下総玩具のカエルを紹介します。

20_20230128073201

下総玩具の張り子の蛙

江戸時代から盛んになったと考えられる、自然素材や生活まわりのものを使ってつくられる郷土玩具。昭和から平成にかけては作り手もかなり減ってきましたが、今世紀になっても作り続けられています。

前回のブログで紹介した江戸独楽の作り手の広井政昭さんは2019年まで仕事をされていましたが、今回ご覧いただいている画像3点のカエルは千葉県北部地域の下総を冠した下総玩具と呼ばれる、2004年に101歳の大往生を遂げた松本節太郎さんの手によって作られた郷土玩具です。

松本さんは終戦の年に自宅のあった東京・葛飾が空襲に遭い焼け出されて千葉県柏市に疎開しました。そこで生計を立てるために始めたのが郷土玩具づくり。干支を中心とした張り子の動物や2~5センチの土製の半面に指先で鼻や口などをつまんで造形した上に絵の具で顔を描いた下総首人形、そして古い和綴じ本の紙を貼り合わせた古書だるまなどがあり、いずれも「カエル」がありました。

320

蛙の下総首人形

20_20230128083201

蛙の古書だるま

|

2023年もよろしくお願いいたします。江戸独楽のカエルを紹介します。

3050_20230115131401

2023年初めての更新となります。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今回は江戸独楽のカエルを紹介いたします。

郷土玩具もいろいろなアイテムがありますが「お正月には凧あげて、こまを回して遊びましょう」と歌われた子どもたちの冬休みの遊びは今は昔。でも、カエルグッズのひとつとして江戸独楽のカエルを見るだけでその楽しさが伝わってきます。

江戸独楽の作り手に昭和・平成とその道一筋に生き海外でも知られた広井政昭氏(1935‐2019)がいます。100年カエル館では2006年に発行したカエルタイムズ9号でその頃毎年深川江戸資料館で作品展と実演を行っていた広井さんに取材させていただいたことがあります。

深川江戸資料館では、広井氏の作品の数々、江戸元禄以来の曲独楽や明治以降の東京の風俗を表現した挽物玩具、そして独楽の回る力学を応用した「カラクリ独楽」などを所蔵しています。私が取材したときはちょうど、てこの原理を利用してカエルが合唱する様子を表現した玩具や、芯部の回転で遠心力を働かせハスの花びらの中からカエルが姿を現すようなしくみの玩具も展示されていました。

昭和10年に東京・江東区の木地玩具職人の家に生まれた広井氏。広井家は元々医者だった政昭氏の祖父が独楽や玩具づくりを始めました。一家は関東大震災で家を失いましたがその木地職人としての腕を買われ、一時は宮城県白石で遠刈田系のこけし作りをしていたこともあります。戦後、東京に戻った一家は、子どもたちのおもちゃが不足する時代に木地玩具づくりに追われ、演芸場のある場所がら曲独楽づくりの依頼も受け、政昭氏は時代の進展とともに木地玩具の需要が少なくなるなかでも、その唯一無二の技が認められ世界的にも注目されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

 

 

 

 

 

 

|

100年カエル館のミュージアムグッズ❝カエルのメガネケース❞を発売いたします。

100年カエル館は、カエルグッズと同様にカエルアートも楽しんでいただけるミュージアムをめざしています。コロナ禍が起こってからの3年間は休館しておりましたが、来年は再開できるよう現在準備中です。再開までの間にまだ時間がありますので、時折100年カエル館を思い出していただけるようにミュージアムグッズをつくりました。カエルアートとしてお部屋に飾ったり、カエルグッズとして旅のお供にしていただきたい❝カエルのメガネケース❞です。メガネをはずしてどこに置いたかわからなくなることってありませんか。そんなときに頼りになるカエルグッズです。

Photo_20221227085701

絵柄は両A面で、片面がモリアオガエル。来年は白い泡に包まれた卵から生まれるモリアオガエルが見られますように。

Photo_20221227085702

もう片面は南米産のベルツノガエル。日本の水族館でもすっかり人気者ですね。

※メガネ以外にもアクセサリー類など壊れやすく大切なものを保管する小型バッグとして持ち運んだりするのに大活躍するカエルグッズです。

100年カエル館ではこれまでも展示企画などのために座標軸を活用して参りました。このメガネケースも「Re効果座標軸」から発想いたしました。100年カエル館HPのトップ面に掲示しておりますのでご覧いただけましたら幸いです。

http://kaeru-kan.com

Reのつく英単語には私たちの気持ちにさまざまな効果をもたらす言葉が多いと考え、この商品も座標軸の中心に「Rest」を当てはめました。Restには「置く」という意味も「睡眠」という意味もあります。「眠る」ときにはメガネははずして「置く」と思うので、そのときにぜひこのメガネケースをご使用ください。

価格:1800円(税込)/送料:200円                                            サイズ:約16.2×6.5×4.0㎝ 持ち手の高さ約5㎝ 重量:約140g 素材:表 合皮 裏 ポリエチレン

◎ご購入を希望される方はお手数ですが下記アドレスへ、お名前、ご住所、電話番号、ご購入数をご記入の上送信をお願いいたします。確認後、お支払方法等こちらから詳細を返信いたします。送付先がご住所と異なる場合は、お届け先のご住所もお願いします。※ご記入いただいた情報は当社が責任をもって保管いたします。

kerori@room.ocn.ne.jp

(メールアドレスは打ち込んでいただきたくお願いいたします)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

 

 

 

|

カワセミ水族館のイベントに福島民友新聞の4コマ漫画のももちゃんも足を運んでくれました。

本日、2022年11月27日、7月16日からスタートした企画展「カエル」が終了します。4ヶ月と10日間にわたる会期中、アクアマリンいなわしろカワセミ水族館の皆様、そして、ご来場くださった皆様をはじめ本展に興味をもってくださった皆様に心から感謝申し上げます。

福島民友新聞の社会面に連載されているおだれいこさんの4コマ漫画の「ももちゃん」も観に来てくださったようです。

Photo_20221127130901

「ももちゃん」は2017年には100年カエル館にもご来館いただいています。

http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/vikki/2017/08/100-148e.html

「ももちゃん、来年は100年カエル館また開げっから寄ってがっせ」

100年カエル館は来年から再開予定です。皆様ぜひお出かけくださいませ。詳細は100年カエル館のサイトでお知らせしたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

|

カエルたちに、ありがとうを伝えたくて。

昨日25日に最終日間もない企画展「カエル」を観にアクアマリンいなわしろカワセミ水族館に行ってきました。同展終了後カエルグッズたちは100年カエル館に帰ることになりますが、今回生態展示されたカエルたちとはもう会えないと思い挨拶かたがたゆっくり観察してきました。すると一年のうちでもっとも活動が盛んな夏季には元気に動いていたカエルたちも、だんだん寒くなってきて冬眠体勢に入ったのかすっかり隠れてしまったか、体の半分以上が土の中に埋もれていました。

同展のカエルグッズの前期展示では、日本の春夏秋冬のカエルの行動に合わせたカエルグッズの展示も行いましたが、これからの季節は冬眠の準備を始めて春まで土の中や倒木の下あたりでじっと動かずにいるのでしょう。そういった様子を野外で発見するのは大変ですが、こうして水族館で観察できるとカエルたちがライブ出演した一冊の絵本を見るようでした。

今回の企画展の生態展示ではベトナムに生息するコケガエル、南米原産のマルメタピオカガエル、南アフリカ原産のアメフクラガエル等々、世界の珍しいカエルたちもいろいろと見ることができました。11月13日付けの福島民友新聞の「みんゆうジュニア情報局」では「世界のカエル大集合」と題した特集の中で、今回の企画展の担当飼育員の永山駿さんが本展で展示したいろいろなカエルたちを紹介していました。

そして、永山さんが福島県内に生息する種で一押しと紹介したカエルは、アズマヒキガエル。

前回のこのブログでは生態展示された二ホンヒキガエルとアズマヒキガエルの画像を掲載しましたが、隣同士の水槽の中でそれぞれ見ている人に背を向けて同じ方向に目をやっているようでした。そのまま立ち上がれば前を向いているように見えて後ろしか見えない、昔話の「大阪の蛙、京都の蛙」を思い起こさせました。

そんなアズマヒキガエルが昨日見せてくれたポーズがこれです。

Photo_20221126134801

「見返り美人図」ならぬ「見かえる美人」のような妖艶さがありました。間もなく終了となる同展を「振り返る」ポーズでしょうか。ちなみに下の画像は英国製の陶器のカエルです。モデルさんはヨーロッパヒキガエルだと思います。

Photo_20221126141801

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館

https://www.aquamarine.or.jp/kawasemi/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

|

企画展「カエル」は2022年11月27日(日)まで後期展示を開催中です。

 アクアマリンいなわしろカワセミ水族館で開催中の100年カエル館とのコラボ企画展「カエル」は、現在、後期展示が行われています。

Photo_20221025154901

夏から始まった同展も、10月15日に訪れると秋の気配。そして今、猪苗代湖周辺は紅葉も見頃になっていることでしょう。

Photo_20221025155301

生体展示中の二ホンヒキガエルとアズマヒキガエルも同じ方向に目をやって、冬眠の準備のことなどこれからのことを隣同士の水槽の中で語り合っているのでしょうか。

Photo_20221025155601

文化の秋に合わせた後期展示は、少し大人向けの内容になっています。一口にカエルグッズと言っても、骨董もあれば、最近のグッズもあります。本展で気になるカエルグッズはいくつあるでしょうか。

たとえば、全国各地にどんなお土産物があるか旅をするときの参考にしていただけます。

Photo_20221025160801

お茶やお花、お香に書道、話芸などとカエルグッズ。カエルをあしらったその道の道具があるだけで日本の伝統文化に近づけるかもしれません。

Photo_20221025161101

日本の文化は、今も昔も欧米をはじめ世界的に高く評価されています。その人気のきっかけとなったジャポニスムは意外にもカエルと関わりが深そうです。

Photo_20221025161501

今もファッションやインテリアなど私たちの生活をオシャレにしてくれるカエルグッズがとても増えています。

Photo_20221025161901

ガーデニングを楽しくしてくれるカエルたちもいろいろ。

Photo_20221025162001

企画展「カエル」は11月27日までアクアマリンいなわしろカワセミ水族館でご覧いただけます。カエルとカエルグッズがお待ちいたしております。

Photo_20221025162901

Photo_20221025192501

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館

https://www.aquamarine.or.jp/kawasemi/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

|

2022年、世界の名作童話のカエルたちが日本にやってきた! 

今年は世界的に有名な童話や絵本のカエルのキャラクターたちがこぞって来日(⁈)し、展覧会などが開催されました。出版120周年記念ということでさまざまな企画が行われているのはイギリスのビアトリクス・ポターの絵本『ピーターラビット』シリーズで、富士本栖湖リゾートにオープンした「ピーターラビット™イングリッシュガーデン」ではカエルのジェレミー・フィッシャーがカエル好きの訪れを待っています。

http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/vikki/2022/04/index.html

アメリカの絵本に登場するカエルといえば、アーノルド・ローベルの『がまくんとかえるくん』。こちらはシリーズ誕生50周年記念の展覧会が現在いわき市立美術館で開催中(10月23日まで)です。『がまくんとかえるくん』の原画やスケッチなど約200点が日本初公開されています。また、イギリスのルイス・キャロルの童話『不思議の国のアリス』には"へんてこりんなカエル"が登場しますが、まさに「特別展アリスーへんてこりん、へんてこりんな世界ー」と題された展覧会が森アーツセンターギャラリーで開催されていて、アリスの世界をアートとして堪能することができます(10月10日まで)。

■「アーノルド・ローベル」展

http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1652411627039/index.html

■特別展アリスーへんてこりん、へんてこりんな世界ー

https://alice.exhibit.jp/

Photo_20220925142201 Photo_20220925141501

100年カエル館蔵の「がまくんとかえるくん」の人形と『鏡の国のアリス』(ルイス・キャロル作 ジョン・テニエル画)のオルゴール(※紹介したイベントに展示されているものではありません。)

以前カエ~ル大学に参加してくださったN.Y.さんからの情報によりますと、8月下旬に新宿小田急百貨店で開催された「英国展」では、ケネス・グレアムの童話『たのしい川べ』に登場するヒキガエル氏のグッズ(宝箱とネックレス)が販売されていたそうです。

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館で開催中の同館と100年カエル館のコラボ企画「カエル」は、まもなく前期展示が終了します(10月2日まで)。お子さんと一緒にご家族で楽しんでいただこうと、同展示ではカエルのジェレミー・フィッシャーとヒキガエル氏をテーマにした展示ケースも設けています。

10月5日からは後期展示「カエルグッズを楽しむ生活とカエル文化」が始まります(11月27日まで)。こちらにもぜひ足をお運びいただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。

Photo_20220925144301

企画展「カエル」前期展示風景

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館

https://www.aquamarine.or.jp/kawasemi/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

|

企画展「カエル」についてレポートいたします。

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館で開催されている企画展「カエル」は、おかげさまで開始より約1ヶ月が経ちました。

先日、ようやく足を運ぶことができましたのでレポートいたします。

磐越西線の猪苗代駅前から猪苗代町観光周遊バス「ひでよくん号」(7月16日から11月13日まで運行中)に乗り、湖水地方ならではの風景とリゾート気分を味わいながらカワセミ水族館へ。

Photo_20220820071501Photo_20220820073501

お盆休みということもあり、館内はご家族連れで賑わっていました。前期の展示では小さいお子さんも楽しめるようなカエルグッズを紹介しています。たとえば「カエルの就活」をテーマにした展示では、カエルが幼体から成体になるように、子どもから大人になってどんな職業に就きたいかイメージをふくらませられるようなカエルグッズの展示を試みています。

Photo_20220820072101

その他、カエルグッズで世界の広がりを感じてもらえるように「カエルの分布」、カエルのからだの特徴をカエルグッズで知ることができるような「カエルのからだ」、野外に生息しているカエルの1年を私たちの生活の四季のめぐりになぞらえて紹介した「カエルの生活」、カエルから生まれたメルヘンの世界などの展示をご覧いただいています。

Photo_20220820073601

100年カエル館ではこれまでも展示イベントなどで自分のカエル好き度がわかる「カエラー度チェック」を行ってきましたが、今回の企画展でもそのコーナーを設けています。すでに多くの皆さんがチェックシートにそれぞれ「カエル好き」の痕跡を残してくださっています。

Photo_20220820075001

写真の「カエラー度チェック」コーナーの左に見える絵は、柴田まさる画「マルメタピオカガエル」です。その左隣に入り口があるカエルの生態展示では本物のマルメタピオカガエルもいます。

Photo_20220820080001

そして、世界のカエルと日本のカエルに会える生態展示のコーナーへ。1種1種はキューブ型の水槽に展示されています。土に潜っていてなかなか見れないアメフクラガエルも姿を見せてくれました。

Photo_20220820082501

地元でも「ひでよくん」と親しまれている野口英世は、会津が生んだ世界的な医学者です。猪苗代町にはその生家があり記念館になっています。コロナの感染がまだ終息しないなか、移動にも緊張が強いられますが、猪苗代湖のある会津から未来に思いをはせる旅にお出かけいただければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

|

「喜多方発21世紀シアター」と林家正楽師匠と紙切りのカエル

Photo_20220807151801

さまざまなジャンルのアートが世界的な盛り上りを見せる21世紀。100年カエル館のある福島県喜多方市では、秋には「アートぶらり~」という美術や工芸を中心にしたものづくりのイベントが行われていますが、毎年8月にはステージアートのフェスティバル「喜多方発21世紀シアター」が開催されています。

100年カエル館はカエルをテーマにしたものを展示するミュージアムとして「アートぶらり~」には参加したことがあります。「喜多方発21世紀シアター」については、ひょんなことから、今回とても身近に感じる出来事がありました。

6日土曜日、磐越西線は今回の大雨で運休の可能性もあったのですが、郡山から喜多方までは運行していました。その磐越西線の電車に偶然同乗されていてお見かけしたのは紙切り芸で知られる林家正楽師匠でした。師匠は初代の紙切り正楽の菩提寺が東京・足立区の善立寺ということで、そこで毎年開催される「善立寺寄席」で紙切り芸を披露されています。

私たちは善立寺内に「100年カエル館東京ギャラリー」を設置させていただき、年に2回のカエ~ル大学の講座も実施いたしました。10年以上前のことになりますが、そのご縁で師匠に「カエル」を切っていただきカエルタイムズの1面にも掲載いたしました。会津若松駅に降りたところでご挨拶させていただきました。よもや目的地が喜多方で、「喜多方発21世紀シアター」の「喜多方寄席」出演だとは思いませんでした。

「喜多方発21世紀シアター」は、2013年から始まったフェスティバルですが、そのサイトでアーカイブを見ると師匠は初回から毎年出演されていて、コロナの感染拡大後は、今回3年ぶりの出演のために磐越西線に乗っておられたのだと初めて知りました。

8月5日から始まった2022 年の「喜多方発21世紀シアター」は明日が「楽日」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

|

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館「カエル展」より オーストラリアのイエアメガエルから生まれた(?)かもしれないカウボーイ

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館ではコラボ企画「カエル展」を開催中です。100年カエル館の展示では、前期はお子さんも一緒に楽しめる展示として、カエルグッズを「カエルのからだ」「カエルの生活(四季)」「カエルの成長(就活)」「メルヘンのカエル」「カエルの分布」と、5つのテーマに分けて紹介しています。

「カエルの分布」の展示ケースでは、世界に広く分布しているさまざまな種類のカエルのように、カエルグッズも世界各地でその土地柄が表れたカエルがつくられていることを1台のケースでご覧いただいています。

Photo_20220726101301

たとえばこのカウボーイのようなカエルの人形は、オーストラリア産の土製のカエルグッズです。オーストラリアにはイエアメガエルというアマガエル科のカエルがいて、飼っていると家の中のトイレに居つくことがあります。人なつこく、世界の多くの種類のカエルの中でもキャラクターが際立ったカエルと言えるのではないでしょうか。身近にふれ合っているオーストラリアの人がこんな"カウボーイガエル”をつくりたくなるのはわかる気がします。

30_20220726104401

イエアメガエル(柴田まさる画)

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館HP

https://www.aquamarine.or.jp/kawasemi/

 100年カエル館HP

http://kaeru-kan.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

「コトバデフリカエル」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru

※現在、「コトバデフリカエル」では「カエル白書」Vol.3を配信中です。

 

|

«今日からアクアマリンいなわしろカワセミ水族館で企画展「カエル」がはじまりました。