映画とファッション

2012年7月13日 (金)

1998年 月の輝く夜に(映画とファッション)

Photo

「月の輝く夜に」

フォーマルライフは“ツキ”を呼ぶ方法

高山ビッキ・文

フォーマルライフをもっている人ともっていない人では、人生に対する前向きさがどれくらいちがうか、映画『月の輝く夜に』を観て考えたい。

映画は、NYのリトル・イタリーあたりに住むイタリア系アメリカ人の生活を舞台に、夫を亡くした後、ツキがないと思い込みオシャレにも気をかけなくなった37歳のロレッタ(シェール)と、その婚約者(冒頭彼女は幼友達のジョニーにプロポーズされる)の弟ロニー(ニコラス・ケイジ)の出会いを描く、ラテン的なコメディタッチのラブ・ストーリー。

導入シーンからクライマックスまでオペラが大切な役割を果している。パン職人のロニーが大のオペラ好きだったことから、メトロポリタン歌劇場での『ラ・ボエム』に誘われるロレッタ。罪悪感にかられながらもロニーの懇願に応える。

しかしそうと決めてからのロレッタの、ソワレ用のフォーマルスタイルづくりはおみごと。美容院でヘアダイをしてすっかり若返り、ブティックのショーウインドーに飾ってあるカクテル・ドレスを買いそれまでの雰囲気をかなぐり捨てて出かける。

そして上演時間中、舞台の盛り上がりとともにロレッタとロニーは愛を確信しあい、オペラに興味のなかったロレッタも終演後、感動で目をうるませながら劇場の階段を降りる。女性が美しくなる方法に「感動すること」がある。じっくりオペラを観て流す涙はどんな美容液にもまさる。

満月の夜は人の心を狂わせる。ロレッタとロニーの出会いもそんな『月の輝く夜』。ともあれロレッタが潔くフォーマルを決めたその気持ちが、それまで不運だった彼女の人生にツキを呼んだのはまちがいない。

■「月の輝く夜に」(日本公開1988年)  監督:ノーマン・ジェイソン 脚本:ジョン・パトリック・シャンリィ 主演:シェール ニコラス・ケイジ ヴィンセント・ガーディ二ア

19984月ファッション専門店PR誌掲載)

※この文章は高山ビッキが1998年に企業のPR誌に執筆したものをほぞそのまま掲載しております。無断転載を固く禁じいたします。※本サイトへのお問い合わせはケーアンドケーまで03(3981)6985

|

2012年7月10日 (火)

1998年 ロミーとミッシェルの場合(映画とファッション)

Photo_21

■「ロミーとミッシェルの場合」

めざせ同窓会クィーン!

高山ビッキ・文

同窓会とは、楽しく残酷にも現在の自分を映し出す鏡。卒業後どう生きたかが懐かしい友人たちの間で評価され、笑顔で再会を喜び合う表情の裏で、お互いどちらが幸せか、成功したかを確かめ合う場所でもある。

女性の場合、その競争のポイントは次の3つ。

1、   結婚で幸せになっているか、

2、   仕事で成功したか

3、   ボディが年齢よりも若く見えるか。

この映画のヒロイン、ロミーとミッシェルの場合、

1、   どちらも未婚、予定もなし、

2、   仕事で目的を達成していない

3、   強いていえばあるのはコレ。

二人はハイスクールの“マブダチ”同士で、オシャレが大好き。田舎町の高校では浮いた存在だった。卒業後は憧れのロスで同居し、手作りのド派手な服を着てはクラブで踊る気楽な生活を送っていた。

そんな“超イケイケ”の女のコは、ロスのような大都会ではサマになるが、保守的なカントリーでは居心地が悪かった。ぶっ飛んだキャラにつけこまれて“コンサバおねえちゃん”たちにイジメられることも多かった。

そこで同級生たちを見返してやろうと、ブラックフォーマルに身を包み、ビジネスで成功したキャリア・ウーマンを装って同窓会会場に乗り込むが…。化けの皮はすぐにはがれてまたしても、結婚して幸せそうな“コンサバおねえちゃん”たちにからかわれ、みじめな思いをするロミーとミッシェル。

そんな二人を勇気づけ、ラストの“大ドンデンガエシ”に導いたのは、ロスで磨きをかけたボディと、大好きないつものハデハデファッションだった。そして二人のキュートな友情。同窓会クィーンになるためには、やっぱりボディのシェイプアップが必要?

■「ロミーとミッシェルの場合」(日本公開1997年)監督:デヴィッド・マーキン脚本:ロビン・シフ出演:ミラ・ソルヴィノ リサ・クドロー ジャニーン・ガラファロー 製作国:アメリカ

(19981月補正下着メーカーPR誌掲載)

※この文章は高山ビッキが1998年に企業のPR誌に執筆したものをほぼそのまま掲載しています。無断転載を固く禁じいたします。※本サイトへのお問い合わせはケーアンドケーまで03(3981)6985

|