを覚えています。その説明の後すぐアーティストの方のご指導のもと、大きな模造紙の上で10人ほどの子どもたちがカエルのお絵描きを始めました。その夢中、無心、一所懸命にカエルを表現する姿にただただ感動しました。ポイントの説明が役立ったようでとてもうれしかったです。

 そのとき「かえるのかお」を描くポイントのために紹介したカエルグッズが、左から織部焼のカエル、アカメアマガエルのような樹脂のカエル、そしてプレスチック製のベルツノガエルの貯金箱。カエルの目は頭の上の方についていること。カエルの多くは2つの目と目の間の長さが口の端から端の長さとだいたい同じであること。

 でも世界には南米にすんでいるベルツノガエルのように両目の間隔よりはるかに口が大きいカエルもいます。ふだん土の中などでじっと動かないでいるカエル。その前をたまたまネズミが通りかかり、「ベルツノガエルさん、ベルツノガエルさんの口はどうしてそんなに大きいの?」などときこうものなら、まさに赤ずきんちゃんのような展開が待っていそうで、お子さんが怖がってしまい絵が描けなくなるといけないので説明しませんでした。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

|

100年カエル館コレクション14 葉乗りガエルと明治生まれの芸術家たち

Img2451-30

  思いがけず手にした1冊の文庫本『牛のあゆみ』があります。明治生まれで101歳まで生きた画家、奥村土牛(おくむらとぎゅ/1889-1990)が86歳のときに書いた自伝です。昨年の2019年にはその多くの作品が所蔵されている山種美術館で生誕130周年展が開催されました。

 自伝では、自らそう称するように牛のごとくゆっくりゆっくり画業を積み、老境に入って尚、初心を忘れず果敢に描き続ける姿が綴られています。その最初の章「生いたち」の扉絵は葉っぱの上に止まっている蛙のスケッチでした。

  ご覧いただいている写真は100年カエル館コレクションのひとつの葉乗りガエル。土牛画伯がスケッチに描いた葉の上の蛙は1匹ですが、絵描きになりたかったという父親の導きもあって立派な画人となった画伯を偲ぶカエルとして紹介させていただいています。

  奥村土牛は東京・京橋生まれなので、1876年に日本橋で生まれたカエルのコレクター、小澤一蛙(1876-1960)とは育った時代と地域に共通するものがあるように思えて、関東大震災で家が焼失してしまったことを含めオーバーラップして読める箇所もありました。

Img171-30

 100年カエル館が小澤一蛙のコレクション展を初めて企画したのは、2008年の「国際カエル年」のとき。井の頭自然文化園の国際カエル年イベントの一環で「時を超えてよみがえる一蛙コレクション展~発見!100年前のカエル好き~」と題して7月8日から半年間開催されました。

 開催場所は井の頭自然文化園内の彫刻館。同館は長崎の平和祈念像を制作した彫刻家、北村西望(1884-1987)の生前のアトリエに隣接して建てられた記念館です。08年にはそのイベント準備のために何度も通いましたが、館内に平和祈念像の原型となる巨大な像があることを知り驚きました。

  奥村土牛と北村西望は共に19世紀末から20世紀末の約100年を芸術に打ち込んで生きたと言えます。そして北村西望のアトリエの展示には石膏の蛙の作品「カエルと木の葉」もありました。そのカエルをイベントでは一蛙コレクションのカエルとともに展示させていただきました。小澤一蛙も趣味で彫刻を楽しんでいましたが、晩年は北村西望と同じく吉祥寺に住んでいました。2008年にはカエルを通じて地球の平和について語っていたのではないかと想像しています。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

 

 

|

100年カエル館コレクション13 カエルグッズに見るオーストラリアのカエル事情

Map_australia

  100年カエル館にやってきたオーストラリアのカエルグッズたち。手前の2匹のカエルは左がイエアメガエルで右がオオヒキガエルと思われるフィギュアです。

  アマガエル科のイエアメガエルはその名が示すようにまさに「おうちにかえる」のが好きらしく、拙著『ときめくカエル図鑑』にも紹介いたしておりますがオーストラリアの民家の水回り、トイレに住みつく場合もあるようです。さらに顔の表情もそのままキャラクターになりそうな親しみやすさがあり、現地ではペットにする人も多い人気者。

  もう一方のオオヒキガエルは、20世紀後半からオーストラリアで大繁殖し問題になっている外来種のカエルです。元々は中南米に分布していたカエルですが、農地の害虫駆除のために世界各地に導入されました。しかし結局、ジャンプ力のない本種はトウモロコシの害虫がいる高さまで届かず駆除には役に立たたない上に、その繁殖力、在来種も捕食する食欲のためにすっかり迷惑者になってしまったという経緯の持ち主です。

  その旺盛な食欲は、カエルは生きて動くものしか口にしないという“常識”さえ破り、生ゴミ置き場の野菜の残骸や犬から横取りしたドッグフードまで匂いを嗅ぎ分け食べるのだとか。その様子は、オーストラリアのマーク・ルイス監督によるドキュメント映画「CANE TOAD THE  CONQUEST(邦題「そのカエル最凶につき」)」で、人間が導入したカエルで人間が振り回されるコミカルかつシニカルな作品に観ることができます。http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/vikki/2010/11/post-057b.html

 映画では、オオヒキガエルが民家の門燈の下で光に集まってくる昆虫を食べるシーンが撮影されています。そしてオオヒキガエルは日本にも移入されていて、小笠原諸島や石垣島にも生息していますが、今年4月にイギリスの学術誌 Scientific Reportsに掲載された、東京農工大学の小峰浩隆特任教授、オーストラリアのJames Cook Universityのシュワルツコフ教授らの国際共同研究グループが行った調査結果をまとめた論文によりますと、「街灯や人家などに使われる人工的な光(人工光)は外来種のカエル(オオヒキガエル)が捕食する量を劇的に増やす」そうです。

 さらに人工光によるオオヒキガエルの捕食量の増加は、月の満ち欠けや地域ごとの明るさに影響されるようで、満月よりも新月の暗い時期、そして郊外などの比較的暗い地域の方が人工光が大きく作用し、オオヒキガエルの食欲が刺激されるのでしょうか、捕食量が増すようです。このような、光害による生態系への影響と外来種による生態系への影響の関連性への調査研究は、今、始まったばかりだそうです。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.htm

 

|

«100年カエル館コレクション12 雨期と喜雨と傘ガエル