« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月27日 (金)

かえるモノ語り―自然と文化をつなぐカエル㊼「ほっと・ねっと」2020年11月号 人々もカエルも宝満山に向かう理由

 人々もカエルも宝満山に向かう理由>

高山ビッキ(100年カエル館)

Photo_20201127154201

 コロナ禍にあって、空前の大ヒットとなっているアニメ映画『鬼滅の刃』。社会現象ともいわれるなか、主人公の名字と同じということで参拝者が増えている竈門(かまど)神社は、福岡県太宰府市の宝満山(ほうまんざん)(山頂に上宮、麓(ふもと)に下宮)にあります。

 そしてこの秋、もうひとつ話題になった、宝満山に見られる現象があります。829mのこの山の山頂をめざして登る1万~10万匹ともいわれるヒキガエルが太宰府市の市民遺産になったのです。

 麓の池で産卵したカエルの子どもたちが、オタマジャクシからカエルになって上陸して向かう先が宝満山の山頂。新聞報道等によれば、ここ10年ほどで確認されるようになった現象だそうです。

 諺(ことわざ)では向こう見ずな人たちの集まりのことを「カエルの行列」といいますが、行列をつくらないまでも、最近では毎年5月頃からこのカエルの集団移動が見られ、最終的には100から1000匹が約2ヶ月後に山頂に到達するのだとか。その山頂で大人に成長したヒキガエルは、数年後、麓の池に再び「無事かえる」ことができれば繁殖行動が可能になります。

 このようなヒキガエルの山登りは、専門家の方に伺ってもあまり報告のない事例のようです。修験道の修業の場としても知られる宝満山のこと、ヒキガエルたちも大人になるための修業を試みているのではないかと思えるほど。

 そして、太宰府といえば天神様、菅原道真。道真が大宰府で他界した後、その亡骸(なきがら)を引いている牛が急に動かなくなった場所がその墓所に定められた逸話があります。

 牛が天神様の使いとされる由来譚(ゆらいだん)ですが、カエル好きとしてはついついカエルと道真公を結びつけたくなり、磐梯山噴火記念館にもレプリカがある、紀元前の中国の科学者、張衡の地震計には蛙の造形が見られ、道真も興味をもっていたこと、道真を祀る全国の天満宮の建築の意匠に見られる蝦蟇(がま)仙人の彫刻など、道真と縁のあるカエルの遺物について紹介することがあります。

この秋、太宰府市の市民遺産になったヒキガエルが宝満山を登る理由は、きっと天神様を慕ってのことではないかと想像したくなります。

※画像では牛がシンボルの天神様に因んでウシガエルの置物をご覧いただいています。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html

※ブログ「高山ビッキBlog」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/vikkiも配信中です。

|

2020年11月 1日 (日)

かえるモノ語り―自然と文化をつなぐカエル㊻「ほっと・ねっと」2020年10月号“おうちギャラリー”で楽しむ「壁の国」のアリスとカエル

<“おうちギャラリー”で楽しむ「壁の国」のアリスとカエル>

 高山ビッキ(100年カエル館)

Photo_20201101091301

 19世紀の作家ルイス・キャロルの作品に『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』はあっても、「壁の国のアリス」はありません。

 ただ今年のコロナ禍のなか、休館中の100年カエル館では、居住スペースの壁にアリスとカエルが描かれたポストカードを飾りました。100円ショップで購入したフォトフレームで額装してしつらえた、いわば“おうちギャラリー”です。

 展示のテーマは「壁の国のアリス」。

アリスは「不思議の国」や「鏡の国」でいろいろな生きものやキャラクターに出会います。特に三月ウサギやチェシャ・ネコ、ハンプティ・ダンプティはよく知られていますが、実は「カエル」もアリスの前に現れています。

 「不思議の国」では、巻き毛のカツラのようなものをかぶった「カエル顔の召使」(※)、「鏡の国」では、「あざやかな黄色の着物を着て、とほうもなく大きなくつをはいた」(※)老齢のカエルが登場します。アリスはどちらのカエルとも禅問答のようなやり取りをするのですが、うまく話がかみ合わず、イライラさせられます。

 その「カエル」たちの姿は、キャロルがこの2つの童話を最初に出版したときに挿絵を描いたイラストレター、ジョン・テニエルによっても描かれています。今でもその絵柄はポストカードやマグカップをはじめ商品化されているので、私たちにとってはとても愛すべきカエルグッズになっています。

 そんなアリスとカエルのポストカードを展示して創り出した「壁の国」(写真)。ここでは原作と違って「カエル」は準主役であり、アリスにとってかけがいのない友だちにすることにしました。

 アリスがその夢のような物語の中で「カエル」に出会うのは、いつもドアの前でした。そのことがどんな意味をもっているのかわかりませんが、現代の日本人にはドラえもんの「どこでもドア」のイメージもあり、この「壁の国」のドアを開ければ、もう一つ別な物語も創れそうな気がします。

 芸術の秋。そんな“おうちギャラリー”で、ご家族といっしょに過ごして、どこにもないファンタジーを語り合ってはいかがでしょう。

※『ふしぎの国のアリス』『鏡の国のアリス』(ルイス・キャロル作 生野幸吉訳)より。

<関連サイト>

「100年カエル館」 http://kaeru-kan.com

「カエ~ル大学」http://kaeru-kan.com/kayale-u

カエル大学通信 www.mag2.com/m/0001378531.html

※ブログ「高山ビッキBlog」http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/vikkiも配信中です。

|

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »