「喜多方発21世紀シアター」と林家正楽師匠と紙切りのカエル

Photo_20220807151801

さまざまなジャンルのアートが世界的な盛り上りを見せる21世紀。100年カエル館のある福島県喜多方市では、秋には「アートぶらり~」という美術や工芸を中心にしたものづくりのイベントが行われていますが、毎年8月にはステージアートのフェスティバル「喜多方発21世紀シアター」が開催されています。

100年カエル館はカエルをテーマにしたものを展示するミュージアムとして「アートぶらり~」には参加したことがあります。「喜多方発21世紀シアター」については、ひょんなことから、今回とても身近に感じる出来事がありました。

6日土曜日、磐越西線は今回の大雨で運休の可能性もあったのですが、郡山から喜多方までは運行していました。その磐越西線の電車に偶然同乗されていてお見かけしたのは紙切り芸で知られる林家正楽師匠でした。師匠は初代の紙切り正楽の菩提寺が東京・足立区の善立寺ということで、そこで毎年開催される「善立寺寄席」で紙切り芸を披露されています。

私たちは善立寺内に「100年カエル館東京ギャラリー」を設置させていただき、年に2回のカエ~ル大学の講座も実施いたしました。10年以上前のことになりますが、そのご縁で師匠に「カエル」を切っていただきカエルタイムズの1面にも掲載いたしました。会津若松駅に降りたところでご挨拶させていただきました。よもや目的地が喜多方で、「喜多方発21世紀シアター」の「喜多方寄席」出演だとは思いませんでした。

「喜多方発21世紀シアター」は、2013年から始まったフェスティバルですが、そのサイトでアーカイブを見ると師匠は初回から毎年出演されていて、コロナの感染拡大後は、今回3年ぶりの出演のために磐越西線に乗っておられたのだと初めて知りました。

8月5日から始まった2022 年の「喜多方発21世紀シアター」は明日が「楽日」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

|

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館「カエル展」より オーストラリアのイエアメガエルから生まれた(?)かもしれないカウボーイ

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館ではコラボ企画「カエル展」を開催中です。100年カエル館の展示では、前期はお子さんも一緒に楽しめる展示として、カエルグッズを「カエルのからだ」「カエルの生活(四季)」「カエルの成長(就活)」「メルヘンのカエル」「カエルの分布」と、5つのテーマに分けて紹介しています。

「カエルの分布」の展示ケースでは、世界に広く分布しているさまざまな種類のカエルのように、カエルグッズも世界各地でその土地柄が表れたカエルがつくられていることを1台のケースでご覧いただいています。

Photo_20220726101301

たとえばこのカウボーイのようなカエルの人形は、オーストラリア産の土製のカエルグッズです。オーストラリアにはイエアメガエルというアマガエル科のカエルがいて、飼っていると家の中のトイレに居つくことがあります。人なつこく、世界の多くの種類のカエルの中でもキャラクターが際立ったカエルと言えるのではないでしょうか。身近にふれ合っているオーストラリアの人がこんな"カウボーイガエル”をつくりたくなるのはわかる気がします。

30_20220726104401

イエアメガエル(柴田まさる画)

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館HP

https://www.aquamarine.or.jp/kawasemi/

 100年カエル館HP

http://kaeru-kan.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

|

今日からアクアマリンいなわしろカワセミ水族館で企画展「カエル」がはじまりました。

Photo_20220716103101

         

Img_2065

今日から企画展「カエル」がはじまりました。7月4日の設営日に毛布にくるまれクルマでシートベルトもしっかり締めてアクアマリンいなわしろカワセミ水族館に運ばれたタイの木製のカエルは、水族館の皆さんからも「カブさん」と呼ばれて皆さんのご来場をお待ちしております。力強いポーズで考えるカエルさんです。

■企画展「カエル」

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館(猪苗代町)と100年カエル館(喜多方市)のコラボ企画の「カエル」展です。カエルの生態展示とカエルグッズの展示のそばで、あなたのカエル好き度がわかる「カエラー度チェック」にもトライできます。販売コーナーもありますので、カエルが大好きな方にもこれから好きになるかもしれない方にもお楽しみいただけます。 

場所 アクアマリンいなわしろカワセミ水族館 〒969-3283 福島県耶麻郡猪苗代町大字長田字東中丸3447-4 TEL.0242-72-1135

前期 2022年7月16日(土)~10月2日(日)

テーマ「世界のかはずとファンタジーなカエル」

100年カエル館のカエルグッズは、「カエルグッズいろいろ~カエルのくらしと暮らしの中のカエル」をテーマに、「カエルのからだ」「カエルの生活(四季)」「カエルの成長(カエルの就活)」「メルヘンのカエル」「カエルの分布」などのカテゴリーごとに楽しんでいただけます。

後期 2022年10月5日(水)~11月2日(日)

テーマ「旅するかはずとカエルの未来」

100年カエル館のカエルグッズは、「カエルグッズを楽しむ生活とカエル文化」をテーマに、「カエルのおもしろポーズ」「日本のカエル文化」「ジャポニスムのカエルたち」「ブランドのカエル・ファッション小物のカエル」「ガーデニングのカエルたち」などのカテゴリーごとに展示する予定です。

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館HP

https://www.aquamarine.or.jp/kawasemi/

 100年カエル館HP

http://kaeru-kan.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

 

|

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館とのコラボによる「カエル展」を開催します。

4_31 4_32

100年カエル館は今年は年内休館しておりますが、猪苗代町にあるアクアマリンいなわしろカワセミ水族館にて同館とのコラボで「カエル展」を開催いたします。コロナ下ではございますがお出かけいただければ幸いに存じます。

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館 https://www.aquamarine.or.jp/kawasemi/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

|

カワセミ水族館での「カエル展」の設営をしてきました。

Photo_20220705074501

昨日(2022年7月4日)、16日(土)から始まるアクアマリンいなわしろカワセミ水族館での「カエル展」の展示のしつらえをしてきました。いつも100年カエル館の玄関先でお客様を迎える、愛称「カブ」(頭が野菜の蕪に似ていることからそう呼ぶように)も毛布に包まれ、クルマの後部座席でシートベルトをして向かいました。

Img_2065

「カエル展」が終了する11月27日(日)まで、カワセミ水族館の入り口でご来場の皆様をお迎えすることになります。

カワセミ水族館は湖水地方の猪苗代町にありますが、今年は国内外のカエルたちが集まり、ガジュマルが生い茂ったような亜熱帯の雰囲気の会場の中で、夜行性のカエルたちの活動も見られるファンタジックな世界が出現しそうです。100年カエル館の展示は、展示ケース5台で「カエルのからだ」「カエルの生活」「カエルの就活」「メルヘンのカエル」「カエルの分布」を切り口に、生きもののカエルたちのそばでカエルグッズを楽しんでいただく、もうひとつのファンタジーへといざないます。

100年カエル館は現在休館中ですが、今年は夏から秋にかけてカワセミ水族館でのカエルグッズの展示を楽しんでいただければうれしいです。

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館 https://www.aquamarine.or.jp/kawasemi/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

|

東京タワーでかえるのピクルスに出会う

20220609

今年(2022年)は関東が本州でもっとも早く梅雨入りしたそうですが、そんな雨の季節の6月9日に東京タワーの展望台に昇る機会がありました。そこでなんと、待ち合わせたわけではないのに迎えてくれたのは『かえるのピクルス』。

今年の1月から2月にかけて『かえるのピクルスーきもちのいろ』と題した、「BAY HOTEL 東京浜松町」×『かえるのピクルス』×「東京タワー」の3社共同コラボレーション企画が行われました。BAY HOTEL東京浜松町では、宿泊特典付きの「ピクルスルーム」が販売され、ピクルスの限定グッズもいろいろ販売されました。そして、東京タワーのメインデッキにはピクルスのフォトスポット(写真)が設置されました。

そのコラボ企画が再び実施され、この展望台フォトスポットは7月3日まで設置されています。

『かえるのピクルス』といえば、亀戸ならぬ自称フランスのqua mei dou(クワ・メイ・ドウ)出身。東京タワーを「クワ・メイ・ドウ」タワーと間違えてやってきた想定ということでした。

6月9日は梅雨時らしい曇天の東京の空。でも、どんなときでもニッコリ愛らしいピクルスでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

|

アマガエルがすごい理由

Photo_20220613130401

一昨日(2022年6月12日)のNHK「ダーウィンが来た!」では、アマガエルたちが番組内でその能力を遺憾なく発揮していて見応えがありました。見事なジャンプ力に、ハンターとしての身体能力、繁殖期にオスが鳴くときに他のオスとかぶらないようにする気転、そしてとりわけ、高いところに平気でよじ登る体のつくりは、100年カエル館の庭にも二ホンアマガエルがやってくるので、今度会ったら「すごいね」と褒めてあげようと思いました。

二ホンアマガエルは、北海道から九州まで分布するアマガエル科のカエルで、民家の庭先などで見かけることも多いので日本でもっとも親しまれているカエルと言えるでしょう。日本に生息するアマガエル科のカエルは、もう1種、ハロウエルアマガエルがいて、こちらは奄美大島から沖縄島北部、西表島の一部に分布しています。

そして、世界に目を向ければ、アマガエル科のなかまは800種近くいます。アクアマリンいなわしろカワセミ水族館で開催する「カエル展」のフライヤーに紹介したこのグッズは木の上に登ったアカメアマガエル。アカメアマガエル自身はコスタリカなど中米に生息していますが、このグッズはイギリス製です。

フライヤーでは木の先に止まったアカメアマガエルのみの写真を使用しましたが、木の根もとには黒いかたまりのようになったカエルが数匹見られます。もしかするとこのフィギュアには、英語でTree Frogと呼ばれるアマガエルのなかまが、木に登るようになった理由を表現しているようにも見えます。

それは、昨年他界したカリフォルニア大学バークレー校教授ディヴィッド・ウエイク博士の晩年の研究結果にありました。6600万年前の白亜期の地球に隕石がぶつかって天変地異が起こり恐竜が滅んだ後、爆発的に増えた生きものがアマガエルなど木に登って暮らすようになったカエルだったという報告でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

|

今日6月6日はカエルの日

Photo_20220606185901

 今日6月6日は、1998年に記念日協会が制定して以来ケロケロのロとロでカエルの日になっています。そして、今日、関東地方は梅雨入りして、いよいよカエルが元気に活動する季節の到来です。東北も間もなく梅雨入りでしょう。福島市飯坂町の観光文化交流施設「旧堀切邸」では、この時季に合わせて6月4日から26日までの毎土、日曜日におもちゃのカエル約200匹を浮かべた「ケロケロ足湯」を楽しむことができます(福島民友新聞より)。

 6月3日に本ブログで告知しましたように、まだ休館中の100年カエル館ですが、今年は7月16日(土)から11月27日(日)まで猪苗代町にあるアクアマリンいなわしろカワセミ水族館にて同館とのコラボレーションの「カエル展」を開催します。写真は告知チラシに掲載した土製のアマガエルの別のアングル写真です。四国で購入したものですが、二ホンアマガエルの特徴がよく表現されていると思います。

 カエルがフィーチャーされることも時々あるNHK「ダーウィンが来た!」(6月12日19:30~)では、「実はすごい! 身近なアマガエル意外な素顔」が放送されます。12日はサンリオのキャラクター大賞の発表もあるのでけろけろけろっぴのランキングが気になります。雨の季節も楽しいことはたくさんありそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

|

5月、水辺からカエルたちの鳴き声が聞こえてきます。

Photo_20220519093201

『あまがえるのあおちゃん』(高家博成・仲川道子作 童心社刊)

  毎年めぐって来る季節なのに、今年もあらためて5月って気持ちがいいなあと思います。カエルの鳴き声も聞こえました。100年カエル館の庭ではアマガエルが クェックェックェッと、水が入った近くの田んぼではトノサマガエルがグゲゲゲゲと、アクアマリンいなわしろカワセミ水族館を訪れると敷地内の池ではシュレーゲルアオガエルが甲高い声でキリリリ、キリリリと……。鳴き方でも自分の個性を発揮するカエルってすごいなあなどと思いながら通り過ぎました。

 この時季、書店に行けば、"カエルさん"が描かれた絵本に出合うことも多く、最近見つけた1冊が『あまがえるのあおちゃん』。表紙カバーに描かれたあおちゃんは、正面を向き、広げた自分の手足の指を確認するように見ています。「かわいいいきもののえほん」として、小さなお子さん向けに親しみやすく描かれていますが、「手(前あし)は指が4本、足(後あし)の指は5本あって、目から鼻にかけて黒茶色のラインが目立っている」二ホンアマガエルの特徴をしっかり伝えています。

 作者のお一人、仲川道子(なかがわみちこ)さんは絵本『10ぴきのカエルシリーズ』(PHP研究所刊)でも知られます。そしてもうお一人、高家博成(たかいえひろしげ)さんは、元多摩動物公園飼育課昆虫飼育係長を務めた経歴をもつ農学博士で、お二人で「かわいいむしのえほん」シリーズ(童心社刊)を出版されています。

 『あまがえるのあおちゃん』では、本を開くと最初に目にする表紙カバーのソデの部分で、あおちゃんはたまごからかえるになり、中面で元気に跳びまわります。アマガエルの場合、周囲の色の影響を受けて大きく色変わりすることがありますが、そのことをあおちゃんの成長の物語の中で知ることができます。

 アマガエルは庭など身近な自然の中で出合う機会が多く、野外で自然観察しやすいカエルだと思いますが、子どもたちにとってそんなアマガエルがさらに身近に感じられるうような絵本です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

|

かえるのジェレミー・フィッシャーに会える「ピーターラビット™イングリッシュガーデン」オープン。

Garden_4

ピンクの絨毯(じゅうたん)を敷き詰めたような富士の裾野に咲き誇る芝桜。そんな春の風物詩が楽しめる富士本栖湖リゾートに、この4月「ピーターラビット™イングリッシュガーデン」がオープンしました。

ビアトリクス・ポターの絵本『ピーターラビット』シリーズといえば、メインのキャラクターはもちろんうさぎのピーターラビットですが、他にも愛らしい動物たちのお話がいろいろあり、カエル好きにとってはおなじみのジェレミー・フィッシャーもいます。

英国人ガーデナー、マーク・チャップマンさんによる本格的なイングリッシュガーデンを楽しめる施設で、なんとここでジェレミー・フィッシャーに会うことができるのです。

『ピーターラビット』シリーズは今年が出版120周年で、現在、作家の川上未映子さんによる新訳の出版が始まっています。「かえるのジェレミー・フィッシャーのお話」の新訳の出版は来年ということで今から楽しみです。これまでは石井桃子さんの『ジェレミー・フィッシャーどんのおはなし』で親しんできました。そのお話の中にトリップするように、イギリスの湖水地方にあるポターさんの家を訪ねるように、日本でジェレミー・フィッシャーに会えるなんて夢のようです。

Photo_20220424160501

お話の中でジェレミー・フィッシャーは、池のほとりに住んでいます。

2_20220425084601

ジェレミーは、カエルにとっては快適な雨模様の日、晩御飯の小魚を釣りに行きます。「もし5ひきいじょう つれたら、県会議長のカメハメハ・カメ氏と イモリのアイザック・ニュートン卿をおよびしよう」と意気込んで出かけました。その釣りの様子が、絵本をリアルに再現したような冒頭の写真です。ガーデン内のこの池の辺りにいて、フォト・ポイントになっています。池のほとりでジェレミーと一緒にたたずんではいかがでしょう。

しかし、お話ではなかなか魚の釣れないジェレミーが、「ここらで、おべんとうでも たべるとしよう」と取り出したのは「チョウチョウのサンドイッチ」。ここイングリッシュガーデンではこれがカフェで食べられます。ローストビーフとチョウチョウの形のパンのプレートです。

1

さて、お話の中でジェレミーは、客人をもてなす夕食のごちそうを用意するまでに大変な目に遭います。残念ながら小魚料理は出せなかったようですが、カエルならではの特別なごちそうを供しました。ぜひ絵本も読んでみてくださいね。

(写真協力 富士急行株式会社)

https://www.shibazakura.jp/english_garden/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

|

«ベルギーにおけるspadefoot toad (スキアシガエル)の状況