« 2021年5月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年8月

2021年8月22日 (日)

かえるモノ語りー自然と文化をつなぐカエル56 「ほっと・ねっと」2021年8月号 鋤(すき)のような足のニンニクガエルは土の中がお好き

<鋤(すき)のような足のニンニクガエルは土の中がお好き>

 高山ビッキ(100年カエル館)

30_20210822103501

ニンニクガエル(柴田まさる画)

 猛暑のなか行われた東京オリンピック。一番印象に残った選手は誰?と問われれば“カエル好き”としては迷うことなく、ボクシング女子フェザー級のゴールドメダリスト、入江聖奈選手を挙げるでしょう。

 世界に向かって「カエル好き女子」の存在を知らしめたのではないでしょうか。

 「多様性」がテーマのひとつでもあった今回のオリンピック。何を好きかという、趣味嗜好も人それぞれであるという当たり前のことを、明るくあっけらかんと表明してくれました。

 カエルは、生物多様性を象徴する生きものです。世界には約6500種のカエルがいて、それぞれ生息する自然環境に適応して生きています。

 最近は日本でも水族館の生体展示や、世界の自然をテーマにしたテレビ番組などで外国のカエルを目にする機会が増えています。ただどちらかというと、見るからに日本のカエルとは違うビビッドな体色や珍しい生態をもつ、たとえばヤドクガエルやベルツノガエル、トマトガエルなど赤道付近から南半球に分布するカエルが紹介されることが多いように思います。

 では、日本とは同じく北半球でもヨーロッパ大陸にはどんなカエルがいるのでしょうか。今年、世界自然遺産に登録された奄美・沖縄を擁する日本と違って種類はあまり多くはありませんが、魅力的な生態をもつカエルがヨーロッパ各地にいます。

 一種挙げればヨーロッパ中部・東部を中心に分布しているニンニクガエル。スタミナがつきそうな名前のカエルですが、これは和名で、英名はCommon Spadefoot toad(コモン・スペードフット・トード)。スペードフットのスペードとは鋤(すき)のことで、かかとが硬い骨質で、これを鋤のように使って地面に穴を掘ります。ときには1mも掘って地下にもぐり、地上にエサを求めて出る夜間や春の繁殖期以外は、ずっと地中で過ごしています。 

日本のカエルの場合、冬眠する時季でも倒木や枯れ葉の下、地中でもそれほど深くないところにもぐり、冬眠から覚めれば土にもぐることはなく地上で活動します。

 カエルを通して日本や世界を再発見することも、「多様性」の理解につながるかもしれません。

 

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html

※ブログ「高山ビッキBlog」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/vikkiも配信中です。

|

2021年8月10日 (火)

かえるモノ語り―自然と文化をつなぐカエル 55 「ほっと・ねっと」2021年7月号 2匹の「井手の蛙」

<満開の牡丹の園で再び出会った2匹の「井手の蛙」>

高山ビッキ(100年カエル館)

10_20210810124301

森本寛治作品「UTAHIME」

 目も眩むほど無数に描かれた牡丹の花の中で、潜(ひそ)むように跳ねるように佇む2匹の蛙。

 この絵は、愛知県碧南市で創作活動をしている日本画家森本寛治氏の作品「UTAHIME」、140㎝×300㎝の大作です。

 2019年に100年カエル館は、福島県立博物館で「ときめくカエルアート図鑑」展と題して、碧南市でたくさんのカエルを描いた故柴田まさる氏の作品を展示紹介しましたが、森本さんは柴田さんのアーティスト仲間のお一人。同展へも遠路はるばるお越しくださいました。そのときからご自身の創作の中でも蛙を表現してみようと考えられたようでした。

 森本さんの作品に「牡丹」はなくてはならない画題になっていて数多く描いていらっしゃるのですが、そこにぴょんと紛(まぎ)れるように描かれたカジカガエル2匹。アオガエル科のなかまにもかかわらず、黒茶色の体色で、渓流の石の上などでフィフィフィフィーと鳴くカジカガエルは、昔も今も見る人の心を和ませます。

 万葉集が成った奈良時代には「かはづ」と言われ、平安時代以降は「井手の蛙(かはづ)」として、「井手の山吹」とともに歌枕「井手」とつながる歌語として位置づけられていったと考えることができます。

 森本さんは、鎌倉時代に歌論書『無名抄』を著した鴨長明が抱いていた「井手の蛙」のイメージ、「その鳴き声は、心澄みわたり、もののあはれを感じさせる、まるで清流の歌姫のよう」に着想を得てこの作品「UTAHIME」を描きました。

 一方、鑑賞者として私は姉と一緒にこの絵を見て、この2匹の蛙は、今は亡き父と母に違いないと思いました。

 以前家の庭に毎年大振りの花を咲かせる牡丹がありそのひとつに、母は父の名前である「連天(れんてん)」を付けて「連天牡丹」と呼んで愛でていました。

この絵が、大きな花柄のフレアスカートを翻す、ありし日の母のようにも思えて……。この絵に彼岸で父と母が「牡丹の園」で再会できたと確信できました。

 思えば今年は、父の十三回忌、母の七回忌でありました。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html

※ブログ「高山ビッキBlog」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/vikkiも配信中です。

|

« 2021年5月 | トップページ | 2021年10月 »